琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

グルジア*ミラクル

 
  2007年1月〜2月グルジアへの旅 その3 

2/2(金)
朝食にミルク粥が出る。疲れたお腹に、嬉しいご飯だ。牛乳で炊いたご飯は初めて。
毎朝客は二人だけなんで、ホテルの人が日本人に気を使ってくれたようだ。

アブラバリのメティヒ・チャーチ。中国人と間違われ「チー、チー」とうるさい。
近くの土産物屋で、スワネティー地方の羊飼いの帽子を二つ買う。街よりだいぶ高い。
お茶の専門店があり、グルジア茶二種類買う。紅茶と緑茶。市場と違い香りがいい。
他の国のお茶もいい香りがしていた。日本の緑茶と玄米茶があったのは嬉しい。

お婆ちゃんの店で、新しいピロスマニのリーフ買うと、他の品物を沢山だしてくる。
カフェで、お茶と雑穀入りの菓子、マカロニと肉ののった皿を食べる。どれも美味。

d0134361_18535163.jpg


今泊まっているホテルと同じ名前の「ズベリウバニ ホテル」を見つける。
ガイドブックの住所と、今いる所が違うので変だと思っていたんだ。
中に入り、部屋を見せてもらい値段を聞く。又行く時はこっちで充分だ、便もいいし。

シオニ・チャーチに入り、隣の博物館へ。旧いトビリシの街の写真や道具など見る。
上の階で写真展。映画監督や役者の写真ばかりで、ロケ現場も写っている。
フェリーニ、ビスコンティー、マストロヤンニ...etc.誰が撮ったのか。

いつもの安食堂へ。4時半に開いていて、地ワイン2L、トマトサラダ、ハチャプリ、
ヒンカリ、シシカバブ、焼いた薫製魚など。
先日一緒に大騒ぎした連中が、ミュージシャンに何度もチップを渡していたせいか、
すぐ音楽が始まり、全然やめてくれずうるさくて参った。仕方なく帰りにチップ渡す。

帰ってダウン。9時頃電話で起こされる。明日会うティナさんからだ。
酔いと寝ぼけているのとで訳判らず、聞いた電話番号も書けないていたらく。

この日の日記は判別不可能...

2/3(土)
朝食に面白い物が出た。雑穀のバター煮というか、豆や麦なども見える。

12時、アブラバリ駅でティナさんと会う。石田が日本でお姉さんと知り合い、
グルジアで日本語を習っている妹を紹介してもらった。
お姉さんが美人だと聞いていたが、妹も背の高い、スリムな21歳の美人だった。

d0134361_18441126.jpg


全身黒で決めた、モデルのような娘で、英語でどんどん攻めてくる。
NYに1年留学したというが日本語はどうなったんだ?日本語を話してくれ、日本語を。

すぐ前の教会へ行き、橋を渡りナリカラ・チャーチへ。いい景色だ。良く来るという。
彼女の友達の母が働いている店へ行き、いま人気の七宝焼のアクセサリー見る。
タビスプレバのおしゃれな店でお茶。西洋っぽくて、おじさんは落ち着かないな〜。

d0134361_18451444.jpg


ムタツミンダ山。土曜日は結婚式が多いそうだが、本当に何処の教会も結婚式。
中も外もお祝いの人でいっぱい。ドレスは、あの通りの店で買うのだろうか。

d0134361_1846831.jpg


山を降りると、ティナさんの日本語の先生ルシコさんと旦那さんにバッタリ会う。
(帰国してから判ったのだが、パラジャーノフ監督がこの辺に住んでいたらしい)
ルシコさんは、金沢大学に最近まで6年間留学していたという、うら若き女性。
日本語べらべらで、ジョーク好きの感じのいい人だ。日本が大好きらしい。

d0134361_18552470.jpg


一緒に散歩して、ミュージアムでピロスマニが見られない理由を聞いてもらうが、
1年以上開かないだろうという事しか判らなかった。

明日、日本語学科の学生達と旧首都ムツヘタに行くことになリ、トビリシ駅で別れる。
ティナに市場を案内してもらう。まだ知らない場所があるが、もう夕方で店じまい。

d0134361_18481836.jpg


タビスブレバに戻りヒンカリーの美味しい店で夕食。豚足、牛タン、ピクルス、野草に
ワイン。うまいな〜。ところがティナは、コーラとヒンカリー1個だけ。
小食とは言っていたが、何処の国でも美人は大変だ。

だいぶ歩いたせいか、今日は二人とも風邪気味。咳、頭痛。
[PR]
# by miminashibiwa | 2008-01-31 22:15 | ハチャプリ商会

仮チラシが出来ましたぞ


d0134361_21121965.jpg

[PR]
# by miminashibiwa | 2008-01-31 21:13 | ガリバーウエファース

今年最初の「耳なし芳一」は、雪の舞い散る御殿場から


1月26日(土)新宿からバスに乗り、約1時間半で東名御殿場停留所へ。
今年最初に「耳なし芳一」を呼んでくれたのは、ラボ神奈川支部の総会だった。
興奮したのか昨夜はよく眠れず、寝不足の頭を抱え行く。
会場は静岡県の御殿場にあるYMCA東山荘。

d0134361_21454463.jpg

        YMCA東山荘の前で雪遊びをする子供

御殿場は、黒澤明監督の映画「乱」や「夢」の撮影で何度も来ていて懐かしい。

「乱」の時は、事務所のデスクが「黒澤組決まりました、乱、みだれると書きます」
クロサワ組と言われて頭に浮かんだのは、その頃問い合わせのあった黒沢直輔監督。
日活ロマンポルノの監督だったので、「乱〜みだれる〜」というタイトルが頭に浮び、
思わず「脱ぐの、脱がないの?」と聞いてしまった。あはは...赤面。
黒澤明監督が、新作を撮っているのを知らなかったのだ。いや〜恥ずかしい事でした。

富士山の四~五合目あたりに城が建っていて、毎日御殿場のホテルから通ったものだ。
知り合いの役者が何人も出ていて吃驚。私達は、自嘲「スーパーエキストラ」として
役者兼助監督助手のような仕事をしていた。毎日のように何百人も来るエキストラに、
衣装・鎧の付け方、槍の持ち方・走り方などを教え、一緒に出演していた。
夏のシーンを撮っていたが、10月〜12月の富士山は寒く、皆どんどん着膨れていった。

12月24日まで、富士山ロケは続いた。今や自分が何処に出ているかも判らないが、
「乱」の現場を撮ったクリス・マイケル監督「AK ドキュメント黒澤明」(1985)には、
結構写っている。馬鹿な事を喋っていたり、軍手が写ったり、自分のアップの下に
「富士に立つ名もなき若者」というような文字が入った記憶がある。

で、耳なし芳一だが、総会の食事時間1時間の間に、会議室を公演用に作り変える。
客席も舞台に近づけ、琵琶の音を確認し、音の手伝いをしてくれる人とリハーサル。
普段は4時間前に入り、リハーサルや琵琶,科白の稽古、ストレッチなどで過ごすが、
今日は別室で稽古して本番。ラボのスタッフも時間のない中、アイディアを出し工夫。

d0134361_21465998.jpg

          ラボのチューターが食事中に、座席を作るスタッフ

暗闇の中、蠟燭の炎に照らされていよいよ本番。
昨年、代々木のオリンピックセンターで、ラボの高校生などに観て貰った時は
蠟燭が使えなかったので、今日はどういう風に見えるだろう。
チューター達はいつも自分たちが演じたり、子供達に演じさせているので聞き上手。
非常に集中力が強い。何でも吸い取ってしまう吸引力がひしひしと感じられる。
語る私は面白かった。しわぶきの声ひとつ、つく息の音ひとつ聴こえなかった。

終了後の質疑応答の時も、なかなかシビアな質問が多く、答えに窮しタジタジ。
あまり長くて?汗が引き、すっかり身体が冷えてしまった。こんな時は先ずお酒!

d0134361_21471944.jpg

        朝の4時まで...懇談会?飲み会?みんな元気だわ!

11時半頃からみんなが集う部屋へ行く。ビールやワインで先ず乾杯!
途中別室に移動しながら語り明かす。最近こんなに朝まで喋った事ないな〜。
作品の作り方、教育、親子関係、日本人、その他様々な事に関する話をしてくれた。
話が楽しく、面白い人が多く、つい時間を忘れてしまった。でも、4時過ぎてるぞ!

翌朝は、チューター達の発表を二つ観て大いに笑った。楽しかった。みんな凄い!
[PR]
# by miminashibiwa | 2008-01-27 21:37 | 耳ざわり通信

グルジア*ミラクル

 
    2007年1月〜2月グルジアへの旅 その2

1/31(水)
ホテルの部屋のドアノブが取れ、朝食のあと入室出来なくなる。

ピロスマニの絵を観に美術館へ。何と、3Fのピロスマニの部屋はCLOSE!
いつ開くか未定。別室で話を聞くが、いつとも何故とも答えはない。判らない。
仕方ない、他の展示を観る。ここで初めて小中学生や観光客に出会った。
もっとも、欧米人や東南アジア系とおぼしき人は見当たらないので、
街で会っても外国人かどうかこっちには判らない。

文字が読めない事もあり、偶然にも修理、修復をする部屋に入ってしまう。
女性三人が作業中で、出て行くようにうながされる。ふと上を見ると、
そこにピロスマニの大きな長い絵が掛かっていた。ピロスマニ?と聞くと頷いたので
見せてという身振りをして頼む。細長いのが三点あった。初期の頃?のも一点。
やっと本物に巡り会えた。これを見るのもグルジアへ来た目的のひとつだった。

d0134361_23125473.jpg

    グルジアの昔の風景にピロスマニの絵の一部を入れたデザインの切手

街でピロスマニの本、切り抜き、ポスター、葉書、切手、織り、CD-Rなど購入。
路地の奥に英語の本だけの本屋があり、中のカフェで久々に本物の珈琲を飲んだ。
フレンチローストをモカプレスでいれてたっぷりと。やっと人心地着く。
宿でもカフェでもネスカフェばかり見ていたもんでね。

今夜はバレー&オペラ劇場で、バレー「ドン・キホーテ」を観る。
旧い良い小屋で、満席だった。バレーを習っている子供達が沢山来ていた。
着飾った人達もいたが、気軽にバレーを見に来ている人が多くて羨ましい。
真ん中の前の方の席だったが、よく昨日こんな席が取れたもんだ。本当に安い。
うまい主役に最後は圧倒。夜10時近く終る。

メトロで帰り、途中小さな店で食料を買う。客のおばさんが話しかけて来て、
どれが美味しいか教えてくれる。お金を出していると、ひそひそ声で「気をつけな、
近所で時々トラブルがあるからね」気を引き締め帰る。
食べ物はうまいが、やはり暖かいものが食べたい。

2/1(木)
アブラバリ駅まで歩き、トビリシ・ホリイ・トリニティ・チャーチへ。
駅の裏は、街の景色が凄まじい。思わずカメラを向けたくなる。
小さな店が続き、丘の上までくると突然別世界。新しく美しい巨大な教会が出現する。

d0134361_22191925.jpg


何処から来る人々なのか、十字を切り門や絵に口吻し、何か唱えている。
興味をそそる物はなかった。貧しい通りの先に金ぴかの天国がある感じだ。

帰りはあちこち路地を入りながら写真を撮る。河へ下り、旧市街を歩く。
トルコ料理屋に入り、ラムシチュー、豆煮込み、プラオ、茶の昼食をとる。
久々の米に身体が喜ぶ。しばらく行くと先日ゲラ・カンデラキさんに会ったビルの前。

ロシア人伯母さん二人の古本屋でピロスマニ葉書やロシア人の画集プレゼントされる。

d0134361_22211453.jpg


布地屋に入り、石田がビーズ5本くらい買うと、客とレジ係が大声で「ヤポネリが
ベネチアン・ジュウェリーを全部買い占めた!」と大騒ぎ。いや笑った笑った。
ウエディングドレスの店が並ぶ通りがあったり、古着屋があったりと旧市街は面白い。

d0134361_22202245.jpg


メトロでは、俺たちが珍しいのか好奇の目で見つめられる。睨まれているようで怖い。
何度乗っても同じだった。目の前に居る人も無遠慮に見てくる。参ったねこれには。
あとになってバスに乗った時は全然そんな事がなかった。

本日、歩き疲れて7時頃帰る。今日もチーズやソーセージなど仕入れ、部屋飯。
[PR]
# by miminashibiwa | 2008-01-22 21:55 | ハチャプリ商会

琵琶樂人倶楽部(阿佐ヶ谷)〜新春お茶会コンサート(桶川)


1月18日、虎ノ門の石田琵琶店へ行き、琵琶の弦を買う。

阿佐ヶ谷へ。時間潰しをしていたら、隈本吉成さんに声をかけられる。何年振りか?
隈本さんは、以前名古屋CBC制作のTV「東芝日曜劇場」で共演した役者さんだ。
年賀状に、中国でパフォーマンスをやる事が書いてあったので、その件を聞く。
サックスを持って三人で行くらしい。いいな〜。今度一緒に何かやろうと盛り上がる。

名曲喫茶ヴィオロンへ。琵琶樂人倶楽部の例会へ初めて伺う。
古澤錦城さん、塩高和之さんの琵琶の演奏と解説を聞く。

二人ともいい音を出していた。うまいな〜。
5月に出演する予定なので、下見もかねて聞く。出ていないのに緊張してしまう。
会費1000円で贅沢な催しを開く二人には、頭が下がる。古澤さんとは初対面。
弟の古澤史水さん(2000年琵琶楽コンクール一位)が手伝いに来ていた。
帰りは皆さんと居酒屋へ行き、貴重なお話を沢山伺う。嗚呼、電車が無くなる!

1月20日(日)、大宮から高崎線に乗って桶川へ。
新春お茶会コンサートを聞きにギャラリー・ブラッドベリへ。

d0134361_19304840.jpg

去年の夏、ここの外で「耳なし芳一」を語らせてもらう。
そして今年四月には、グルジアのお茶会をさせてもらう予定になっている。

ライブでは、トルコやオランダのお菓子、いろんなお茶が出て、
何とものんびりほんわかゆるゆる。うた 川辺ゆか、アイリッシュブズーキ 赤澤淳。
いろんな国の歌が心地良く流れる。贅沢、贅沢と啜るお茶も三杯目。
ウズベキスタンのドタール、フィドル、三線も交え時が緩やかに流れてゆく。
[PR]
# by miminashibiwa | 2008-01-19 20:29 | 耳ざわり通信