琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

<   2013年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

自転車に乗って

1月25日は吉祥寺。駅が工事中でどこから出るのか分らない。
アーケードも久し振りに来ると様変わり。
学生時代(40年近く前)連れて行ってもらったラケルは渋谷だったかな?
連れて行ってくれたのは、オショウというあだ名の同級生。いま住職をしている。
お洒落な店として記憶に残っている。オムレツとパンとポテト。
近頃あちこちに見受けられるが、この日入りました。
可愛い制服のウエイトレスさんに目がくらみ、オムレツとハンバーグ注文。
いせやに入る元気なく、呑まずに帰る。新しくなってから一度も入っていないのです。

近頃ナイロビ帰りからもらった自転車で連日お散歩。
ここのところ夜が寒かった。ビル風が特に寒い。突風に飛ばされそうになる。
外出許可が出た友人と西新橋の珈琲屋へ。こんなところにこんな店があったっけ?
名前は失念。おいしい珈琲だったが、こんな小さな店で大丈夫かといらぬ心配。

友人にガリヴァー旅行記を読むよう勧める。芝居を一本書かないかと。
取りあえず中野好夫訳で。

帰り、青山辺に図書館があるはずと探すが見つからず、26日も探していたら地図に出ていた。
暗くなっていたので、しばらく近くをうろうろするが分らない。
なんと、ビルの3階に港区立赤坂図書館はあった。雑誌がけっこう揃っている。

青山墓地などにも入ったりして、久し振りの自転車生活は愉しいのです。

そろそろ私の稽古日がやってきます。
[PR]
by miminashibiwa | 2013-02-27 01:38 | 耳ざわり通信

守谷でもりとかけ

2月22日(金)茨城県守谷。
d0134361_0325292.jpg
ギャラリー・ガラティア。シシリア帰りの女性達と、インドのツアー会社代表ソハン・シンさん。

6月2日(日)に茨城県で「ガリバー・ウエハース」をやる会場を決めるため守谷へ。
12月に「耳なし芳一」を呼んでくれた有田さん達と、ギャラリー・ガラティアへ。
有田さん達は、イタリアのシシリア島ツアーから帰ったばかりだ。
さて、有田さんはどなたでしょう?(答えは一番下)
ギャラリー・ガラティアは面白い建物だった。地下が理髪店で、上がギャラリーになっている。

たまたまインドのツアー会社代表ソハン・シンさんが来ていた。
お店のご主人、染谷忠さんとは18年のおつきあいなのだという。
染谷さんは4-5年前に、私の「耳なし芳一」を観ていたことが分った。
耳の病を患っていたときで、話が身に沁みたのだと・・・
三つほど候補があったようだが、最初に来たここに決まる。

d0134361_0323128.jpg
              蕎麦カフェ かやの木
お昼は、蕎麦カフェ かやの木。
「耳なし芳一」を二度語ったところ。ここも「ガリバー・ウエハース」候補のひとつでした。
もりそばかけそば両方食べました。温かい蕎麦もおいしいんですよ。
採れたてのふきのとうの天ぷらを出していただきました。
香り苦みがとても良かった。帰りに庭でいくつも見つけました。春はたしかに来ているのです。


(答え 有田さんは、左から二人目)
[PR]
by miminashibiwa | 2013-02-23 01:42 | ガリバーウエファース

チリリン、チリリンとやって来るは

昨日は芝居の顔合わせと本読み。
久し振りの人、初めての人、ひとひとひと・・・

ナイロビ帰りの友人から、引っ越すので自転車もらってほしいと連絡あり。
もらう、もらう。

2月21日(木)八丁堀。桜川公園。
自転車がやって来た。黄色いお洒落なやつ。ヘルメットしろだって?
天気もよく、陽が照っている間は暖かい。お昼にしよう。

MTBが盗まれてどのくらい経つだろう。すっかりご無沙汰の自転車。

近くの築地でお昼。
場外は混んでいる。観光地みたい、いや観光地かここは!
しばらく来ないうちに寿司屋や海鮮丼の店がいっぱい出来ている。
鯨を食べる。カツ、胃袋、ハツ、立田揚げ、煮込み、カレー、全部鯨。美味しかったな。
もらった自転車で帰る。ありがとう、ナイロビ帰り。さようなら。

帰りに東銀座で知人のプロデューサーとお茶。
「ガリバー・ウエハース」どう?やらない?面白かったでしょ?
d0134361_0271515.jpg

久々の自転車は気持ちがよかった。稽古もこれで行く?
去年は何人か乗って来ていたな。
[PR]
by miminashibiwa | 2013-02-22 01:03 | 耳ざわり通信

久し振りのひとひと

2月17日(日)虎ノ門。
高校の同級生が二度目の入院。友達と待ち合わせて見舞いに行く。
待ち合わせた友達と会う方が久し振りで、なおかつ風体が変わっていたのに驚く。
元々痩せていたが、一段と細くなっていた。こちらは一段と太っている。
緊急入院している友を見舞うというより懐かしい話に花が咲いてしまい、あまり心配しているような事にならなかった。また今度ゆっくり行こうか。

神保町に向かって歩いていると電話が鳴る。
前日ケニアのナイロビから戻った知人が月島で呑んでいると言うので向かった。
正月明けから行っていたのは知っていたが、ここ何年も会っていなかった。
美人姪っ子二人が一緒に呑んでると誘い水?眉唾だろうと思ったら本当に美人だった。
案の定、奥さん側の姪っ子だったので納得したが、満腹になり途中で帰る。
月島と言えば、居酒屋の岸田屋ともんじゃの麦には昔よく通っていた。
今日の店は魚が安く、量も多くおいしかった。こんな店があったか。混むはずだ。
帰国してすぐによく呑むな〜と思うくらい知人は呑んでいた。昼間っからだと。
帰りは千鳥足になっているので、危なくて見ていられず、タクシーに押し込んだ。
軽く呑むつもりだったが、ケニア帰りは許してくれなかった。
暴飲暴食!嗚呼!旨かった。
しばらく静かにしていよう。ん?月曜は新宿で遅過ぎる新年会だったか。

*朝日新聞のプロメテウスの罠を読みながら魚の放射能汚染が気になる。
 魚も海藻も無しでは暮らせぬが、どうなっているのか、いくのか。
[PR]
by miminashibiwa | 2013-02-19 02:38 | 耳ざわり通信

六本木の寒い夜

寒かった。2月16日。
森美術館で「会田誠展:天才でごめんなさい」を美大の吉田先生と。
d0134361_274413.jpg

ときどき笑った。よくいろんな手法で、いろんな素材でパワフルに作るな〜!
18歳未満入場不可の部屋もありましたぞ。もちろん勇んで入りました。
19時過ぎていたが、こんな時間にお客さんが来るもんだ。
会田誠本人も出口近くにいて、そこでは何人かの人が作品を造っていた。
d0134361_28486.jpg

出てエスカレーターを降りると、この大提灯が天井からぶら下がっていた。

寒くて、目が疲れて、近くのTUTAYAに入っているSTARBUCKSでCoffee。
ただただ寒い夜であった。う〜寒っ!
[PR]
by miminashibiwa | 2013-02-17 02:42 | 耳ざわり通信

ピート・シーガーの記事が

2013年2月16日(土)朝日新聞朝刊、be songうたの旅人
今朝は、ボブ・ディラン「ライク・ア・ローリング・ストーン」の特集。

嬉しかったのは、最近すっかり情報が無くなっていたピート・シーガーの名前が載っていたこと。記者が自宅に電話して、ディランの話を聞こうとしたとある。93歳になっていたか。
弟のマイク・シーガーも数年前に亡くなり、どうしているのかと思っていた。
ニューヨーク州ダッチェスの自宅。
記者の電話に「彼(ボブ・ディラン)の後見役になったことは一度もない」
「ボブ・ディラン」と発しただけで、突き放されるような言葉が返って来た。
いまもわだかまりがあるかとの問いに「方向は全然違う。私はルーツミュージックに折々の時代性を盛り込み、建具職人(ジョイナー)のように歌をつくる。その意味では彼も同じだ」

米音楽界の大立物、プロデューサーのジョージ・ウィーン(87)
「金や名声には無頓着。あれほど人類愛にあふれた純粋な人間を知らない」
ニューヨーク州の自然に抱かれ、丸太小屋で暖房にくべる薪割りをしながら暮らしているらしい。ハドソン川の浄化運動を続けているようだが、これってずいぶん古い話じゃなかったか?

1965年7月、ニューポート・フォーク・フェスティバルで、ディランがバックバンドを従えエレキギターで「ライク・ア・ローリングストーン」を歌い、一悶着あった有名な出来事が書かれている。(興味のある方はお読み下さい)

訃報が多い昨今、ピートシーガーが元気そうな記事に喜んだ午後。
[PR]
by miminashibiwa | 2013-02-16 14:16 | 耳ざわり通信

ジスイズが閉店していたこと

う〜ん、知らなかった。
今年に入って、北海道釧路市のジャズ喫茶「ジスイズ」に電話をしていたのだが出ない。
今日かけると、この電話は現在使われておりませんとのアナウンス。
ネットで調べると、マスターの小林東さんが昨秋倒れ、店は昨年いっぱいで閉店していた。
先日大きな地震があったので心配していた。レコードも沢山あったはずと。

現在リハビリ中のようだが、マスターの早い回復を祈りたい。

今まで「耳なし芳一」を二度呼んでもらった。
一度目は2004年8月15日(日)ジスイズ店内での公演。
ジスイズで珈琲を飲み、ジャズを聞く。
向かいの栄町平和公園では、少し前まで「釧路市民戦災死没者慰霊式並びに平和祈念式」が行われていたという。
そのせいもあるのか独特の雰囲気、反応だった。見えないお客さんが来ていたのか?
たまたま訪れたパーカッションの奈良裕之さんが手伝ってくれ、琵琶と絡んでくれた。
打上げと、深夜に出る屋台のラーメン屋に食べに行ったのが愉しかった。
マスターは東京乾電池の「真夏の夜の夢」野外公演を手伝っていて、私もそれを観る為に何日か後に再び釧路を訪れた。寒い北海道の夏の夜の芝居だった。

二度目は2008年8月20日。「アートスペース百歳座」はジスイズの隣りにあった。
この日も強い反応を示す方が何人かいて、驚かされた。
マスターは本番中に驚いて飛び上がり、背中で会場の明りのスイッチを押してしまった。
終わった後、先日亡くなった友達が来ていたと話してくれた。
打上げでは秋刀魚を骨ごと全部食べ、何も残さなかったのにビックリ!

6月に北海道に行くが、釧路まで足を伸ばして小林東マスターに会いに行こうか。

少し元気になっていてくれればいいが。

* で、なぜかジャズ喫茶に行きたくなり、久し振りに四谷「イーグル」へ入る。
[PR]
by miminashibiwa | 2013-02-14 22:36 | 耳ざわり通信

岩淵達治先生

2月10日(日)の新聞訃報欄に岩淵達治先生の名前を見つけた。

岩淵達治先生は、桐朋学園演劇科の教授だった。
思い返しているのだが、授業風景が浮かばない。習っていないのだろうか?
そんなはずはない。ただの老化現象だろうな。危ない?

かつて、岡田英次さん主催のグループ・テルケルの公演を岩淵達治先生に頼み、
ウルフガング・バウアーの戯曲「チェインジ」の翻訳と演出をお願いした。
その頃私は目白の先生の自宅近くに住んでいたので、電話が来ると口述翻訳したテープを取りに行き原稿に起こしていた。初めてのことで失敗も多かったことを思い出す。
それを下北沢の劇団に持って行き、手分けしてガリ版原稿にして台本を作った。
この芝居は、岡田英次さんと最初で最後の共演だった。
稽古中の体操で怪我をしたり、私生活で大変なことが起こったり、出演者よりお客さんの少ない公演を初めて味わったりと、いろいろな出来事を思い出す。

以前は住まいが近かったこともあり、何度かばったり遭遇したものだ。

最後に会ったのは、岡田英次さんの奥さん「和田愛子さんを偲ぶ会」だったろう。
岡田英次さんの長男、映画字幕翻訳家岡田壮平さん夫妻に招かれた時に来ていて、岡田さんや和田さんの事、芝居や映画、若かりし日の話なども伺った。もの静かに見えていた先生が、熱く語っていた。茶化す奴がいて、照れながら答えていたのが懐かしい。'07年12月だった。

ドイツの一人芝居でも紹介してもらおうかと思ったこともあったのだが、、、。

今日、買ったままで開いていなかった岩波セミナーブックス44「《三文オペラ》を読む」岩淵達治著を喫茶店で読み始めた。もっと早く読めば良かった。面白い。 

合掌。サヨナラダケガジンセイダ。
[PR]
by miminashibiwa | 2013-02-12 01:51 | 耳ざわり通信

今日はあったか

2月4日(月)青葉台。
これから舞台「銀河英雄伝説 第三章 内乱」の稽古になって来るので、ガリバー・ウエハースの稽古は明日からしばらくお休み。

朝、茨城の有田さんより電話。6月2日(日)にガリバー・ウエハース公演決定。
ついては会場を再考したいということで、今月中旬に打ち合わせをすることに。

まだ会場を押さえることが出来ませんが、これで青葉台公演の日程が限定されて来ます。

フィリアホール フロントへ行くと朗読教室の中田さんもいて、6月の浦河公演を観に行きたいとのこと。馬が好きで、是非行った時に見たいのだそうです。
以前小樽の能楽堂まで朗読劇を観に来てくれたこともあり、今度は浦河へ来てくれます。

長野の友人も興味を持っているようで、何人か観に来てくれるかな?
いかがです、6月20日(木)貴方も浦河へ「ガリバー・ウエハース」を観に来ませんか?

YUKI プロデュースの吉岡さんと、カット出来る箇所を探り、今日は劇場でやるバージョンの稽古をしました。楽器も衣装も小道具も無し。
台詞は先日より入っています。4時間半ばかりして終了。暖かい日でした。
[PR]
by miminashibiwa | 2013-02-05 00:24 | ガリバーウエファース

MOKERA MOKERA

旭川のMOKERA MOKERAへ電話。
峰子さんが出た。
もう何年もご無沙汰。
「耳なし芳一」を2度やらせていただいた。
いまは喫茶店も休業中で、ライヴも年数回という。

近況など聞き、「ガリバー・ウエハース」の売り込み。
さてどうなるか?
ここ数年旭川へは日帰りで移動していたので、MOKERA MOKERAにも足を運ばなかった。
美味しいラーメン屋やカレー屋も紹介してもらったが、峰子さんの作る料理が好きだった。
今年はまた食べられるかな?

旭川のあの飲み屋、蕎麦屋、動物園、秀岳荘、こども冨貴堂なんぞに行ってみたい。
[PR]
by miminashibiwa | 2013-02-03 02:45 | ガリバーウエファース