琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

また一軒

こないだシャッターが下りていたのは定休日かと思って帰ったのだが、曜日を変えて行ってみたらやっぱりシャッターが下りていた。おまけに張り紙。嫌な予感。予感的中。7月いっぱいで閉店していた。
去年の暮れは、豆腐屋が閉まり。今年は坂の上の米屋が消え、商店街の乾物屋が閉じ、米や豆腐や乾物や梅干しなんか売ってた流行らない店もシャッターを下ろした。

これらすべて、自分の街ではないのだが、わざわざ行ったり通りすがりに覗いたりしてきた店だ。
何だか近頃(昔からか)隠居じじいみたいになって、なるべく米や糠を米屋で買い、豆腐厚揚げ豆腐屋で買い、味噌屋は少ないけど見つけたら味噌を買い、野菜も八百屋、魚も魚屋なんて事をしている。
まあ数が少ないから、そう巧くはいかない事も多いのだが。
自分の住むところでは、豆腐屋に行く。今は暑くて持ち歩けないので、買う機会がめっきり減ってしまった。
糠床は暑さの(自分の?)せいで駄目にした。これから旅があるので、糠はいちおう買ったが秋まで休戦。糠も買い替えだ。

しかしそんなところで買おうとすると、元から減っていた専門店がまたひとつ消えてゆくのを目撃することになる。今頃来ても遅いよとでもいわれているようだ。
普通に普通のものが食べたいだけなので、米屋や豆腐屋や味噌屋があると何とかやっていけそうな気がする。そのためにも、一軒も減らぬようにと願う八月。

こんな事を書いていても、実際は何でも食べる。ひとの家へ行ったり飲み屋へ行ったりすると何でも食うので、気になさらず美味しいものを出してください。食べます。



[PR]
# by miminashibiwa | 2018-08-08 01:41 | 耳ざわり通信

アモンティリャード


新宿ベルクの前を通るとエレキギターの音が。店の外にも長蛇の列。ライブをやっている。中で踊っているのは、もしやストリッパーの牧瀬茜嬢ではないか!以前彼女のライブをここベルクで見たが、今日は偶然。店の中は満員で、みなさんカメラや携帯をダンサーに向けている。狭い中を人をかき分けるように踊る牧瀬茜嬢。私も中に入り生ビールとツマミを頼み、置ける場所を確保。と、突然セリフを言い出したり歌をうたい出す牧瀬茜。何だか親戚のおじさんのように緊張した、一時間以上続いたパフォーマンス。頑張ってるな。ライブは衣装を着て踊っていましたが、壁には沖縄の海に潜る裸身の牧瀬茜の写真パネル!

投げ銭興行?で、帽子が回ってきた。ちょっと知り合いなもので、あとで握手。踊った後のせいか、手がしっとり濡れていた。

その後テーブルを確保。牧瀬茜嬢は他のお客さんと少し離れた席へ。離れて見ていた。
何だか得したような、いい日だな〜。暑い中、新宿へ来た甲斐があった。

しばらくビールを飲んでいたが、メニューにアモンティリャードを見つけ頼む。
アンダルシア・バロン 十年熟成 中辛口「バロン・ミカエラ・アモンティリャード」

ちょうどポーの「アモンティリャードの酒樽」を読んでいて、アモンティリャードが飲みたくなっていた。
有楽町のシェリークラブに行くとシェリーの飲み比べをしたが、いったい何を飲んだものやら記憶にない。

むかしバルセロナの酒屋で地元のおっちゃんたちと立ち飲みしていて、三杯目に樽から注いでくれたのは旨かったな〜。あれがアモンティリャードだったと信じているんだが。
「これ本当にワインか?」なんて片言で聞いてると、足許のショルダーバッグが消えていた。おっちゃんたちの目は、なぜか焦点をぼかしてうつろになってる。ランチでワインをボトル一本空けた後で、今も三杯目、頭も酒でぼんやりしてる。しかし、バッグはないようだ。これひとつでひと月以上ヨーロッパを旅行しているのだからさあ大変!(続かない)

[PR]
# by miminashibiwa | 2018-08-06 00:49 | 耳ざわり通信

「耳なし芳一」公演会場記録

耳なし芳一の公演会場記録(複数回公演しているところもあります)。
間違いがありましたらお知らせ下さい。

[北海道]
ポロナイクリニック(長沼)ソルトピーナッツ(札幌狸小路)ユメカ倶楽部(札幌)
大滝寺(大滝村)天空(伊達)トンネル山(札幌)大雄寺(伊達)石蔵(伊達)
紋鼈寺(伊達)永田家(札幌)大黒座映画館(浦河)三石神社(三石)中川家(千歳)
上湧別町ふるさと館JRY(上湧別)老人保健施設プライムいくたはら(生田原)
オホーツク流氷科学センター(紋別)ちゃちゃワールド(生田原)
旭川野外特設ステージ(旭川)置戸図書館(置戸)
ソルトピーナッツ(札幌桑園)、水の学校 旧来運小学校体育館(斜里)禅輪寺(様似)
トイピルカ・ユースホステル(音更)画廊喫茶ムーン・フェイス(池田)
東州館(深川)モケラ モケラ(旭川)ジャズ喫茶ジス イズ(釧路)山田家(遠軽)
ウトナイ湖サンクチュアリ(ウトナイ湖)文京ウイング集会室(千歳)
支笏湖ユースホステル(支笏湖)らかん洞(浦河)専光寺(江部乙)
公開秘密結社あじと(札幌)ポエティカ(長沼)LOG BEAR(支笏湖)
あとりゑ・クレール(小樽)小樽市能楽堂(小樽)置戸町生涯学習情報センター(置戸)
江別市民会館小ホール(江別)新町第二会館(丸瀬布)旅亭 蔵群(小樽)
なまらや(小樽)ソルトピーナッツ(札幌南2西8)佐藤歯科(小樽)
浦幌町教育文化センター 視聴覚ホール(浦幌)柳町会館(音更)池田町立図書館(池田町)


[青森県]
めん房たけや(弘前)

[秋田県]
あさひの森硯友会(二ツ井)ねぶり流し館 能舞台(秋田)圓徳寺(鹿角)
大館市中央公民館視聴覚ホール(大館)関善酒店(鹿角)
秋田市文化会館和室(秋田)

[山形県]
長秀寺(飽海郡松山町)萬国屋萬代の間(温海温泉)

[宮城県]
書の教室(塩竈)法運寺(仙台)蕎麦すずき(塩竈)佐藤家(仙台)
南蒲生公会堂(蒲生)青年文化センター エッグホール(仙台)祥雲閣(古川)
イズミティ展示室(仙台)竹駒寺(岩沼)醸室蔵八TERAKOYA(古川)
龍淵寺(涌谷)龍谷寺(三本木)

[福島県]
民宿 南岳荘(南会津)ホテル ニューパレス(会津若松)湖畔の宿 月見亭(会津柳津)

[群馬県]
境町文化センター和室(境町)有鄰館(桐生)

[茨城県]
かやの木(守谷)サンリバーホール(常陸太田)みむらカフェ(坂東)円明寺(利根)
長照寺(常総)旧蕎麦屋 くらや(阿見)

[埼玉県]
双恵幼稚園(針ケ谷)浦和西高校(浦和)梨本自治会集会室(吾野)
ショーアップ大宮劇場(大宮)自由の森学園(飯能)楞厳寺(飯能)
ギャラリーブラッドベリ(桶川)

[東京都]
小劇場スペース仙川(調布)レストランじれいと(西東京市)音や金時(西荻)
カフェ・スロー(府中)LOFT PLUS ONE(新宿)丸山家(桧原村)
東光院(日の出町)西徳寺(日の出町)たいこ茶屋(日本橋)多聞院(新宿)
日本旅館「銀座・吉水」かくえホール(銀座)ギャラリー遊(吉祥寺)
西福寺(日の出町)代々木オリンピックセンター小ホール(代々木)
明治大学和泉校舎(明大前)クワトロ エス プラス(新宿御苑)
駒場東邦中学 高等学校(池尻大橋)ヴィオロン(阿佐ヶ谷)道心(阿佐ヶ谷)
プチローズ(東向島)

[神奈川県]
子安の里(横須賀)六角橋商店街大道芸まつり(白楽)山手ゲーテ座(横浜)
逗子マリーナ内レストラン(逗子)TEA ROOM ウインディ(衣笠)森の生活(白楽)
夢ミュージアム(東戸塚)横浜美術館レクチャールーム(横浜)
青葉台フォーラムホテル(青葉台)補陀落寺(鎌倉)
川崎市民プラザ ふるさと劇場(川崎)下桜山会館(逗子)岡本家(茅ヶ崎)
アトリエ933(鵠沼)山田家(鎌倉)新石川小学校(たまプラーザ)
逗子文化プラザ さざなみホール(逗子)ぶらっすりー千元屋(渋沢)天徳寺(秦野)
相模原南市民ホール(相模大野)シェアリー・カフェ(中川)もみじホール 城山(橋本)
スペース・ナナ(あざみ野)

[長野県]
かるかや山 西光寺(長野)豊科近代美術館(豊科)そば処 常念(穂高)
瑞松寺(松本)ふるさとらんど小川(小川村)八ヶ岳美術館(原村)
富岡家(松川村)長久寺(神林)上伊那医師会,歯科医師会,薬剤師会集会(伊那)
山村家(茅野)創造館ホール(池田)牛越家(池田)照明寺(生坂村)常光寺(塩尻)

[富山県]
市文化財 室崎家(高岡市)大仏寺(高岡)正保家(氷見)中居家(氷見)
佐野事務所(高岡)浜元家(氷見)スペース“よへさ”(伏木)永福寺(氷見)
高伏町自治会公民館(高岡)あーとさろん 日だまり(高岡)超証寺(射水)
国指定重要文化財 北前船廻船問屋 森家(岩瀬)高岡文化ホール和室(高岡)
光源寺(氷見)定塚小学校(高岡)久證寺(射水)万里摩理八尾店(八尾)
富来楽荘(呉羽山)圓照寺(氷見)いきいき元気館大ホール(氷見)
大島福祉センター和室(射水)

[静岡県]
YMCA東山荘(御殿場)

[愛知県]
九品院(岡崎)春谷寺(岡崎)巽閣(岡崎)

[岡山県]
土井家(瀬戸)

[徳島県]
住吉老人憩いの家(藍住子供劇場)板野町町民センター和室(板野)

[長崎県]
正福寺(諫早)興福寺(長崎)鵜殿家(島原)

[アメリカ]
カジ アソウ スタジオ「ジャパン フェスティバル」(ボストン)

[ギリシャ]
レフカダ市文化ホール「ラフカディオ・ハーン没後百年記念」(レフカダ島)

[PR]
# by miminashibiwa | 2018-08-05 23:12 | 耳なし芳一

 耳より情報   2018年

*伊藤哲哉・情報*


2018年


「耳なし芳一」公演 2018


小泉八雲 原作

語り琵琶耳なし芳一
 
d0134361_2013477.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



語り琵琶「耳なし芳一」


[日時] 8月18日(土)19時開演

[会場]「ポエティカ」

北海道夕張郡長沼町幌内1720-275

0123-84-2864

* 詳細は決まり次第掲載いたします。



語り琵琶「耳なし芳一」

[日時] 8月20日(月)19時開演

[会場] 炭火焼肉 ソルトピーナッツ

北海道札幌市中央区南2西8 3−1大光ビル1F

011-281-1444 (携 080-1889-7740 コンノ)
営業時間17:00~23:00

[料金] 3,000円(ワンドリンク・料理付)

* 詳細は決まり次第掲載いたします。



「耳なし芳一」公演の合間に、朗読会のお報せ


◎ 夏の夜の怖いお話 パート1

「黒猫」「アモンティリャードの酒樽」ほか

朗読 伊藤哲哉

とき 8月21日(火)19:30~21:00(開場18:30)

ところ 山のやぎや
(札幌市西区小別沢トンネル 
011-664-5148)

参加費 ¥2,000/ワンドリンク付き。
(軽食のご希望にも応じます)



◎ 夏の夜の怖いお話 パート2

「黒猫」「モレラ」ほか

朗読 伊藤哲哉

とき 8月23日(木)19:30~21:00(開場18:30)

ところ まちのやぎや
(札幌市中央区南3西2 KT3条ビル地下 
090-1307-6669)

参加費 ¥2,000/ワンドリンク付き。
(軽食のご希望にも応じます。)

*いずれのお申し込み・お問合せも、お電話or以下へ。
mail: chevre.on@mac.com
fax: 011-664-5323

* 詳細は決まり次第掲載いたします。



語り琵琶「耳なし芳一」


[日時] 8月25日(土)18時開演


[会場]「大正山 法華寺」

北海道帯広市東5条南7丁目

* 詳細は決まり次第掲載いたします。



公演地募集中

お問い合せ 伊藤 ☎ 03-3239-8557  
メール yatsuteutoi3591@gmail.com




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


坂口安吾作

語り琵琶「桜の森の満開の下」 公演予定

d0134361_17104799.jpg


[日時] 9月28日(金)18時開演(30分前開場)

[会場] 逗子文化プラザホール・なぎさホール

* お酒をめぐるカルチャーマガジン 
月間「たる」7月号に掲載。
読者チケットプレゼントもあります。

* 詳細は決まり次第掲載いたします




[日時] 10月19日(金)

[会場] 宮城県 涌谷「龍淵寺」

* 詳細は決まり次第掲載いたします




[日時] 10月20日(土)

[会場] 宮城県 三本木「龍谷寺」

* 詳細は決まり次第掲載いたします

d0134361_18415845.jpg

       北海道池田町の桜。
      



公演地 募集中  伊藤哲哉までお問い合わせ下さい
TEL FAX 03-3239-8557
メール  yatsuteutoi3591@gmail.com 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




      
[無事終了しました]


「おたる遊幻夜会 vol.2
     
     〜『直面(ひためん)』」
公演



d0134361_02738.jpg


北海道情報誌「HO(ほ)」連載中の 蜂谷涼作『直面(ひためん)』の音楽朗読劇
[出演] 伊藤哲哉 [演奏] 坂口聡(ファゴット) 宮城完爾(オーボエ) 三瓶佳紀(クラリネット) 高橋聖純(フルート) [演出] 十島英明 [作曲・指揮] 神田慶一 [舞台監督] 新見真琴


*小樽公演*
[日時] 8/6(金)7(土)8(日)
    午後6時半開場 午後7時開演
[会場] 北海道小樽市能楽堂(小樽市花園5-2-1)
[お問い合わせ] 小樽市民会館 0134-25-8800
[前売券] 3千円 [当日券] 3千5百円*全席自由
[主催] おたる遊幻夜会実行委員会

チケット取り扱い 
道新プレイガイド(011-241-3871)
小樽市民会館(0134-25-8800)
小樽市民センターマリンホール(0134-25-9900)
ローソンチケット(0570-084-001)Lコード13057



おたる遊幻夜会「直面」(8月6日~8日)の原作は、
北海道情報誌「HO(ほ)」に掲載。




.............................................................................................



      [無事終了しました]


「おたる遊幻夜会〜『遠き橋懸り』」公演


d0134361_19295761.jpg


「別冊 文藝春秋(2009年1月号)」掲載の 蜂谷涼作『遠き橋懸り』の音楽朗読劇
  [出演] 伊藤哲哉 [演奏] 坂口聡ほか [演出] 十島英明 [作曲・指揮] 浅野宏之


*小樽公演*
[日時] 8/14(金)15(土)16(日)
午後6時半開場 午後7時開演
[会場] 北海道小樽市能楽堂(小樽市花園5-2-1)
[お問い合わせ] 小樽市民会館 0134-25-8800
[前売券] 3千円 [当日券] 3千5百円*全席自由
チケット取り扱い 
道新プレイガイド(011-241-3871)
小樽市民会館(0134-25-8800)
小樽市民センターマリンホール(0134-25-9900)ローソンチケット(0570-084-001)Lコード18043




多くの方々のご来場、ありがとうございました。
「おたる遊幻夜会」は、2010年も8月6日(金)〜8日(日)までの三日間、
小樽市能楽堂に於いて新作「直面(ひためん)」の上演を予定しています。
皆様のお越しをお待ちしています。

*詳細は決まり次第掲載いたします。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




「ガリヴァー・ウエファース」公演

d0134361_1745099.jpg


 無事終了しました、ありがとうございました!
         当日の様子はこちらをご覧ください。

         ガリヴァー・ウエファース in 猿島

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



*ハチャプリ商会・情報*

「 グルジア・ミラクル・ディ 2008 」

メデア・ゴツィリゼさん(グルジア出身、東京在住)のグルジア案内を聴き、
グルジアのお茶とお菓子とハチャプリ(チーズパン)を食べながら、
グルジア語と日本語による「グルジア民話の語り絵巻」など。

無事に終了しました。たくさんの方にお越しいただき本当にありがとうございました!
またやりますよ!

[PR]
# by miminashibiwa | 2018-08-05 23:05 | はや耳NEWS

黒猫

「黒猫・白猫」という映画があった。
エミール・クストリッツアという監督の作品で、名前はなかなか覚えないが、「アンダーグラウンド」を見た時の興奮は忘れない。始まってすぐ映画が始まったと思った。映画なんだから映画が始まるに決まってるじゃないかというなかれ。ああ映画が始まったと思えるのはホントに少ないのだ。この説明はいつか。
「パパは出張中」「ジプシーのとき」「ライフ・イズ・ミラクル」「オン・ザ・ミルキー・ロード」は観たかな?どれも映画で、「黒猫・白猫」含めこの監督の映画はとても好き。

「黒猫」という小説があった。
エドガー・アラン・ポーという作家の怖い話で、ご存知の方も多いだろう。ポーは有名だから、いろいろ読んだ人もいるだろう。以前分厚い三巻の「ポオ全集」を持っていたが、20年ほど前の引っ越しの時に売ってしまった。
8月にポーを読まないかという話が持ち上がった。こんな時はしまったと思ってしまう。
文庫を二三冊持っているのだが、いつものごとく何処にあるか分らない。
早速、本屋・古本屋・図書館へ行き買い、借り、調べ、読む。読む。

「黒猫」だけでもいろんな人の訳がある。現在三人の訳を読んだが、けっこうイメージが変わる。
そう考えると、シェイクスピアもそうだが、翻訳の力は本当に大きい。

さて、誰の猫を読もうか?考えるだけで怖くなる、猫の怨念。

蛇足
「決定版・十一ぴきのネコ」という舞台があった。
私はドライヤー怖いのニャン七という役名を賜った。全国で100ステージ以上上演した。
腹を空かした猫たちが食べ物を求め旅に出る。最後に大きな魚を見つけ、格闘してこれを捕えて食べる。ところが毒にまみれた魚だったため全員死んでしまうという、24曲歌って踊っての芝居だった。

いまもむかしも現実の事だというのが辛い。

[PR]
# by miminashibiwa | 2018-07-27 23:49 | 耳ざわり通信