人気ブログランキング |

「耳なし芳一」公演会場記録

耳なし芳一の公演会場記録(複数回公演しているところもあります)。
間違いがありましたらお知らせ下さい。

[北海道]
ポロナイクリニック(長沼)ソルトピーナッツ(札幌狸小路)ユメカ倶楽部(札幌)
大滝寺(大滝村)天空(伊達)トンネル山(札幌)大雄寺(伊達)石蔵(伊達)
紋鼈寺(伊達)永田家(札幌)大黒座映画館(浦河)三石神社(三石)
中川家(千歳)上湧別町ふるさと館JRY(上湧別)
老人保健施設プライムいくたはら(生田原)オホーツク流氷科学センター(紋別)
ちゃちゃワールド(生田原)旭川野外特設ステージ(旭川)置戸図書館(置戸)
ソルトピーナッツ(札幌桑園)水の学校 旧来運小学校体育館(斜里)
禅輪寺(様似)トイピルカ・ユースホステル(音更)
画廊喫茶ムーン・フェイス(池田)東州館(深川)モケラ モケラ(旭川)
ジャズ喫茶ジス イズ(釧路)山田家(遠軽)
ウトナイ湖サンクチュアリ(ウトナイ湖)文京ウイング集会室(千歳)
支笏湖ユースホステル(支笏湖)らかん洞(浦河)専光寺(江部乙)
公開秘密結社あじと(札幌)ポエティカ(長沼)LOG BEAR(支笏湖)
あとりゑ・クレール(小樽)小樽市能楽堂(小樽)
置戸町生涯学習情報センター(置戸)江別市民会館小ホール(江別)
新町第二会館(丸瀬布)旅亭 蔵群(小樽)なまらや(小樽)
ソルトピーナッツ(札幌南2西8)佐藤歯科(小樽)
浦幌町教育文化センター 視聴覚ホール(浦幌)柳町会館(音更)
池田町立図書館(池田)大正寺 法華寺(帯広) 実勝寺(芽室)


[青森県]
めん房たけや(弘前)

[秋田県]
あさひの森硯友会(二ツ井)ねぶり流し館 能舞台(秋田)圓徳寺(鹿角)
大館市中央公民館視聴覚ホール(大館)関善酒店(鹿角)
秋田市文化会館和室(秋田)

[山形県]
長秀寺(飽海郡松山町)萬国屋萬代の間(温海温泉)

[宮城県]
書の教室(塩竈)法運寺(仙台)蕎麦すずき(塩竈)佐藤家(仙台)
南蒲生公会堂(蒲生)青年文化センター エッグホール(仙台)祥雲閣(古川)
イズミティ展示室(仙台)竹駒寺(岩沼)醸室蔵八TERAKOYA(古川)
龍淵寺(涌谷)龍谷寺(三本木)一坪書店文庫(石巻)魅知国 席亭 花座(仙台)

[福島県]
民宿 南岳荘(南会津)ホテル ニューパレス(会津若松)
湖畔の宿 月見亭(会津柳津)

[群馬県]
境町文化センター和室(境町)有鄰館(桐生)

[茨城県]
かやの木(守谷)サンリバーホール(常陸太田)みむらカフェ(坂東)
円明寺(利根)長照寺(常総)旧蕎麦屋 くらや(阿見)

[埼玉県]
双恵幼稚園(針ケ谷)浦和西高校(浦和)梨本自治会集会室(吾野)
ショーアップ大宮劇場(大宮)自由の森学園(飯能)楞厳寺(飯能)
ギャラリーブラッドベリ(桶川)

[東京都]
小劇場スペース仙川(調布)レストランじれいと(西東京市)音や金時(西荻)
カフェ・スロー(府中)LOFT PLUS ONE(新宿)丸山家(桧原村)
東光院(日の出町)西徳寺(日の出町)たいこ茶屋(日本橋)多聞院(新宿)
日本旅館「銀座・吉水」かくえホール(銀座)ギャラリー遊(吉祥寺)
西福寺(日の出町)代々木オリンピックセンター小ホール(代々木)
明治大学和泉校舎(明大前)クワトロ エス プラス(新宿御苑)
駒場東邦中学 高等学校(池尻大橋)ヴィオロン(阿佐ヶ谷)道心(阿佐ヶ谷)
プチローズ(東向島)光圓寺(神谷町)

[神奈川県]
子安の里(横須賀)六角橋商店街大道芸まつり(白楽)山手ゲーテ座(横浜)
逗子マリーナ内レストラン(逗子)TEA ROOM ウインディ(衣笠)
森の生活(白楽)夢ミュージアム(東戸塚)
横浜美術館レクチャールーム(横浜)青葉台フォーラムホテル(青葉台)
補陀落寺(鎌倉)川崎市民プラザ ふるさと劇場(川崎)下桜山会館(逗子)
岡本家(茅ヶ崎)アトリエ933(鵠沼)山田家(鎌倉)
新石川小学校(たまプラーザ)逗子文化プラザ さざなみホール(逗子)
ぶらっすりー千元屋(渋沢)天徳寺(秦野)相模原南市民ホール(相模大野)
シェアリー・カフェ(中川)もみじホール 城山(橋本)
スペース・ナナ(あざみ野)桜田家(たまプラーザ)

[長野県]
かるかや山 西光寺(長野)豊科近代美術館(豊科)そば処 常念(穂高)
瑞松寺(松本)ふるさとらんど小川(小川村)八ヶ岳美術館(原村)
富岡家(松川村)長久寺(神林)上伊那医師会,歯科医師会,薬剤師会集会(伊那)
山村家(茅野)創造館ホール(池田)牛越家(池田)照明寺(生坂村)
常光寺(塩尻)

[富山県]
市文化財 室崎家(高岡市)大仏寺(高岡)正保家(氷見)中居家(氷見)
佐野事務所(高岡)浜元家(氷見)スペース“よへさ”(伏木)永福寺(氷見)
高伏町自治会公民館(高岡)あーとさろん 日だまり(高岡)超証寺(射水)
国指定重要文化財 北前船廻船問屋 森家(岩瀬)高岡文化ホール和室(高岡)
光源寺(氷見)定塚小学校(高岡)久證寺(射水)万里摩理八尾店(八尾)
富来楽荘(呉羽山)圓照寺(氷見)いきいき元気館大ホール(氷見)
大島福祉センター和室(射水)

[静岡県]
YMCA東山荘(御殿場)

[愛知県]
九品院(岡崎)春谷寺(岡崎)巽閣(岡崎)

[岡山県]
土井家(瀬戸)

[徳島県]
住吉老人憩いの家(藍住子供劇場)板野町町民センター和室(板野)

[長崎県]
正福寺(諫早)興福寺(長崎)鵜殿家(島原)

[アメリカ]
カジ アソウ スタジオ「ジャパン フェスティバル」(ボストン)

[ギリシャ]
レフカダ市文化ホール「ラフカディオ・ハーン没後百年記念」(レフカダ島)

# by miminashibiwa | 2019-11-20 02:30 | 耳なし芳一

 耳より情報   2019年

*伊藤哲哉・情報*


2019年


台風のため延期となった幻燈会、再開します!

おもしろ学校 賢治の幻燈会

オッベルと象 ➕

どんぐりと山猫

朗読者 伊藤哲哉

投影者 小林敏也、

[日時]10月12日(土) 14時30分開演
変更 11月30日(土)14時30分開演

[会場]space cafe ポレポレ坐
東京都中野区東中野4-4-1 ポレポレ座ビル 1F
☎︎ 03-3227-1445
JR東中野駅 西口より徒歩1分
大江戸線 東中野駅 A1出口より徒歩1分

[演目]「どんぐりと山猫」「オッベルと象」

[料金]大人 ¥2,000、子ども ¥1,000

[予約&問合せ] 名取弘文 0466-50-6233
ポレポレ座 03-3227-1445


*詳細は追ってお知らせします


公演地募集中

お問い合せ 伊藤 ☎ 03-3239-8557  

メール yatsuteutoi3591@gmail.com



・・・・・・・・・・・・・・・・・




「耳なし芳一」公演 2019


小泉八雲 原作

語り琵琶耳なし芳一
 
 耳より情報    2019年_d0134361_2013477.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




語り琵琶「耳なし芳一」

[日時]12月8日(日)14時開演

[会場]総林寺

 北海道上士幌

[出演]伊藤哲哉


* 詳細は追ってお知らせします。




公演地募集中

お問い合せ 伊藤 ☎ 03-3239-8557  

メール yatsuteutoi3591@gmail.com




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



イランの朗読フェスティバル

[日時] 12月17日~21日?

[会場] イラン テヘラン

4人が選ばれたようです。日本からは私ひとり。

政治に翻弄されないことを願います。

* 詳細は決まり次第掲載いたします。




・・・・・・・・・・・・・・・・・



坂口安吾作

語り琵琶「桜の森の満開の下」 公演予定

 耳より情報    2019年_d0134361_17104799.jpg


 耳より情報    2019年_d0134361_18415845.jpg

       北海道池田町の桜。

      



公演地 募集中  伊藤哲哉までお問い合わせ下さい
TEL FAX 03-3239-8557
メール  yatsuteutoi3591@gmail.com 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




      
[無事終了しました]


「おたる遊幻夜会 vol.2
     
     〜『直面(ひためん)』」
公演



 耳より情報    2019年_d0134361_02738.jpg


北海道情報誌「HO(ほ)」連載中の 蜂谷涼作『直面(ひためん)』の音楽朗読劇
[出演] 伊藤哲哉 [演奏] 坂口聡(ファゴット) 宮城完爾(オーボエ) 三瓶佳紀(クラリネット) 高橋聖純(フルート) [演出] 十島英明 [作曲・指揮] 神田慶一 [舞台監督] 新見真琴


*小樽公演*
[日時] 8/6(金)7(土)8(日)
    午後6時半開場 午後7時開演
[会場] 北海道小樽市能楽堂(小樽市花園5-2-1)
[お問い合わせ] 小樽市民会館 0134-25-8800
[前売券] 3千円 [当日券] 3千5百円*全席自由
[主催] おたる遊幻夜会実行委員会

チケット取り扱い 
道新プレイガイド(011-241-3871)
小樽市民会館(0134-25-8800)
小樽市民センターマリンホール(0134-25-9900)
ローソンチケット(0570-084-001)Lコード13057



おたる遊幻夜会「直面」(8月6日~8日)の原作は、
北海道情報誌「HO(ほ)」に掲載。




.............................................................................................



      [無事終了しました]


「おたる遊幻夜会〜『遠き橋懸り』」公演


 耳より情報    2019年_d0134361_19295761.jpg


「別冊 文藝春秋(2009年1月号)」掲載の 蜂谷涼作『遠き橋懸り』の音楽朗読劇
  [出演] 伊藤哲哉 [演奏] 坂口聡ほか [演出] 十島英明 [作曲・指揮] 浅野宏之


*小樽公演*
[日時] 8/14(金)15(土)16(日)
午後6時半開場 午後7時開演
[会場] 北海道小樽市能楽堂(小樽市花園5-2-1)
[お問い合わせ] 小樽市民会館 0134-25-8800
[前売券] 3千円 [当日券] 3千5百円*全席自由
チケット取り扱い 
道新プレイガイド(011-241-3871)
小樽市民会館(0134-25-8800)
小樽市民センターマリンホール(0134-25-9900)ローソンチケット(0570-084-001)Lコード18043




多くの方々のご来場、ありがとうございました。
「おたる遊幻夜会」は、2010年も8月6日(金)〜8日(日)までの三日間、
小樽市能楽堂に於いて新作「直面(ひためん)」の上演を予定しています。
皆様のお越しをお待ちしています。

*詳細は決まり次第掲載いたします。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




「ガリヴァー・ウエファース」公演

 耳より情報    2019年_d0134361_1745099.jpg


 無事終了しました、ありがとうございました!
         当日の様子はこちらをご覧ください。

         ガリヴァー・ウエファース in 猿島

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



*ハチャプリ商会・情報*

「 グルジア・ミラクル・ディ 2008 」

メデア・ゴツィリゼさん(グルジア出身、東京在住)のグルジア案内を聴き、
グルジアのお茶とお菓子とハチャプリ(チーズパン)を食べながら、
グルジア語と日本語による「グルジア民話の語り絵巻」など。

無事に終了しました。たくさんの方にお越しいただき本当にありがとうございました!
またやりますよ!

# by miminashibiwa | 2019-11-20 02:23 | はや耳NEWS

 琵琶法師の毛づくろい   伊藤哲哉・ブログ


こちらは[役者・琵琶法師]伊藤哲哉のブログ・ホームページです。


・・・・・・・・・ 目次 ・・・・・・・・・・

 琵琶法師の毛づくろい   伊藤哲哉・ブログ_d0134361_21222875.jpgはや耳NEWS・・・11/19更新
 What's New!? 最新情報をお届けします。
プロフィール
 伊藤哲哉の プロフィールです。
耳ざわり通信・・・8/14更新
 日々の毛づくろい  
ガリバー・ウエファース・・・ 
 バンジョー抱えて、旅から旅へ・・・
琵琶との出会い     
 琵琶法師になるきっかけは・・・
耳なし芳一・・・
 耳なし芳一公演に関するあれこれ    
おたる遊幻夜会・・・
 2010年8月小樽市能楽堂にて上演した
 「直面(ひためん)」のメイキング・ブログです。 
遠き橋懸り・・・
 2009年8月小樽市能楽堂にて上演した
 「遠き橋懸り」のメイキング・ブログです。
ハチャプリ商会・・・1/8更新    
 グルジアが何処にあるか知ってますか?  
メール
 連絡・コメントはこちらへどうぞ。

                      




*当ブログの画像、文章等の無断使用を禁止いたします。
# by miminashibiwa | 2019-11-04 01:09 | 表紙

小林敏也さんとふらふら旅④

いよいよ今日は帰京、帰宅の日。
シャワー浴びて食堂へ。しばらくして小林敏也さんも入って来た。大浴場に入って来たと言う。酒を抜いて来たのかな?

帰りは変更が効かない夜の新幹線なので、夕方までどう過ごそうかと話す。
で、まずは古川から仙台へバスで行くことになった。
他の街へ行く選択もあったが、なにせ暑い。呑み疲れも少し出て来たかな。
仙台でコインロッカーを探す。去年は全部塞がっていて、宅急便屋に預かってもらった。さてさて今年も全く空いていない。宅急便屋も本日の受付終了と札が出ていた。
地下も一階も二階も三階もどこも空いていない。この暑さの中、こんなガラガラを引きずってはどこにも行かれない。
小林さんの提案で「るーぷる仙台」という周遊バスに乗ることにした。
見たい観光スポットに降りて、また次のバスで移動するというものだ。街にいても喫茶店を探して涼みながら時間つぶしをするしかないわけで、中々いいアイデアだと思った。終了時間を考えれば何度も乗れないのに、1日乗車券を買ってしまった。
とにかく大荷物を持って席に着く。バスはレトロでいいのだが、座り心地はすこぶる悪い。小林さんはどこかで降りようと言ったが、私は一度一周してから良さそうなスポットを考えようと提案。大荷物は立ち席の人たちに非常に不興を買った。途中から乗ってくる人でバスはどんどん混んでくる。これはもう、途中下車したら二度と乗れないと観念した。いままで何度も仙台に来ているが、ただ街中をぶらついていただけで、郊外までは来ていなかった。これはいいことを教えてもらった。70分?くらいで一周。まだ飲み屋が開いていないので、もう一周することにした。飽きたなと思ったが、下の席に移ると景色も違って見え、新鮮に周ることができた。席は狭い。荷物は邪魔で顰蹙ものだ。二週目は本日最後の方のバスだったので、どんどん人が乗ってくる。
座り疲れたが、いい仙台観光をすることが出来た。暑さもしのげた。
駅ビルで小林さんはお土産を買い、私は二、三件送ることに。
そのうち小林さんが、以前呑んだことのある居酒屋を探しに行って中々戻らない。
やっと帰って来たが見つからないと言う。とにかく一階へ行こうと降りていくと目の前に探す居酒屋Bが現れた。ちょうど入り口の席が空いていてそこに陣取る。
さあ新幹線の時間まで呑むぞ!
ここは宮城の酒が揃っている。日本酒三種とつまみのセットを頼む。ホヤにしめ鯖になめろうに、鯖といぶりがっこのポテサラ(絶妙な味)なんかを美味しく食べ、二人で阿部勘、綿谷、山和、閖、墨廼江、乾坤一なんてところを呑んだか呑まなかったか?実は普段聞かない酒も呑んでいるのだが忘れてしまった。
ここで私が失敗をしてしまう。何を勘違いしたか1時間以上早く店を出てしまう。目覚ましもかけていたのに、なぜか急いで改札へ向かう。そこでハタと、まだ早いことに気づき居酒屋Bに戻ったがすでに満席。仕方がないので帰りの新幹線で呑む酒を買うことに。まだ呑むの?と思われる方もあるかと思うが、まだ呑むのです。ビールのロング缶と古川のワンカップと、ツマミに蒲鉾やなんか買い、新幹線こだま車中の人となる。

この旅では、ずいぶん小林さんと話すことが出来た。滑らかに話すためにずいぶん酒の力も借りた。二人ともただ旨い酒が好きなだけだったけど。
面白いアイデアが小林さんから出て、やりそうな事になりつつある。そのために必要な人から、仙台初日の居酒屋の開くのを待つ間に電話が来ていて、最終日の新幹線の中で二つが結びついた。こんな時はこんなもんだ。ちょうど酒も切れて東京駅到着。
3泊4日の幻燈会ふらふら旅が終わった。

(酒呑む話ししか書かなかったが、仕事もちゃんとやりましたぜ。)

# by miminashibiwa | 2019-08-15 01:43 | 耳ざわり通信

小林敏也さんとふらふら旅③

宮城県三日目は古川のホテルで目が覚める。
昼ごろ街をぶらり歩いて、大きな図書館が現れた。去年・一昨々年と来ていて気がつかなかった。まだ新しく、天井の高いゆったりした空間が広がっている。
中に入り、たった一枚残っていた今夜の幻燈会のチラシを見つけた。
思わず今夜のお寺、三本木龍谷寺ご住職に電話して、迎えに来る時チラシを持って来てもらおうと思ったが通じない。
チラシを持ってカウンターの方に見せ、この出演者だけれどこの図書館で幻燈会は出来ないものだろうかと尋ねる。司書のような方が来てチラシを持って消え、そのうち館長さんまで出て来たが、自前で公演をすることはしていないということだった。怪しい奴と思われたかな?

予定より遅れて、龍谷寺のご住職が迎えに来た。
スクリーンのセッティングに時間がかかり、まだつれていないようだ。
ここは周りに人家は見えない。なんと素敵な景色だろう。入口には巨木も立っている。
私たちは昨日の今日で、プロジェクターの問題はクリアしたつもりでいたが、なぜか上手くいかない。映らない、戻らない。昨日したことを忘れているだけなのだが、焦るふたり。何故〜?

やっと原因がわかり、楽屋となった部屋で今日も美味しいお弁当をいただく。
本日も幻燈会は「どんぐりと山猫」「オッベルと象」最後に「雨ニモマケズ」。
昨日今日と満席ではないだろうか。
昨日はちいさな子どもの姿が見えずご住職が嘆いていたが、この日は子どもも多く見られご住職はご満悦だったのではないか?
小林さんへの質問も沢山あり、小学生の少女が何度も手を挙げて聞いていた。
終わってからも私のそばへ来てなかなか難しい質問をするので、タジタジとなりお茶を濁したおじさんであった!嗚呼!
終演後は2人の方が声をかけてくれ、石巻と仙台での幻燈会の要望があった。
やりましょう幻燈会。行きますよー。
小林さんは、持って来た本もかなり売れて身軽に帰れることとなった。

いよいよ千秋楽打ち上げは、仙台から手伝いに来てくれたAさんを交え、ご住職とわれわれふたり、合わせて4人の古川居酒屋探し旅が始まった。
なにせ店を閉めるのが早いらしく、あちこち三軒ほど車で回ったが入れない。
やっとわたしも何度か連れて行ってもらったSというところで酒にありつくことができた。金曜日の夜9寺半過ぎじゃなかったかな〜?
しかしこのSは地酒が沢山おいてあり、魚も旨いのは刷り込み済み。よかった〜!
ビールから始めて日本酒。片っ端から飲みました。「綿谷」「墨廼江」「乾坤一」「浦霞 夏酒」「伯楽星」「山和」。「ひと夏の恋」を呑んだのは小林さんだったかな?ホヤももちろん食べました。刺身もうまし。いいところだね〜古川の居酒屋は。酒も魚も米も野菜もみんな美味しいんだから。
ところがご住職が最初のビールで酔ってしまった。昨日飲めなかった分、今日は飲むぞ〜と言っていたのに、連日の疲れであっと言う間に酔っちゃった。
何度も朝方まで飲んだことがあるので驚いたこれは。
Sも遅くまではやっていず、次の店探し。われわれのように酒場難民となった若者がぞろぞろ歩いている。何故遅くまでやらない?
ご住職も入ったことがないと言う店で一杯。わたしは「日高見」を燗してもらう。
もうご住職が無理なので、代行を呼んで帰ってもらうことに。残念でした。
このまま帰れないのが酒呑みの困ったとこで、あちこち店に入ってみるものの、満席か閉店ですの声。なるべくならチェーン店には入りたくないが、この際そんなことは言ってられない。
ところが救いの酒の神バッカスはいるもので、さっき素通りしたバーを覗くとまだやっている。ここでビールでも飲んでお開きにとドアを開けると、これがいい感じ。当たり。アイルランドのギネスの樽生があると言う。旨い。以前アイルランドの役者たちと芝居をした時、イギリスで作ったギネスなんか飲めるかーと吠えていた。もっとも日本のウィスキーは腹を壊すからと、アイリッシュウイスキー持参で来た連中だったが。
小林さんは別のビール。このあと「アードベック」「スキャパ」を飲む。あゝ美味しい。小林さんは何を飲んでたかな?
マスターと酒談義に花が咲く。ワタクシむかし原宿と池袋のバーでカウンターに入って酒を出していたことがあり、もう何も覚えてはいないけれどマスターがうまく酔っ払いを扱ってくれて、楽しい一夜となった。
小林さん、今夜も遅くまでお疲れさまでした。(続く)だろう。

# by miminashibiwa | 2019-08-08 18:36 | 耳ざわり通信