琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

<   2016年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

歩いて歩いて伏木国分高岡歩き渋谷新宿四谷も過ぎてどこまで歩く

2016年4月24日(日)
今日も朝の散歩で、佐藤慶の「日本国憲法」全文の朗読をiPodで聞きながら海まで行く。
d0134361_1322613.jpg

15時からよへさで「日本国憲法」全文朗読をする。全文をコピーしたものが配られていて、みなさん珈琲を飲み、憲法を見ながら聞いている。私も半分過ぎたところで珈琲ブレイク。おわってのお喋りも楽し。昨日の「方丈記」に来た方もいて、その話しも聞く。原文も現代語訳も解説も読んでから来たら、景色が見えるように分かって面白かったようだ。
夜は、一度入りたいと思っていた高岡の居酒屋「陣太鼓」へ行く。利き酒セットを何度か試すうち閉店となり、お世話になっている隣りの焼肉「鉄木真(てむじん)」に顔を出す。今度店を改装するのだとか。ママは元気そうでひと安心。

4月25日(月)
お昼にパステル画の宮脇さんが昼ご飯を買って来てくれ、よへさで向さんと三人でいただく。お惣菜もおいしいものばかりだった。夕方宮脇さんのクルマで高岡駅まで乗せてもらう。新しくなった駅ビルに入った元立食いそば屋で、そばとうどんが半々に入るチャンポンを注文。何年ぶりかで食べる。

歩いて戻る。「方丈記」と「耳なし芳一」をさらうほどの距離だった。
この日も美味しい山菜をいっぱい食べながら赤や白ワインを飲み、遅くまで話す。

4月26日(火)
朝、獣や鳥や川魚や山菜などをとり、解体調理などするHASEGAWAさんが来て話しを聞いた。
なんだか宮澤賢治の「なめとこ山の熊」や坂本直行の「又吉物語」の世界とそっくりで驚いた。「なめとこ山の熊」の熊を捌くところの話しは本当だったんだと。
東京に帰る前に、高岡駅まで送ってくれた向さんと「らぁめん次元」で魚介黒醤油ラーメンを食べる。初めて食べたブラックラーメンは美味しかった。本当はもっと塩っぱいのだとか。

東京に帰り、夜9時半に渋谷ハチ公でながたまふさいと待ち合わせ。あのスーパースターのライブを見て来たと。お互い、渋谷の人の多さやエネルギーに驚く。ずいぶん久し振りで台湾料理の麗郷に行く。相変わらず混んでいるが、ここもエネルギーに満ちている。学生の頃食べた麺は食べなかったが、定番の腸詰めや蜆や焼きビーフンは押さえた。紹興酒を飲みながらなんやかやさまざま、美味しくご馳走になりました。別れてホームにいると、パンを渡すのを忘れていたと電話があり、また引き返しワインバーで一杯。終電逃し、今夜も途中から散歩した。毎日散歩の四日間終了。帰って米をとぎ、とぎ汁とよへさで貰った朝穫りの筍を圧力鍋に入れ火にかける。もう三時過ぎ。後は明日起きてから。おや、ソルト・ピーナッツから届いたチラシに「琵琶で語る『方丈記』」と書いてあるぞ。メールは返信なし、電話は出ないやで、琵琶持っていかないということが伝わっていない!ど、どうしよう?こりゃ寝るしかないか!
[PR]
by miminashibiwa | 2016-04-30 02:42 | 耳ざわり通信

獅子殺しまで

2016年4月23日(土)富山県高岡市伏木。
d0134361_23271481.jpg
この地に来ると、朝は国分の浜へ散歩。不思議な集団に出くわした。
d0134361_23361988.jpg
良い天気だ。
d0134361_2339314.jpg
帰り道で獅子舞をやっていた。

本日公演の「スペースよへさ」では、藍九谷の五嶋直子さんの個展が開かれている。そば猪口が気になった。庭のしだれ桜はほとんど葉桜になっていて残念。
夜は「方丈記」を語る。沢山の方に来ていただいた。耳なしでお世話になった人も、何人も。
今回は楽琵琶ではなく、初めてわたしの薩摩琵琶で語る。八百年前にはまだなかった琵琶だ。
楽琵琶演奏で聞きたい方は、6月10日の相模原南市民ホールか、6月30日の兵庫県立芸術文化センター阪急中ホールへお越し下さい。塩高和之さんが、秘曲も二曲弾きます。

打上げも終わり、夜の12時から近くの矢田神社で獅子殺しというものがあると聞き出掛ける。
d0134361_0192739.jpg
団長の家の前で最後の舞い。
d0134361_0214265.jpg
本火も出て、佳境に入っていく。子どもたちも眠気や疲れの出た身体をものともせず、激しい動きで頑張る。
d0134361_0254441.jpg
いよいよ矢田神社に移り、獅子殺しが始まる。ここでバッテリー切れで写真が撮れず、じっくり見ることが出来た。
日をまたぐ意味が分かるような気がする。疲れがピークに達し、それでも舞い続けることで神懸かりに、トランス状態になるように見える。もう動けないと思う身体から、なにかの力が湧き出で舞い続ける。獅子頭に入る人もどんどん変わり、子どもたちも足を小刻みに刻み跳ね、ふらつきながらも次々と出て来る。こんなに疲れることも、そうはないだろう。ちょっと羨ましいと思いながら、24日1時終了。2時間も獅子舞と共にいた。
[PR]
by miminashibiwa | 2016-04-30 00:51 | 耳ざわり通信

りょうごくにて

2016年4月2日(土)両国
「シアターX この人に聞く シリーズ 第1回」お話 永曽信夫‘‘新めて演劇を問う’’
d0134361_23571670.jpg
私が桐朋学園演劇科で習った、永曽信夫(えいそのぶお)先生。
今日は2時間半に渡って、話しを聞く。

思えば40数年前、演劇雑誌『悲劇喜劇』の「大学の演劇教育特集」で、永曽信夫先生の桐朋学園演劇科の記事を読み、他の学校とまるで違うハードな授業内容に触発されこの学校を受験した。
一番最初の授業の時に、整列して待っていた私達に言った「なぜ好きなところに、好きなようにいないの?」の言葉が、いまだに頭からはなれない。「この中で役者になれるのは二人か三人。あとは練習相手です」。後の言葉は聞いたかどうか定かではないが、その通りになっている。「一生懸命」「頑張る」「真面目」という言葉が嫌いで、これも今日話していた。

卒業してからも、俳優座劇場での桐朋学園短大の創立20周年記念公演の舞台「肥前風土記」(田中千禾夫 作)や、芸術監督をしていた富山県のオーバードホールで「アイ・アム・アリス」(別役実 作)に呼んでもらい、演出を受けたことも忘れがたい。40歳や50歳前後の節目のような時に声をかけてもらった。
今日は、「アイ・アム・アリス」で夫婦を演じた執行佐智子さん(1期)や、大橋芳枝さん(気付かなかった。会いたかった。「アイ・アム・アリス」「いのちの華」で共演)、奈木隆君(10期)や大先輩の演劇関係の方々が来ていた。ちなみに私は9期。

長い時間かけ、しょぼしょぼ読んでいた「ストレーレルは語る」ーミラノ・ピッコロ・テアトロからヨーロッパ劇場へー。1997年に亡くなったイタリアの演出家ジョルジュ・ストレーレルと演劇評論家ウーゴ・ロンファーニとの対論を、やっと最近読み終えたところ。なじみのないイタリア演劇の話しを二段組みの本で読んでいる自分は何なのかと思いつつも、演劇にかけた人生は興味深いものだった。
1921年生れのストレーレル、1930年生れの永曽さん。演出家のストレーレルと俳優教育の永曽さん。演劇に対する熱い想いはどちらも一緒か。
生きている永曽さんから、もっといろんな話しを聞きたくなった。
[PR]
by miminashibiwa | 2016-04-03 02:05 | 耳ざわり通信