琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

時間は前後しますが、、、。


6月19日のブログの後に、6月9日のブログが来てしまいました。いい加減なもんです。

6月9日(火)、札幌へ。
「昨日までの雨は何だったんだ!」と、叫びたくなるほどの晴天。
前夜、「おたる遊幻夜会」打ち上げでお会いした松月堂の社長さんから、
ホテルに生どら焼きの差し入れがあった。
結局これは他人の口に入り、「美味しい」の言葉だけが届いた。夏には食べるぞ!
ホテルからは、前日の記者会見が全道版に載った新聞「道新」をいただいた。

知り合いの店「なまらや」は、この日のランチもお休みで、会えずじまい。
舞台監督の新見真琴さんと小樽散歩。お寿司は美味しかった。

ボロボロに疲れている身体をバスに乗せ、一路札幌をめざす。
寝過ごして札幌駅に辿り着く。KAMEと一杯。「いや、やせたな。」と、KAME。
早々に引き上げ、今日の宿「やぎや」に電話すると、円山で呑んでるという。
ピザ屋?に入ると、ONちゃんが「痩せたね〜」「小ちゃくなったわ」「迫力ない」
「普通の人になっちゃった」と、笑いながら言う。
しばらくして「え〜?、いとうさ〜ん!」と駆け寄る女性?
カメラマンの中島博美さんが、御主人の石川さんと食事中。
な、何でこんなとこで、と再会を喜び松月堂の生どら焼き差し出す。

10日(水)。
「やぎや」から山を下り、台詞の練習しながら歩いていると、目の前に止まる車。
昨日会ったばかりの石川さんと中島さんが降りて来た。「え〜、なんで〜?」と。
全く面白いものである。8月の「おたる遊幻夜会」での再会を約し別れる。

焼肉屋「ソルトピーナッツ」が再出発したので、新店舗を探す。
狸小路、ホテル レオパレスの隣り、一階にあります。是非どうぞ!
金野さんは元気に店に居た。「ちょっと痩せたんじゃない?」と。
狸小路の店の時は、札幌で芝居をやる度お世話になり、「耳なし芳一」公演も。
桑園に移ってからも、「耳なし芳一」を二度もやってくださり、
今度の店でもという話になっていた。
8月の小樽の翌々日だが、今回の稽古でほとんど不可能と分り中止にしてもらう。
むかしの味に戻りつつある金印ラーメンをすする。ここのラーメンが好きだった!
3年物?のビールいただく。こってりして何とも言えぬ旨さがあった。残しといて!
「やぎや」は、オコッペでチーズを作るTSUTSUMIDAさんが来て、今日も外メシ。

11日(木)、旭川。
札幌駅でKAMEと昼飯、スパゲティ。
バスで旭川。親戚の無事な顔を確かめ、大浴場へ。疲れよ飛んでけ!
[PR]
by miminashibiwa | 2009-06-24 20:41 | 耳ざわり通信

おむすびの会におむすびが出ない。


6月19日(金)、茨城県常陸大宮駅。
昨夜遅くまで、道に転がったり走ったりしていて、疲れが出ている。
道路にひっくり返って狭い空を見た。酔っぱらってもこんな事はしたことがないな。
地面に触れて、背中の疲れがよく分った。気持ちのいいものだ。

水戸から水郡線で常陸大宮駅。おむすびの会の菊蓮寺の奥様が迎えにきてくれた。
20日に「耳なし芳一」をやる、サンリバーホールへ下見に行き、そのままリハーサル。
1200年前に出来た菊蓮寺に立ち寄り、
平安時代の不動明王や鎌倉時代の千手観音を拝ませていただく。
鶯が賑やかに歓迎の歌を聴かせてくれた。

四季の湯宿「梅屋山荘」へ宿泊。何と、この日は貸し切り。私一人で貸し切り。
男湯も女湯も、両方楽しませていただきました。お肌つるつる。
食事も、噂どうり美味しくいただきました。

20日(土)茨城県常陸太田市交流センターふじ サンリバーホール。

d0134361_21473344.jpg
           おむすびの会のみなさん。パワフルです。        

今日は400人のお客さまが観に来てくれました。これは記録を塗り替えました。
300人のお客さまは二度ほどありましたが、100人も越えてしまいました。
暖かい拍手ありがとうございました。

おむすびの会の皆さまのパワーに負け、疲労困ぱいで水戸まで昏睡してしまいました。
寝ている間に誘いの電話があり、水戸で下車、スタッフ3人と「じろ銀」で一杯。
打ち上げは嬉しいものです。マスターもいろいろ料理を出してくれました。
あっという間に帰る時間が来てしまい、マスターからおむすびをいただきお別れに。
このおむすびがまた美味しかったのです。「じろ銀」のおむすびは最高。勿論 料理も!
ありがとうございました。また行きます。水戸へ行ったら、是非「じろ銀」へ!
[PR]
by miminashibiwa | 2009-06-22 23:02 | 耳ざわり通信

「遠き橋懸り」その15。

d0134361_19295761.jpg

6月6日(土)、北海道小樽。
二ヶ月前に購入した、スカイマークの安チケットで羽田を出発。
演出家、十島英明、新見真琴両氏といよいよ小樽への旅が始まった。
千歳空港には、作家 蜂谷涼氏自らお迎えにきてくれ、一路小樽へ。
これから三日、オーセントホテル小樽に宿泊。

d0134361_2129292.jpg

       オーセントホテルに貼ってあったポスターの前で。

夕食は、蜂谷さんの案内で「伊勢鮨」さんへ。
お寿司が出る前に、美味しいお料理が延々と続き、
美味しい日本酒が唎酒師の女将の見立てで延々と続く。
思わず「こりゃまずい」と呟いてしまった。
こんなに美味しいものが出ると、私は止まらなくなるなるのは目に見えている。
東京から来た我ら三人は、大満足!ご馳走さまでした!

案の定、気がつくとホテルのベッドの上で服を着たまま眠っていた。
あの後、二軒行ったのは覚えているが、最後の店は途中から覚えていない。
それでも、目覚ましは三つかけていたのは習慣のなせるワザ?

6月7日(日)小樽市能楽堂。
二日酔いを隠し(たつもり)、能楽堂へ。

d0134361_21292082.jpg

今日は演奏者の衣装合わせの為、蜂谷さんのお母様や友人達が着付けの手伝いに。

d0134361_2122206.jpg

後列左から、ファゴット坂口聡、オーボエ宮城完爾、フルート高橋聖純、クラリネット三瓶佳紀。前列左から、演出 十島英明、遊幻夜会実行委員長 井上一郎、私

皆が着付けをしてる間に、十島さんと能舞台を見に行く。思ったより大きな舞台だった。
去年「耳なし芳一」で二度舞台を踏んだとはいえ、すっかり忘れている。
住吉神社でお祓い。
d0134361_21214031.jpg

       車から降りた蜂谷さんが、ハイヒールが壊れたと、くらい顔。

待ち時間にお弁当を食べることになり、控え室で弁当を開くと、
クラリネットの三瓶さん?だったと思うが、ご飯が入っていない!

d0134361_2122065.jpg

おかずだけ、いや、ご飯粒がふたつ見える?????????

やっぱりこれって、祟られてるの?

無事お祓いを済ませ、続いて能楽堂でのお祓い。

雨、う〜寒い。15〜17度?外ですからね!
浅野さんが作曲してきた曲を聴きながら、前後の台詞とあわせて行く。
演奏家の人達は札幌交響楽団のメンバーで、北海道に暮らしているにもかかわらず
薄着の人が多く、寒さに震えている。
野外の能楽堂で夜まで稽古を続けたので、相当疲れたはずだ。
音合わせをしながら、一応全編の芝居を観てもらい、最後まで通した。
全く予想だにせぬことだった(お酒のせいか緊張のせいか、台詞は怪しかったが)。
能舞台のため、照明の容量が少なく凝った明りが創れないことが分ったので、
照明器具を吊る時間が不必要になり、稽古の時間がたっぷり取れた。
私は動いているので体は暖かいのだが、頭や足の裏が冷えて困った。
蜂谷さんはホカロン?を用意してくれ、皆さん足の裏や背中に貼って稽古する。

d0134361_2123629.jpg

       「おたる遊幻夜会」実行委員会提供

稽古が終ってホテルに戻り、十島さん、新見さんと街に繰り出す。
明日5時起きだし、寝た方がいいに決まっているが、興奮を鎮めなければならない。
ところが今日は日曜日、それも10時を回るところ。
知り合いのお店「なまらや」に電話するも、留守電になっている。
仕方なく外に出るが真っ暗。東京にある店には入りたくない。
元気のいい20代のマコチャン(新見さん)に引きずられ運河の方を一巡り。
結局入る店がなく、新しそうな飲みや小路のようなところの一軒に入り、やっと一杯。
店を出たら、ホテルのすぐ前だった。なーんだ!

6月8日(月)HBCラジオ。
体が昨日の稽古で興奮していて、ほとんど眠れなかった。芝居の時はよくあることだが、
今朝は5時過ぎに起きネバならぬ、札幌のTV局HBCに行かねばならぬ。
6時半に蜂谷さんの車ですっ飛ばし、HBCラジオ「朝刊さくらい」に出演。
間を置いて蜂谷さんと二度出演。
おたる遊幻夜会「遠き橋懸り」の宣伝をさせてもらいました。招待券も出しましたよ。
池田町のムーンフェースから、「声が小さい!」と、お叱りのメールが。いとこからも。
小樽に戻って記者会見。初めてだなこれは。他の人の話が面白かった。
29日uhb北海道文化放送「トークDE北海道」朝9時54分〜11時25分に、一部流れます。

d0134361_215359.jpg

       「おたる遊幻夜会」実行委員会提供

寝不足のためホテルで一眠り。こんな時に限って仕事の電話。寝かせてくれ〜!
戻って稽古。指揮者の浅野さんが来るまでマコチャンが指揮。
TVカメラが入るので全員衣装のままで、演奏者は寒かっただろうな。
音楽との場当たりが済み、体は冷えているし寝不足で頭は働かないし、
喉も冷えで危なくなってきた。TVクルーも帰った。
さあどうするかと思ったが、「さあ通すぞ」と演出の声。やりますよ、やります。
その為に来たんですからね。
1幕は、するするとほとんど引っ掛かりなく通ってしまった。2幕はやらず、稽古終了。

d0134361_2174847.jpg

       「おたる遊幻夜会」実行委員会提供

キャスト、スタッフ、おたる遊幻夜会実行委員会の方々と打ち上げだ!
皆様お疲れさまでした!
素晴らしい稽古が出来ました。8月の本番にむけて、いっそう稽古に励みます!
又、おいしいお酒を飲みましょう。

これを読まれたあなた、是非小樽まで来て、ご覧になってください!

 
[PR]
by miminashibiwa | 2009-06-16 22:36 | 遠き橋懸り