琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

<   2016年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

しゅうさん

2016年1月28日(木)
両国のシアターXに、「TOC TOC」という芝居を観に行く。
なんと受付で、石澤秀二先生にばったり。桐朋学園演劇科の先生であり、青年座の演出家であった。昭和五年(1930)年生れというから、今年86歳になる。お元気そうで、ひと安心。
元青年座・桐朋学園演劇科出身の土師孝也さんが出演しているので、今日会うことが出来た。帰りは、駅のそばの喫茶店で話す。今まで、先生とふたりで長話をした事はなかったような気がする。
演劇科三年目の専攻科の試演会は、石澤秀二演出・別役実作「あーぶくたった、にいたった」だった。文学座アトリエで初演されたばかりの芝居だった。今日先生に確かめたら、舞台装置の電信柱を文学座から借りたのに間違いなかった。
同期のオショウの言葉だったか、「役は取るものだ。みんな演出家に電話をかけて取るんだ」というのに乗せられて、初めて先生に電話してやりたい役に立候補した。今日その話しをしたら、先生は覚えていなかったが、めでたく役がついた。その後そんな事をした覚えはない。多分?
その稽古で不思議なことが起こった。先生が来て立ち稽古になった時、目の前全面にダリの画が現われたのである。あのぐにゃりとしたような画ではなかった。その画を見ながら台詞を言い続けた。そのシーンは幕開きの、金屏風の前で花嫁花婿が話しているというところである。少し前に、西武美術館でダリ展を見ていたが、その画は記憶がなく、ふたたび見に行ってみたが目を引くような画ではなかった。もう一度起こらないかと、その画をイメージしながらやってみたが、何度かあったかなかったか。見ている人も、先生も当然そんな事は分らないのだが、面白い現象だった。土色の地面が描かれているような画だったと記憶している。

先生の奥さまは、劇作家の石澤富子さんである。「琵琶伝」という戯曲集が出ていて、以前から持っていた。「琵琶伝」は琵琶法師が出て来るので、1期生のマサフミさんから勧められた事もあるが、出演者も多く、劇団や演劇グループに所属していないわたしには無理な話と思っていた。何度か読みかけたことはあるが、読了したのか疑問であった。
今日は先生と、その「琵琶伝」の話しになった。本には未上演となっているが、観世寿夫さんの冥の会で、話しを短縮し出演者も少なくしてやった事があるという。
話しているうち先生は、戯曲を短くして琵琶の語り物にして、ひとりでやったらどうかと言われた。予想もしていなかったので驚くと同時に、なんと嬉しい(恐ろしい)事かと思った。手伝ってくれるとも言ってくれた。
帰って「琵琶伝」を読む。これは大変!やはり未読だったようだ。
唸っている。一度読んだだけでは、まったく手が出ない。調べる事も多そうだ。言葉はすばらしい。いい台詞がいっぱいある。凄い人だったのだな、石澤富子さんは。
今日芝居を観に行って良かったと、つくづく思った。土師さんに感謝。
しかし、またまた嬉しい悲鳴をあげることになった。
う〜ん。まず、寝よう。
[PR]
by miminashibiwa | 2016-01-29 02:22 | 耳ざわり通信

しゃんはい

2016年1月27日(埀)
再読となる堀田善衛「方丈記私記」はノートなど取りながら読んだのだが、やはり無類の面白さであった。一度目は何を読んでいたのだろうと思ってしまう。すぐまた読みたいとさえ思う。私の能力ではノートを取ろうとすると、ほとんど全部書き写さねばならぬようなことになってしまった。普段はそんなことをしようとすると、書いているはなから飽きてしまうのだが。
どこまでも知りたいことが増えて来るのが嬉しいような、困ったような。手を出さないようにしていた、西行や法然や親鸞や道元や日蓮も気になる。日蓮以外は、鴨長明の生きた時代と重なっている。読まなければならぬ時期が来たのか。
むかし親鸞の名の入った本を買った気がしたので探したら、本棚の奥の方から「親鸞 不知火よりのことづて」(吉本隆明・桶谷秀昭・石牟礼道子)というのが出て来た。もう一冊くらい何かあったような?さて、読むのか?

そう思いつつも堀田善衛への興味も尽きず、つい「上海にて」「堀田善衛 上海日記 滬上天下(こじょうてんか)一九四五」に手を出してしまった。「方丈記私記」を書くことにもなった、1945年3月10日の東京大空襲のあと、堀田はその月の末から上海へ行き1年9ヶ月を過ごす。何が書かれているのだろうか。武田泰淳の所に泊まったりしている。

私も1991年にTVのロケで1週間近くいた上海が気にかかる。戦時中の淡谷のり子の中国公演などを撮ったので、古いホテルの舞台や、ロケのために特別に走らせた満鉄の「あじあ号」(多分)でのロケもあり、鉄道ファンだった草薙幸二郎さんを当時おおいに羨ませたものだ。古い町並みもまだ残っており、上海で買った人民帽をかぶり、ひとりカメラ(コンタックス T)片手に散策したものだ。二眼レフカメラ、上海海鷗(シャンハイシーガル)を売っている店を探して、身振り手振りで2台買って帰ったのもいい思い出。確か薄い紙の箱に入り、雑貨みたいな感じで受け取った記憶がある。6月だったので梅雨と重なり、ひどい日はネットリした空気が肌にまとわりついて、スチーム風呂の中を歩いているような始末だった。街の匂いも忘れがたい。夕方になると着飾って街に出て来る人の群れも新鮮だった。竹で組んだ工事現場の足場、家の外にテーブルを出して家族で食事をする景色。ほとんど詰まっていた、ロケ用の便所専用バス。大きな肉の塊が入った、美味しかったロケ弁当の味。ホテルの朝食のお粥のおいしかったこと。中国人のスタッフは、食事に同席出来なかった事。キャメラを移動する車を動かすのが上手い人がいて、監督がどうしてもと、彼だけ自分のテーブルに呼んで食事を一緒にした事。照明の電球がしょっちゅう切れた事。日本人のスタッフが切れて、中国の人たちに申し訳ない事をした事。中国側のスタッフは、インスタント珈琲の大きなビンに茶っ葉を入れていて、近くの家でお湯を貰いそこに入れてもらい飲んでいた事。事情で、国賓待遇で入国となり、日本側と中国側の夕食の接待合戦となり、高級料理店に何度も言ったけれどあまり味が思い出せない事。市場で、その場で重さを聞き麺をのばし茹でてくれる牛肉スープのソバの味。冷やしていない泥のついたビールビン。それをピンクの、内側にいっぱい黒い傷のついたプラスチックのカップで飲んだ店の景色。多分、昼に和平飯店のステージでロケがあり、夜に出演者と「上海バンスキング」の時代から演奏していたような爺さんたちのライブを聴きに行った時、わたしが小道具のヴァイオリンケースを持っているのをバンマスが見つけて、ステージに上がってこいと手招きをされた事。仲間たちも出ろと冷やかすが、ヴァイオリン弾きのバンマスの役はやっていても、まったく弾けやしないので冷や汗をかいた事。
いつまでも脱線をするは、思い出すと切りがなくなるはで、本日終了。
[PR]
by miminashibiwa | 2016-01-28 02:27 | 耳ざわり通信

さいげつふたい

2016年1月25日(月)
今日のTVで、多分同じ年と思われる人の口から歳月不待という言葉を聞いた。知らなかった。時は、人の都合で待ってはくれない。誰だって人生をやり直せるものならやり直したいだろうが、そうはいかないんだとその人は言う。浅はかな私は、一瞬、やり直す人生がどんなものかと考えた。自分はどの時に戻って、何処に行きたいのだろうか、何処へ行けたのだろうかと。すぐ浮かんだのが、レストランや喫茶店でアルバイトをしている景色だった。あそこから何処へ行くのだろう。調理場に入りコックにでもなれというのか?そういえば、学生時代しばらく目白のアパートで一緒に暮らしたタチバナ君は、なぜあのまま料理人にならんのだとよく言っていたっけ。とても面白い仕事だと思ったが、今自分が料理人になっているとも思えない。では、どの時代のどのガールフレンドとどうなっていたら、今どうなのだと馬鹿な想像をしてみたが、これもやはり誰とどうなるともどうなりたいとも、とくに何も思い浮かばないのであった。いやいや、役者として何処でどうなっていたら、どうなのだ。どの仕事、どの芝居、どの振る舞いをやり直せたらどうなのだと考えるが、もう少し若いときは悩んだり悔やんだり恨んだり頼んだり願ったり謝ったり妬んだりなどなどしたが、今はそんなエネルギーは無くなってきた。こう言ってしまうと、ちょっと嘘があるか。身体的には、時がもう待ってくれないのもよく分かる。今のエネルギーで出来ることを、あまり怠けず誠実にやる意外なさそうだ。しかし、やり直す人生が思い浮かばない自分も、どうしたものかと思ってしまう。欲望の量が減っているようだ。これは、いけない。方丈記の鴨長明だって無常なんて言いながら、60にして恨みつらみ、居直り、開き直り、ふて腐れ、厭味を大っぴらに書いているではないか。
[PR]
by miminashibiwa | 2016-01-26 02:13 | 耳ざわり通信

琵琶で聴く 冬の怪談

2016年1月23日(土)
朝から相模大野へ行く。鴨長明の800年後の祥月命日である6月10日に、相模原南市民ホールで「方丈記」の公演をさせてもらうことが正式に決まった。楽琵琶・塩高和之、5弦ウッドベース・水野俊介、映像・ヒグマ春夫との共演である。館長の柏木さんと、スタッフの松本さんとの三人で打ち合わせる。13時半から、すぐ隣りの大野南公民館での『文化講座 朗読「方丈記」を読む』講師 栗原一郎さん(文学者)に出るつもりで予約までしていたが、前日に今夜のライブの稽古が出来なかったため涙を飲んで帰った。お二人は出席されたようなので、後で話しを聞かせてもらおう。

さて相模大野を後にして、霙のような雨の降る中を、今夜の「琵琶で聴く 冬の怪談」朗読の相棒である琵琶の塩高和之さんと稽古。細かいところまで詰めて、本番はライブ感を大切にしてやることにする。

「琵琶で聴く 冬の怪談」1月23日(土)19時30分開演 阿佐ヶ谷 名曲喫茶「ヴィオロン
[出演]  琵琶語り 青山藍子 / 琵琶語り 尼理愛子・尺八 吉岡龍之介・Per 金沢白文 / 琵琶 塩高和之・朗読 伊藤哲哉。
d0134361_1413434.jpg
だいぶ頭が光ってしまった。陰謀か?
d0134361_1282880.jpg
右で大きな琵琶を持っているのが塩高和之さん。

若い頃、グループ・テルケルで一緒に芝居をしたペペとレーモンが来てくれた。この夜は、琵琶の一人語り・トリオ・朗読と琵琶演奏という面白い組み合わせだった。本番は暖房を切ったため、最後に出た私と塩高君の時はだいぶ寒くなった。怪談話しで背中をぞ〜っとさせるより、寒気がお客さんを冷えさせてしまった。帰りは久し振りに、ぺぺ・レーモンと飲む。話が尽きなく、気付いたときは終電ぎりぎり。中央線は、終電要注意。
[PR]
by miminashibiwa | 2016-01-25 01:37 | 耳ざわり通信

かびん

2016年1月19日(課)
ブログの表紙が消えてしまった。どうなってんの?一日前にはあったが、消失!

北海道の猛吹雪は大変そうだ。東京も、昨日の雪のせいか寒くなった。
ジョルジョ・ストレーレルのインタビュー本「ストレーレルは語る」の序をやっと読み終え、対話を読めるようになった。イタリアの有名な演出家だったから、観た芝居は1979年のミラノ・ピッコロ座東京公演、ゴルドーニ作「ふたりの主人を一度に持つと」だけだ。その頃、日本でもコメディア・デラルテが流行っていた。ジャック・カロの画や、山口昌男の道化の本、田之倉稔の本などを漁っていた。ストレーレル著「人間の演劇」はずいぶん昔に購入したが、未読のままだ。
1981年のミラノスカラ座日本公演の時にエキストラで何本か出たが、ストレーレル演出の「シモン・ボッカネグラ」には出なかったような気がする。観てもいない。
本を演劇青年に戻ったような気持ちで読んでいる。「演劇を構成する表現、身振り、動作はすべて、人間の生活に役立つものでなければ、何の意味も価値も持たない」「演劇を現実からの逃避、単なる娯楽、ないしは営利行為と見る危険な傾向がある」「俳優とは詩的表現のための道具であり、それ以外の何ものでもない」「演劇人とは、空っぽの花瓶のようなもので、使われてはじめて真価を発揮するもの」「批判的な他者の存在」「演劇が社会に対して倫理的責任を負っている。演劇というものに対し、苦悩に満ちた宗教的感覚を持つこと」。最近は、こんな言葉を聞くこともなかなかなくなった。ゆっくり、少しずつ読み進めよう。まだ自分に掻き起こす埋み火が残っているか確かめつつ。
[PR]
by miminashibiwa | 2016-01-20 01:12 | 耳ざわり通信

ぺぺん

2016年1月18日(月)
東京では予報通りの雪が降り、テレビは電車のトラブルを伝えている。今日は、昼から銀座で打ち合せの予定だった。まず、長蛇の列で駅の改札に入れないという電話が入る。続いて、ホームにいるが電車に乗れないという電話が続く。三人目は、車が混んでのろのろ運転なので、いつ着くか分らないという。とても会議室を借りている時間に集まれそうもなく、今日の打ち合せは中止になる。
ペペから、今月23日(土)、阿佐ヶ谷の名曲喫茶ヴィオロンに「琵琶で聴く 冬の怪談」を聞きに行くと電話が入る。レーモンも一緒だという。
打ち合せがなくなったので、急遽、塩高さんと怪談の稽古をすることになった。阿佐ヶ谷へ行く。雪ではなくアーケードのタイルなどで一二度滑ったが、なんとか転ばずに到着。朗読に琵琶を付けてもらう。いろいろ試し、面白くなりそうとの手応えをつかむ。どんな注文も、あっという間に弾いてくれる。終了後ビールが出て、土曜日に向けて乾杯。予定は変わったが、怪談の稽古が出来て良かった一日。
[PR]
by miminashibiwa | 2016-01-19 01:55 | 耳ざわり通信

めめ

2016年1月16日(度)
新聞に函館の八幡坂(はちまんざか)の記事と写真が載っていて、ふと函館にいた同期生の事を思い出した。もう40年以上前になるが、桐朋学園の演劇科に入った年の冬、同期生のチコとハツコが入院していて、冬休みに北海道へ帰る前にハツコのお見舞いに行った。年末にチコが亡くなってしまったので、あの時チコのところにも行っておけば良かったと、いまだに後悔している。私は北海道の浦河に帰るわけだが、学年末に行われる試演会の台本の出来たのが遅く、先きに函館に帰っていたメメから台本を届けるように頼まれていた。まだ青函連絡船があった頃で、北海道に帰るには、飛行機か苫小牧行きのフェリーにでも乗らなければ、必ず函館で乗り換える事になっていた。当然、台本を渡してすぐ列車に乗るつもりであったが、メメに引き止められ彼女の家に連れて行かれた。御両親とお姉さんがいたか、それともお姉さんがいなくてその部屋に泊まったか、とにかく泊まる事になった。いい御両親だった。お父さんはシベリヤ帰りだといったから、演劇科の教授で「シベリア物語」を書いた長谷川四郎先生(函館出身)と同じだった。夕食後、市電かバスに乗り、坂を上ってトラピスト女子修道院に行った。今回調べて、トラピスト女子修道院というものはなく、トラピスチヌ修道院の記憶違いのようであった。その日は12月24日か25日で、雪がちらほら降っていた。女子修道院なので男子禁制だし、夜も遅く門が閉まっている。メメは、門の下をくぐって中に入るという。なんて奴だ!学校ではみんなメメに振り回されていたのでまたかと思ったが、ここまで来て引き返すのはしゃくなので、私も一緒に門の下をくぐって中に入った。あの頃は私もまだ、まるで青年のようだったから、難なく入れた。中は森然としていて、別世界のようだった。賛美歌だろうか歌が聞こえて来て、灯りのある、歌の聞こえる方まで行ってみた。人に会わない事を念じてしばらくうろうろしたが、何が起こるでもなく小さな冒険は終了した。雪の女子修道院で聞いた禁断の賛美歌、な〜んて、ロマンチックな物語として私の胸に残しておこう。ロマンチックな事はなかったが、そのメメも、もうこの世にはいない。葬儀に何人かで行ったのは、ちょうど今頃の時期だった。同期のミツエがお坊さんの奥さんになり、函館に住んでいて来てくれた。なんだかメメに書かされているような気がする今日のブログ。
[PR]
by miminashibiwa | 2016-01-17 02:34 | 耳ざわり通信

ぱーどれ

2016年1月15日(勤)
BSで、タビアーニ兄弟監督の「父 パードレ・パードローネ」をやっていたので観る。何度も映画館で観ているはずだが、これも「火の鳥」と一緒で、ところどころしか覚えていない。こんな映画だっけと、記憶力のなさを嘆くばかり。もちろん主演のオメロ・アントヌッティは、よく覚えているのだが。これも好きな「サンロレンツォの夜」(タビアーニ兄弟監督)もやるらしいので、楽しみだ。やっぱり覚えていないのかな?

キャンセル待ちをしていた、人形浄瑠璃「猿八座の新春猿八祭り」<電気幻燈×語り あやかしの夜>が急に観られる事になり、明日はART+EATギャラリーへいく事に。「耳なし芳一」をやると聞いていたので楽しみだ。そう思っていたら、自分の「耳なし芳一」公演が三ヵ所決まる。不思議な耳なし芳一 DAYとなった。
[PR]
by miminashibiwa | 2016-01-16 02:34 | 耳ざわり通信

れいめい

2016年1月14日(黙)
昨冬、映像作家のヒグマ春夫さんから打診されていた、「ヒグマ春夫のパラダイムシフトVol.75」に出る事が決まった。2月29日(月)京王線明大前駅そばのキッド・アイラック・アート・ホールでやります。映像とダンスと、そこに私が「方丈記」を語るコラボになるのかな?

夜、手塚治虫の「火の鳥 黎明編」を読む。昔読んだはずなのに、ところどころしか覚えていないものだ。改めて凄さを感じた。やっと手持ちの四冊を読了。しかし、急いで読んじゃいけない本だった。またそのうち読み返そう。今更ながら、手塚治虫おそるべし。
[PR]
by miminashibiwa | 2016-01-15 03:13 | 耳ざわり通信

あろぷり

2016年1月13日(衰)
先月受けた区民検診の結果を聞きにいく。おお、尿酸値が引っかかっただけで、全部セーフであった。尿酸値を下げる薬は、受診ひと月以上前から止めていたので、納得。仕方がないので、また飲む事に。通風予備軍である。通風は、そうとう痛いらしいからな。

病院の待合室で、週刊文春を読む。こんな時でもないと週刊誌を読まない。古館伊知郎降板の記事など読む。エッセイを読むのも楽しい。小林信彦さんが書いているのも嬉しい。20代の頃は「笑う男・道化の現代史」「日本の喜劇人」「世界の喜劇人」「東京のロビンソンクルーソー」「パパは神様じゃない」などを読んでいた。「マルクス兄弟のおかしな世界」は、翻訳をしていた。先に本を読んだものだから、映画を観るまではマルクス兄弟の面白さが分らなかった。最後に読んだのは「おかしな男 渥美清」や「黒澤明という時代」か。今週の週刊文春では、つかこうへいの事を書いている。

夕方、神楽坂を散歩しながら「方丈記」をさらう。
[PR]
by miminashibiwa | 2016-01-14 01:15 | 耳ざわり通信