琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

アモンティリャード


新宿ベルクの前を通るとエレキギターの音が。店の外にも長蛇の列。ライブをやっている。中で踊っているのは、もしやストリッパーの牧瀬茜嬢ではないか!以前彼女のライブをここベルクで見たが、今日は偶然。店の中は満員で、みなさんカメラや携帯をダンサーに向けている。狭い中を人をかき分けるように踊る牧瀬茜嬢。私も中に入り生ビールとツマミを頼み、置ける場所を確保。と、突然セリフを言い出したり歌をうたい出す牧瀬茜。何だか親戚のおじさんのように緊張した、一時間以上続いたパフォーマンス。頑張ってるな。ライブは衣装を着て踊っていましたが、壁には沖縄の海に潜る裸身の牧瀬茜の写真パネル!

投げ銭興行?で、帽子が回ってきた。ちょっと知り合いなもので、あとで握手。踊った後のせいか、手がしっとり濡れていた。

その後テーブルを確保。牧瀬茜嬢は他のお客さんと少し離れた席へ。離れて見ていた。
何だか得したような、いい日だな〜。暑い中、新宿へ来た甲斐があった。

しばらくビールを飲んでいたが、メニューにアモンティリャードを見つけ頼む。
アンダルシア・バロン 十年熟成 中辛口「バロン・ミカエラ・アモンティリャード」

ちょうどポーの「アモンティリャードの酒樽」を読んでいて、アモンティリャードが飲みたくなっていた。
有楽町のシェリークラブに行くとシェリーの飲み比べをしたが、いったい何を飲んだものやら記憶にない。

むかしバルセロナの酒屋で地元のおっちゃんたちと立ち飲みしていて、三杯目に樽から注いでくれたのは旨かったな〜。あれがアモンティリャードだったと信じているんだが。
「これ本当にワインか?」なんて片言で聞いてると、足許のショルダーバッグが消えていた。おっちゃんたちの目は、なぜか焦点をぼかしてうつろになってる。ランチでワインをボトル一本空けた後で、今も三杯目、頭も酒でぼんやりしてる。しかし、バッグはないようだ。これひとつでひと月以上ヨーロッパを旅行しているのだからさあ大変!(続かない)

[PR]
by miminashibiwa | 2018-08-06 00:49 | 耳ざわり通信