琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

<   2012年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

チラシ2

ここ数日、チラシの原稿が齊藤瑞江さんから送られて来ました。
毎日チェックの日々。普段使わない頭の部分が過熱して、ショートしそうでした。
弱いアタマ。
YUKIプロデュースの吉岡さんに転送して、メールと電話でやり取り。
間違えてはいけないので、何度も原稿に目を通し、瑞江さんに修正してもらいましたが、さて大丈夫でしょうか?
昨夜、印刷所に入稿いたしました。上がりはどうなるか?
ブログに、いつ載せましょう?

浦賀観光協会が後援してくださることに。ありがとうございます。
ガリバーが観音崎から日本上陸をしたともいわれているので、浦賀観光協会では観音崎フェスタを催し、ガリバーのイベントも盛り込んでいます。

今日は稽古。暑かった。外の暑さは相当なものでした。

今日は、グルジアの珍しい楽器を触ってみました。いい音です。♬
[PR]
by miminashibiwa | 2012-08-27 00:51 | ガリバーウエファース

ろんどん

今月は、帝劇で「ラ・マンチャの男」、青山劇場で「ミス・サイゴン」のミュージカルを観せてもらいました。
20年以上前のロンドンで、松本幸四郎主演の「王様と私」だったのだろうか?(勝手に「ラ・マンチャの男」だと思っていたが)、と「ミス・サイゴン」が上演されていた。「ミス・サイゴン」には、一年後輩のナバが出ていたのではなかったか?一月半程ヨーロッパをぶらぶらしていた時で、観に行けばいいものを、芝居を観る気などさらさらなかったので惜しいことをしました。帰る間際になってあわてて観出したのですが、その時は「オペラ座の怪人」「レ・ミゼラブル」のミュージカル、ピンターの「帰郷」ともう一本、「三人姉妹」(バネッサ・レッドグレーブ、その妹、娘による三人姉妹)、「貴婦人故郷へ帰る」(こんな芝居がやりたいと思う程、演出演技がよかった)、前衛劇(雪で役者がそろわず後日上演)、台詞劇(何の話だか全然解らず)、「ボートの三人男」(私、引っ張り上げられて出演しました。ジョン王役。英語でマグナカルタ?読まされました。当人分ってない)、あと何本か観た気もするのだが・・・。記憶は混濁しています。

20数年あとに、その「ラ・マンチャの男」と、「ミス・サイゴン」を観ることが出来ました。
声の力・歌の力は凄い物だとあらためて思ったものです。

NHKで、「ラ・マンチャの男」1200回のドキュメンタリーもよかった。
始め少し見逃したので、再放送があれば是非見たい。

普段ミュージカルとは縁遠いので、贅沢な夏でした。
[PR]
by miminashibiwa | 2012-08-27 00:11 | 耳ざわり通信

ひつじひつじ

8月18日、銀座。
三馬鹿トリオ集結、。役者の佐々木さん、今村さんと飲む。
1月以来の顔合わせ。すっかり会わなくなってしまった。
今日はジンギスカン食べ放題、飲み放題5千円。

ジンギスカンは、北海道育ちの私としては大好きなはずだったのですが、
いまや北海道へ行ってもほとんど食べる事がない。羊肉は食べるのですが。

港町育ちの子供は、肉が食いたかった。羊は思いっきり食っても安かった。
みんなが嫌うマトンの匂いも、私は食欲をそそられるのです。

今日はあまり好きではない、肉が味付けされているジンギスカンの食べ放題。
はじめて食べたときは感激したのですが、今や甘くて駄目。お腹一杯になるしね。
そうはいうものの、よ〜く食べました。
辛いものと会わせたり、甘みを流す赤ワインを飲んだり。
よく考えると、今回はラムだけ。マトンなし。マトンの方がおいしい事もあるのですよ。

前日呑み過ぎでダウンしていたという今村さんと沢山食べました。
ご飯にうどんまで食っちまった。夏バテで痩せてきたのにもったいない。
以前なら人一倍、いや三倍以上食っていた佐々木さんが、イマイチ進まない。
肉はおいしいと言うのですが、食べる量、飲む量ががた落ち。夏バテ?

ビールにワインで、よく呑みよく食い、よく喋り解散。
遠方の佐々木さんを見送り、もうひと飲み。ガード下のビアホールでピッチャーひとつ。
閉店間近であわてて飲んで、喋り足りなくてその辺一回り。やっぱり馬鹿だ。

今度は、肉に味のついていないジンギスカンを食べたい。油で口をべとべとにして。
ほんとは、しばらくいらない。朝起きたら、羊になっちまってた。
[PR]
by miminashibiwa | 2012-08-22 02:18 | 耳ざわり通信

チラシ1

21日。
「ガリバー・ウエファース」チラシの第一稿が、齊藤瑞江さんから送られて来る。
とは言っても、昨日の晩からメールの送受信が出来ない?
今朝も駄目。夕方、送信だけ出来たが受信出来ず。えらい事になった。
検索して読んでもよく分からないのがこの頭。電脳とは無縁です。
幸わいiPhoneに届いたので、それをYUKIプロデュース吉岡さんとよこすか未来塾に送る。

これが、予想していたのとはまったく違っていいんです。(何を予想したかって?)
カッコいいというか、お洒落と言うか、きれいというか、、、。いいもの出来ました!

夜中にやっとメール受信が出来るようになり、吉岡さんと文字チェック。
齊藤瑞江さん、今頃はチラシの裏を作っているのでしょうか、寝たかな?

昨日の稽古のチェックが入りましたが、ほとんど何も出来ない一日。


この秋、あの脳天気な奴が帰って来る!
300年の時を越え、ガリヴァーが東京にやってくる。 


あっとビックリ! 
ガリバーが文化庁芸術祭
大衆芸能部門参加作品
になっちゃったぞ!! 



      「ガリバー・ウエハース」

d0134361_28502.jpg                        [日時] 10月25日(木)
    16時、19時
[会場] プーク人形劇場
    新宿南口
[出演] 伊藤哲哉
[料金] (前売) 2千5百円
    (当日) 3千円 

後援 アイルランド大使館   よこすか未来塾
[PR]
by miminashibiwa | 2012-08-22 01:38 | ガリバーウエファース

後援

20日。
「ガリバー旅行記」の著者スイフトの生まれ故郷、
「耳なし芳一」の著者ラフカディオ・ハーンの育った所、アイルランド。
二人とも、私にとっては縁の深い作家です。

この度、アイルランド大使館が「ガリバー・ウエハース」の後援についてくれる事になりました。
ありがとうございます。なんだか不思議な日々です。

稽古もぼちぼち始めました。チラシの為の何やらがあり、どうも間抜けな自分がいるのが困りもの。どうしても何かが抜けてしまうのです。子供のころは、用事は三つ一度に出来ませんでした。二つが限度です。年取った今も何も変わらない事を発見し、愕然とする日々。嗚呼!

今回も、よこすか未来塾が後援に。ガリバー日本上陸地はザモスキ。
手書きの英文だと観音崎に読めるのだそうです。
毎年、ガリバーのお祭を催しています。
長いおつきあいになりました。
[PR]
by miminashibiwa | 2012-08-21 01:50 | ガリバーウエファース

チラシ撮影

16日、田奈。
YUKIプロデュース吉岡さんと打ち合わせ。
翌日撮影がある、チラシやパンフレットに載せる記事の確認、予算。
話の展開、台本の直しの進行具合などなど、、、
一度最後まで読んでみる。いろいろ分った。うまく流れない所が。

17日、桶川。
目覚ましよりだいぶ早く、宣伝美術の齊藤瑞江さんからメール。
昼過ぎ、桶川ギャラリーブラッドベリ到着。こっちはやっぱり暑い。2〜3度違う。
ブラッドベリは「耳なし芳一」「グルジア ミラクル ディ」などやらせていただきました。
今日ギャラリーはお休み、冷房でヒ〜ンやり。嬉しいですね。
一息ついてチラシの打ち合わせ。衣装に着替えての撮影。瑞江さんが撮ります。
笑い過ぎじゃない?そんなに面白い? どんなチラシになるのかな?
気合い入ってましたね。こっちもつい乗せられちゃったじゃないですか!

3時終了。帰りの電車で爆睡。パペットを電車の吊り革にかけ寝てました。
[PR]
by miminashibiwa | 2012-08-17 22:25 | ガリバーウエファース

ガリバー打ち合わせ青葉台

青葉台。YUKIプロデュースの吉岡さんと打ち合わせ。

お盆で、電車はが〜らがら。

毎回、公演する場所によって台本の手直しが必要になるのだが、
今日は吉岡さんと4時間程話し、なんと最後には思いもよらぬ展開に。
そう来たか。青葉台まで行った甲斐があったという一日。
頭は過熱し火を噴きそう。普段使ってないもんな〜。

やはり3年という時が流れ、時代も変わっているのですね〜。
変わらないのは私の脳みそ。古いまんま発酵を続けています。
熟成したか腐ったか、その判定は劇場で!

しかし私には地獄のような書き直しと、稽古の日々が待っている。
なんと有り難い事、あまりの暑さで目から汗が吹き出しちゃう。
おまけに冷や汗、油汗。おーい、ビールもう一杯!
[PR]
by miminashibiwa | 2012-08-14 00:54 | ガリバーウエファース

パペット到着。

8月8日、青葉台でYUKIプロデュースの吉岡さんから、パペットを受け取る。
チェコのトマス シュトルバの作品です。この作家の作品はいい顔をしています。
「ガリヴァー・ウエファース」の主役はこの人かも?
09年が最後の公演(松本「憩の森」)だったので、ウチに来たのは3年振りか。
先日、飯田橋のパペットハウスで切れた糸を直してもらうときに会ってはいたのだが、手にするのは久し振り。さあ、うまく動いてくれるかな?

面白いことに、吉岡家にいる間にすっかり柔和な優しい顔になってしまった。
チェコの人形なのに、顔が日本人みたいになる不思議。可愛がってもらったのだな。
10月25日までには、我が家でガリバーらしい顔になっているでしょう。
(お前にも苦労させるな〜、すまないが頑張ってくれよ!)

「パペットハウス」は、こんな不思議な世界があるのかとビックリするお店です。
飯田橋でちょっと迷子になりながら、パペットハウスを探して下さい。
夢の魔宮へ、マリオネットの世界へ、アンダーワールド(二階ですが)へ、お越し下さい。
素敵なご夫妻が待っています。ちょっと人形を動かしてもらって下さい。嬉しくなります。
[PR]
by miminashibiwa | 2012-08-10 02:09 | ガリバーウエファース

ミーティングは、工事中!?

急にガリバーが慌ただしくなって来ました。
7日(火)表参道スパイラルホールのカフェで打ち合わせ。
昔あんなに?通った表参道ですが、最近どの改札から出たらいいのやら分かりません。
この日もまた駅構内をうろうろして、ようやくスパイラルホールへ。
これがなんと、工事中で全館お休み。入れません。外は暑かったな〜。

プロデューサーは前日から欠席が伝えられ、構成作家の稲田和浩さんと宣伝美術の齊藤瑞江さんの三人で近くのイタリアンへ。ランチスパゲティを食べながら何時間喋ったことか。

チラシには、芸術祭シンボルマークと「平成24年度(第67回)文化庁芸術祭参加公演」の文字を入れなければなりません。
齊藤瑞江さんはかつて「ガリヴァー・ウエファース」公演のチラシを作ってくれています。
前回までは「ガリヴァー・ウエファース」、今回は「ガリバー・ウエハース」。
ちょっと違います。中身も毎回ちょっとずつ違います。

話しているうち、瑞江女史が「何となくイメージが浮かんだ」と頼もしいお言葉。
そして夏休み中の、桶川「ギャラリー ブラッドベリ」で来週撮影することに決まりました。

この日は、齊藤瑞江さんと新宿のプーク人形劇場へ行き解散。

     さてどんなチラシが出来ますか、乞うご期待!
[PR]
by miminashibiwa | 2012-08-09 01:55 | ガリバーウエファース

「ガリバー・ウエハース」芸術祭参加作品に!

久し振りに、「ガリヴァー・ウエファース」の項目に投稿しました。
何でもかんでも「耳ざわり通信」に投稿していましたが、
ガリヴァー・ウエファースをのぞいて下さい。

「ガリバー・ウエハース」文化庁芸術祭、大衆芸能部門参加決定!
10月25日(木)16時、19時開演。新宿プーク人形劇場にて!


* ブログに「ガリヴァー・ウエファース」と「ガリバー・ウエハース」のふたつの記述がありますが、これはスウィフト(ガリヴァー旅行記の著者)研究家信州大学教授清水明先生の指導があり、長らく英語の表記に近い「ガリヴァー・ウエファース」で通して来ましたが、今回一部携帯電話などでヴァやファに変換出来ない機種があることが分かり、検索に若干の支障ありとの意見も聞かれた為「ガリバー・ウエハース」で公演することになりました。以前の公演が「ガリヴァー・ウエファース」の為、混乱される方もいらっしゃるでしょうが、両方の表記をさせていただきます。
[PR]
by miminashibiwa | 2012-08-04 21:03 | 耳ざわり通信