琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

2018年、桜満開の中「桜の森の満開の下」開演!

4月1日。四谷の土手の桜も、ずいぶん葉桜になってしまった。
相模原南市民ホールで、3月16日に「桜の森の満開の下」を語る。
まさかこの時期に桜が咲いているとは。昨年この日に決めた時は想像出来なかった。
そしてこの話に沢山の方が来てくれたのは本当に有り難い事です。
劇場スタッフが、後ろのセットや明りを作ってくれ、何度かリハーサルに来られたのは幸運でした。舞台で桜が散るのも好評でした。ここのみなさんは仕事が好きで、楽しむ事が上手です。リハの後や打上げも、この三年間、私達はいっぱい喋りました。「耳なし芳一」「方丈記」「桜の森の満開の下」そのほかについて。
この日の打上げは、隣りのテーブルに黒澤明監督の映画で一緒だった鞆森祥悟さんが奥さんと座っていました。劇場に来てくれた帰りに同じ店で遭遇してしまいました。嬉しいことです。彼とは、なにか一緒に出来るかもしれません。

「桜の森の・・・」は、2011年4月が初演です。7年経ったら以前のようには語れなくなっていました。面白いものです。私の中もこの7年で変わっています。新たに作り直したことになります。

3月28日は、たまプラーザの満開の桜並木を見ながらSAKURADA家へ行き「桜の森・・・」を語りました。相模原南市民ホールで見てくれたSAKURADAさんが、企画してくれました。
ここはお昼に、蝋燭一本で。個人宅で語るのも劇場と違う緊張感があっていいのです。
素敵なお客さんたちと終了後の桜茶、桜餅美味しゅうございました。甘いものが沢山出ました。夜は市ヶ谷から飯田橋の桜の土手を、エール(インドの青鬼)片手にぶらぶら花見。満開でした。夜は辛(から)いものがいいです。このエール、かなり苦くて好きです。

今年は二ヵ所とも琵琶が良かったと言われました。

次は4月22日、富山県高岡市伏木矢田の「よへさ」が決まりました。庭には桜の木があります。
一昨年の語り琵琶「方丈記」以来です。ご来場お待ちしています。

せっかく覚え直したので、今年は「桜の森の満開の下」をもっともっと語りたい。
ご要請、お待ちしています!
(もちろん「耳なし芳一」もやります。新作も企画始動?しそうです。)


[PR]
by miminashibiwa | 2018-04-02 01:54 | 耳ざわり通信