琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

<   2013年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

チラシ配り〜写真展

9月27日(金)吉祥寺。
稽古に行く前に、ギャラリー遊の林さんに電話してチラシを置いてもらうことに。
久し振りの吉祥寺も駅の改装中で、なにがなにやら?
ギャラリー遊は28日に「音楽の部屋 第四回『クラシック未知との遭遇』」があるので、どうしても今日チラシを届けたかったのです。
お茶をいただきながら、一年半ぶりの会話につい時間を忘れ、急行電車一本逃してしまう。
これまた久し振りの井の頭線だが、眠くて目を閉じたまま渋谷へ。

舞台「銀河英雄伝説 第四章 前篇 激突前夜」の台本が届く。今日は読まずに寝ます。

9月28日(土)飯田橋。
おとといの朗読教室発表会の疲れが今日出たか、朝起きるのが辛かった。
朝寝坊してもまだ眠い。朝行きたい所があったが中止。
一人芝居の稽古を休みにして良かった。
自転車で飯田橋の「パペットハウス」へ行き、チラシを置かせてもらう。
チェーホフですかと、奥さんの美和子さん。そうです、チェーホフやるんです。
今年は人形が出ないのですかと聞かれ、今年は・・・とあやまる。
レイアウトが変わっていて、一回りして新しいパペットを見る。存在感ある人形多し。

歩いて新宿。
途中、見覚えのない珈琲屋があって入る。新しいはずだが古い店内。
ちょうど雨が降って来て、雨宿りになってしまった。気付いたら寝ている。
いや気付いたら起きてると言うべきか。何度も寝る。台本を手に寝る。
美少女が入って来たり、おじさんが何杯も珈琲を飲んでいたり、お店のママさんが昨日キャンセルした客を罵っていたりと、なかなか新宿している。だいぶはずれですが。

新宿駅構内のビア&カフェ BERGベルク「釜ヶ崎劇場」川上譲治 写真展を見る。
d0134361_0594686.jpg
9月30日までだったので、これもぎりぎり間に合った。
川上譲治さんは、ストリップ業界を30年余りに渡り改革した伝説の男。
d0134361_059887.jpg

生ビール片手に一巡し、席が空いたのでジャーマンワインセットを頼み、座って飲む。
もっと飲みたい所をぐっと我慢し、歩いて帰る。台詞を聞きながら。
[PR]
by miminashibiwa | 2013-09-29 01:30 | 耳ざわり通信

逗子〜恵比寿〜渋谷〜新横浜〜大倉山

9月21日(土)逗子、逗子文化プラザさざなみホールにて「耳なし芳一」。
快晴。朝、琵琶の稽古をして逗子へ向かう。
新逗子駅のそばに神社があり、今日の公演の成功を祈って柏手を打つ。
会議室で打ち合わせ。簡単にリハーサル。
6時、さざなみホールに入り椅子の位置を決め、入りと本番中の明りのレベル決める。
すぐ客入れ、小池清志先生による「平家と逗子そして六代御前」 の講演、続いて「耳なし芳一」。
満杯のお客さんだった。過去に逗葉稲門会主催で「耳なし芳一」「牡丹灯籠」を呼んでいただいている。二度目の「耳なし芳一」の方も多く、子安の里、仙台の法運寺でも観たというひともいた。ありがたい事である。
終わってワインパーティー。二次会は蕎麦屋で。また終電を乗り継いで何とか帰る。
もっと早く帰らねばと、肝に命じてはいるが・・・懲りない。

9月22日(日)恵比寿、エコー劇場。
出がけにレクラム舎の鈴木一功さんから電話をもらう。何年会っていないか・・・
一人芝居に琵琶をつけてほしいと言う話しだったが、出来ないのでお断りする。
以前同じ事務所にいたので、他の役者のことなど話す。みんな会っていない。

銀河英雄伝説の舞台で共演した天宮良さん出演の舞台「泡」を観る。エコー劇場初めて。
福島県いわき市小名浜のソープランドを舞台にした、震災発生から1年を描いた舞台。
いい話しだった。震災にまつわるサマザマなものが、笑いにくるまれて語られる。

ちょうど11月の舞台「銀河英雄伝説 第四章 前篇 激突前夜」の演出家ヨリコさんと大橋君が観に来ていて、終演後天宮良さんと四人で飲む。と言っても二人はこの後仕事で、アルコールフリーのビールを飲んでいた。今日も天宮さんは芝居を熱く語るな〜。天宮さんごちそうさまでした。

9月23日(月)渋谷。
クロネコヤマトに来てもらい、秋の一人芝居の案内をメール便で送る。
渋谷で秋の一人芝居の稽古。打ち合わせ。台風の日に来られなかった大江さんも来る。
来られないはずだった信田さんも来て、音を入れて稽古。
衣装も「煙草の害について」は、揃ったものは着てやる。イメージが出来て来た。
「煙草の害について」「白鳥の歌」それぞれ一回ずつ通す。

5時に新横浜のフジビューホテルで、朗読教室の生徒さんの会の司会進行と照明をする。

9月26日(火)大倉山記念館ホール。
3時、「昼さがりの朗読会」。YUKIの会 朗読・演劇教室発表会。
会場を作り、場当たりをし、個人稽古。みなさんメイクに着替え。
安曇野から来た泉澤さんに照明と受付を頼む。私も受付と司会進行。

3時を10分ほど遅れて開演。空模様は刻々と変わっているようだ。
真っ暗な中、三人の魔女の高笑いが響き渡る。笑っちゃう、お客さんも笑ってる。面白い!
お客さんにかけたりして、みんな楽しんでいる。思いっきりやっている。
一部は仏蘭西の詩、小説を覚え芝居のようにやるひと、怖く妖しい朗読。
二部は日本の詩、芝居仕立てにした小説、二人での語り、歌を芝居仕立てにしたもの。
三部は童話、私の読む加藤多一作「ホシコ 〜星をもつ馬」。
冷房で寒くなったお客さんから苦情が出たので、切っても20分くらいなら暑くならないだろうと思ったのが大間違い。私が「ホシコ」を読むうち、どんどん暑くなる。
会は全部で2時間半を越えてしまった。みなさんよく最後までお付き合い下さいました。
ありがとうございます。
発表会は、みなとてもよかった。予想外のよさに私自身が驚いた。
本当に度胸がいいと言うのか、本番に強い人達ばかりでビックリ!
お客さんからも好評で、演目も多様なので面白かったようだ。

楽屋で打上げと、前日誕生日だった泉澤さんを祝って終了。
d0134361_1432866.jpg

帰りの車に乗れなかった石川さんと泉澤さんで、渋すぎる「大倉山もつ肉店」へ。
d0134361_1464049.jpg

5〜6人しか座れない店に荷物をいっぱい持った三人が入り、9時の閉店まで飲む。
d0134361_1484088.jpg

へとへとに疲れていたのは私で、飲んでいるうちにようやく元気を取り戻した。
当然二軒目を探し、ゆっくり飲む。
いい一日だった。

9月27日(金)田奈。
一人芝居の稽古。
「煙草の害について」「白鳥の歌」2度ずつ通す。
やはり2度目が俄然よくなるらしい。自分もそう思う。
本番は時間がないので、通すことは出来ない。さあどうするか?どうなるか?
[PR]
by miminashibiwa | 2013-09-28 03:11 | 耳ざわり通信

9月21日は逗子で「耳なし芳一」、来て下さい

語り琵琶「耳なし芳一」公演のお報せ。
いよいよです、まだ考えている方是非お越し下さい。なかなか観られませんよ。

[日時] 9月21日(土)6時45分開演
   (6時20分開場)
[会場] 「逗子文化プラザ・さざなみホール」
[料金] ¥ 2,000
[問い合わせ] 逗葉稲門会事務局 
       ☎ 0467-23-7847(山本陽張)

主催:早稲田大学校友会 逗葉稲門会
後援:逗子市教育委員会・葉山町教育委員会
[PR]
by miminashibiwa | 2013-09-20 02:14 | 耳ざわり通信

台風だというのに

9月16日(月)青葉台。
大雨の音で目が覚める。台風はやって来た。
TVでは嵐山が水につかっているではないか。電車もいくつか止まっている。
今日は一人芝居の稽古日。演出家の住んでいる線は止まっているぞ。
会場が台風で閉館していればいやでも稽古は出来ないが、、、開いていた。
何だか子供じみたことをしている。稽古したくないのかお前は?
こういう日は行ったはいいが、電車が止まって帰れないということが往々にしてあるのだ。

やがて演出家の大江さんは来られないとのメールが入り、舞台監督の菊地さんとサウンドデザインの信田さんは来ると言う。もう行かないわけにはいかない。
台風のため急行はなけれど、13時到着。
プロデューサーの吉岡さんだけが到着していた。「煙草の害について」を稽古。
台詞がボロボロ。昨日二度ともすらすら出たのに、気が入らない。
途中で二人が到着。セッティングしてる間に一度目終了。
音が付いて二度目の通し。今度はすらすら出る。菊地さんは初めての参加。
観客が増えたせいで、さっきと出の芝居も変えて楽しく終了。現金なものだ。

続いて「白鳥の歌」
音が増えたり減ったり、変わったり。
出の所のタイミングを決める、音のタイミングを決める。演出家もいないのに。
しかしもう時間がない。なかなか全員集まれない。
気持ちの悪かった所を何度か返して本日終了。祭日のため、会場は5時終了。

外は台風一過の快晴ではないか。時は5時、まずいパターンだ。
以前から入りたかった居酒屋は準備中。店のひとは呼んでも出て来ない。
河岸を変えて飲む飲む飲むこと6時間!ああ、いつか来た道、いつか見た景色。
日本中、台風で大変な目に遭っているというのにお前達は・・・まったく!

で、帰りの電車が三軒茶屋の駅に着くと、菊地・信田に無理矢理降ろされ二軒目。
帰れないだろこの時間じゃ、というのも聞かず飲む飲む。
突然、菊地さん退場。おばちゃんの「閉店です」
さあそこから終電を乗り継いで何とか帰宅。ああ、酔ってる〜!

今年の一人芝居の稽古は飲むな〜。量と時間も半端じゃない。次から降参しよう、私は。
もちろん芝居について色々な話しをしているのですよ、念のため一応書いときますが。

チラシは、もう少し経ってからお送りします。
ご希望の方は、メールをいただけましたら・・・ itou-tetsuya@e-mail.jp
[PR]
by miminashibiwa | 2013-09-20 01:27 | 耳ざわり通信

「ガリバー・ウエハース」浦河公演写真展

伊藤哲哉 浦河応援団提供 写真展
d0134361_2452653.jpg
        本番前日の打ち合わせ稽古。マリオネットの台を用意してもらった。
d0134361_228415.jpg
      前夜、酒仙で一席設けていただいた。凄い御馳走!食べ切れなかった。
      左から太田さん、わたし、吉岡さん(横浜)、中田さん(横浜)、節ちゃん
d0134361_3245310.jpg
         左から太田さん、潤ちゃん、あい子さん、わたし
d0134361_2194993.jpg
        本番当日、受付に座った面々。全員並んで座ってたの?      
     左から潤ちゃん、あい子さん、里美さん(小樽)、節ちゃん、玲子さん(同級生)
d0134361_312339.jpg
            太田夫妻と。お世話になりました。
d0134361_2224927.jpg
            小学校5年生のときの担任、旧姓長谷部先生と
d0134361_2185589.jpg
          花束も旧姓長谷部先生
d0134361_2172294.jpg
        中学校で3年間担任だった橋本先生。泊まりがけで来てくれました。
d0134361_321547.jpg
           打上げ。酒仙。
         左から泉澤さん(安曇野)、吉岡さん、中田さん、太田さん
d0134361_31809.jpg
          左から同級生のトッコ、エージ、セーエツ
d0134361_214511.jpg
          わたしの右は美佳さん、エージの嫁さんです
d0134361_2112447.jpg
            終了!

ブログに載せる写真が限界に来ていますので、これから削除するものが出て来ると思います。
[PR]
by miminashibiwa | 2013-09-15 03:26 | ガリバーウエファース

ケンケンは忙しすぎて

9月13日(金)表参道。
秋の一人芝居の衣装を、ケンケンさんに頼んでいたのだが、彼女はその後めちゃくちゃ忙しくなって会うことも出来ない。
今日やっと、青山劇場での仕事のあとに会ってもらえることになった。
12月に閉店と言う葉書をくれた大坊珈琲店へ行くも、8時で閉店。閉まっていた。
大坊さんのことは、いずれ書くことになると思います。

原宿の中華に行ったが、満員で入れない。ここはまだやっているんだ!
近くのHUBで一杯やりながら、決定稿の台本とチラシを渡す。
以前渡した台本から考えていたデザインを聞き、こちらの要望を話す。
こちらのそろえる衣装、売っている店など聞き、彼女が作る衣装をはっきりさせる。
ふーん、それは面白い。芝居も変わりそうだな。作る時間ある?よろしく!
少しは帰って休みたかっただろうに、23時まで引き止めてしまった。申し訳なし。

台詞の稽古をしながら、歩いて帰る。明日も早いぞ・・・
[PR]
by miminashibiwa | 2013-09-15 01:10 | 耳ざわり通信

今夜は三軒茶屋の立ち飲みで

9月11日(水)三軒茶屋、世田谷パブリックシアター。
バーナード.ショー作「ジャンヌ」を観る。3時間10分。
観る前にかき揚げそばを食べるのは、三軒茶屋で芝居を観るときの定番。
笹本玲奈主演。
見応えのある芝居だった。近頃、これほどの台詞劇を観ていないな。

観終わって楽屋へ。
文学座の今村俊一さんを訪ねる。
いい役だった。俊ちゃんにぴったりの役だ。そうとう疲れるだろうなと感じた。
共演者の石田圭祐さんや中嶋しゅうさんはすでに帰ってしまって会えなかった。

俊ちゃんと一杯。すでに10時半。芝居は明日昼公演。30分くらい飲もうとなる。
俊ちゃんが、近くに立ち飲みがあるというのでついて行く。
おおこれはおととい信田さんが言っていた、渋谷の立ち飲み「富士屋本店」の出しているワインバーではないのか?三軒茶屋にあると言っていたぞ。
しかし渋谷の店とは雰囲気が大違い、本店も知っている俊ちゃんは懐疑的。
値段も渋谷というわけにはいかないが、料理はおいしくワインも安くて旨いのを一本。
芝居の話を聞き、感想を話す。羨ましいなと思う。お互い芝居を続けていることに乾杯。
店はやはり支店だった。またいつか、ゆっくり飲みたいと思う。
チェーホフのチラシを俊ちゃんに渡し、今夜も閉店まで。
[PR]
by miminashibiwa | 2013-09-13 00:58 | 耳ざわり通信

チェーホフ台本製作

9月10日(火)田奈。
製作の吉岡さんから稽古場が取れたと連絡があり、急きょ田奈へ。
演出の大江さんから台本の決定稿がメールで送られて来て、印刷製本をするという。
私の行ったときは原稿がプリントされ、表紙をどうしようかという時だった。
田奈に表紙用の色紙が見つからず、吉岡さんは隣り駅の青葉台へ。
その間に「煙草の害について」を稽古し、「白鳥の歌」をやっている時に帰って来る。
みどりの表紙になりました。ホチキス打ちを手伝い15部完成。ところが、一枚色紙が足りない。
ホチキスを打つ場所が内に食い込んだり、裏が白い台本が出来たりいろいろありました。
今日は二作品を二回ずつ稽古して終了。
私は本からコピーした原稿で覚えているので、新しい原稿を見て覚えることはありません。
台本のページや行が変わると分らなくなるので見ないのですが、家へ帰ってパラパラやっていると、私用の台本に同じページが二枚入っていました。裏表紙も二枚打ち付けられて。
駄目なものがみんな私の台本に集約されていたわけです。よかったよかった。
吉岡さんにメールし、お互いをなじったり笑ったりして本日終了。
これでスタッフに完成台本を届けられます。
[PR]
by miminashibiwa | 2013-09-12 01:47 | 耳ざわり通信

渋谷で音を合わせ、グラスを合わせ夜は更ける

9月9日(月)渋谷。
今日は渋谷区文化総合センター大和田の文化ホールで、サウンドデザインの信田さんと音合わせの稽古。ここは、一昨年「銀河英雄伝説 外伝 オーベルシュタイン篇」を公演した、さくらホールが入っている建物にある。信田さんとふたりの稽古は初めてだ。早速、近くのコンビニで鉢合わせ。1時から5時まで、信田さんが作って来た音と芝居を合わせてみる。なかなか思いが違って難しい。演出家が居ないので結論は出せないのだが、音をなるべく入れたくない私と、演出の大江さんから音をもっと付けるよう指示があり徹夜で音を作って来たサウンドデザイナーの信田さんとの闘いが静かに進む。「煙草の害について」を一度やって話し合い、「白鳥の歌」をやって話し合い、それぞれの考えを話す。こちらが分かっていなかった所も指摘される。大江さんが以前の稽古で撮った映像に音をつけてきているが、その時の芝居とはすっかり変わっているしテンポも全然違うので、音と合わなくなる。音の調整などしてもう一度「白鳥の歌」をやると、さっきと違うと信田さん。やってる方は同じにやることは考えていないし、二度やるとかなり変わる事は分かっていたが、信田さんには驚きだったようだ。どんどん稽古の度に変わるだろうし、本番もどうなるやら分らない。音を作る方にとっては厄介この上なし。ジャズのセッションのようにやりましょうかと信田さん。それもいいかも。まだまだどうなるか皆でやり合いましょう。こんな経験も初めてです。

終わってすぐ帰らないのがいけない。5時というのもまた。立ち飲み居酒屋の老舗「富士屋」の前で開くのを待つこと5分。お爺ちゃんもひとり並ぶ。いよいよ5時開店。地下へ降りる壁には芝居やコンサートのポスターがいっぱい貼ってある。まずカウンターの上に2千円置き、注文が来る度にそこから取ってもらう。30分もしないうちに店はいっぱいになる。今年亡くなった俳優大滝秀治さんも常連だったそうで、色紙が何枚も飾ってある。女性もけっこう居るのです。昔は親爺の聖地だったのだろうが、いまや女性同士でも来ている。そんな二人が隣りに居て、信田さんがチラシを渡す。おお、すっかりそんなことを忘れて飲んでいた。出演作など見て、行きますなどと言ってくれたが、来てね。私たち二人はアパレル関係に見えたとか。どう考えればいいのかな?私が役者だと分り、声がいいと言う話になり「愛している」と言ってくれというので、耳元で囁く。なんとその時、店の人から閉店ですと言われる。信田さんとふたり5時の口開けから11時の店仕舞いまで立ち続けのみ続けてしまった。おお、何たること!イギリスのパブなどで飲んでいる時、イギリス人はよくずっと立って飲めるもんだと思っていたが、私も出来るじゃない。信田さんとは、だいぶ芝居のこと仕事のこと酒のことなど諸々話し、10時間に及ぶセッション終了。よく呑むねしかし。
[PR]
by miminashibiwa | 2013-09-11 02:52 | 耳ざわり通信

稽古終了で土砂降り

9月8日(日)青葉台。
昼から秋の一人芝居の稽古。「煙草の害について」「白鳥の歌」
駅から歩いている時、少し雨が降って来たとは思っていた。
2回ずつ通す。台詞はもうだいたい入っている。

朗読教室の三人が稽古をするというので、最後の1時間を使ってもらう。
これが笑いをこらえるのが大変なくらい面白い。
先に集まって自主稽古をして来たようで、成果が充分出ていた。
先日の大倉山記念館ホールでの稽古では台詞が怪しかったのだが、今日はほとんど大丈夫。
あせって入れて来たのだろう。もう本番まで三人揃っての稽古を見ることは出来ない。
自主稽古で臨んでもらう。本番を見るのが楽しみだ。お勧めです、
是非今月26日3時に、大倉山記念館ホールに居て下さい。

外に出ると土砂降りの雨。こいつは困った。
会場からも追い出され、5人で玄関の屋根の下で恨み節。
少し雨あしが弱くなった時、大通りへ出てコンビニの軒先で雨宿り。
続いてバス停前のスーパーの軒を借りる。
台詞で竜巻や大雨、大風などを呼んで吠えまくっていた報いか?
やって来たバスに乗り込み、一路青葉台駅へ向かう。これがなかなか進まない。
ようやく着いて、電車が止まる危険性もあったが、駅ビルでスパゲティジェノベーゼ。
グラスワインを飲みながら、朗読教室発表会「昼さがりの朗読会」の事やこれから読みたいものの話を聞く。みなさんどんどん女優になっていく。恐るべし?
[PR]
by miminashibiwa | 2013-09-09 01:09 | 耳ざわり通信