琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

今野勉の宮沢賢治の真実

「『宮沢賢治の真実』-修羅を生きた詩人-」(今野勉 著)が面白かった。
推理小説でも読むような、詩と銀河鉄道の夜の謎解き。
日記、手紙、新聞、地図、天気、風速、気温、星座の運行、レコード、電車の時刻表、現地取材、初稿からの読み直し、宗教、『漢和対照 妙法蓮華経』、、様々駆使して一行づつ読み解いて行く。
呆れるほどの粘り強い執着心で核心に迫って行く。
妹とし子や賢治の恋、ひょっとしてと思っていたスリリングな事柄が飛び出し、わくわくしながら読んだ。

今度どこかで「春と修羅」の何編かを読んでみよう。


* 著者の今野勉さんはテレビマンユニオンの方で、私は20代の頃に今野勉さんの演出でテレビドラマ「望郷・日本初の第九交響曲〜板東俘虜収容所物語」(1977年)、「曠野のアリア」(1980年)に出演している。
そんな縁もあってこの本を手に取ったのだが、大正解であった。





[PR]
by miminashibiwa | 2018-04-07 03:26 | 耳ざわり通信