琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

<   2008年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

野毛大道芸にて『ガリヴァー・ウエファース』チラシを配布


4/26(土)9時半。JR桜木町駅。

はやく着いたので立食いそば屋で時間つぶし。本日かき揚げそば。
時間となり、野毛大道芸の駅前拠点へ。スタッフが集まり緊張感が漂う。
先日『ガリヴァー・ウエファース』打ち合わせでにぎわい座へ行った帰り、
駅前で野毛大道芸の写真展などやっていた。
わが吉岡プロデューサーは、早速チラシを撒かせてもらう交渉をし、
翌日許可が出た。今日は、私が六百枚持参。HATAKEYAMAさんにお願いする。
快く預かってもらう。

d0134361_1925236.jpg


野毛の街は準備の真っ最中。普段食べないモーニングを食べながら演目と順番選び。
窓外を見ていると、何となくお年寄り含有率が高い街のようだ。

d0134361_19244351.jpg


中国雑技団は、凄かった。変面(どんどん顔のお面を変えていく)の人は、次の面が見えて拍手が消えてしまう場面があったのは可哀想。
アクロバットの技に、隣のおばさん大興奮。ウ〜ン!ア〜、ア〜!と大声で反応する。
やる方も観る方も嬉しくなる。

d0134361_1925319.jpg


何処の会場も面白い。

あちこち観ながら、店の前に出ている屋台でトリハイ(トリスウィスキーのハイボール)。好きなだけ酒を入れてもらい、ウィルキンソンのソーダー一本もらい、カントリーチキン(鳥の網焼き)つまみにあっという間に出来上がる。一人は酔う。

もうすこしで最後のショーという時、雨がポツポツ、、、。
レベルの高い出演者、安くて美味しい食べ物屋。いいね〜野毛は。

HATAKEYAMAさんにお礼を言って、野毛をあとにした。
六百枚のチラシは、午前中に無くなったそうだ。
私の『ガリヴァー・ウエファース』も観に来てくれると良いのだが。
[PR]
by miminashibiwa | 2008-04-27 19:25 | 耳ざわり通信

吉祥寺 グルジア ミラクル ディ


本番前日の4/19(土)の会場。
d0134361_191771.jpg

   みんな手伝いに来てくれたが、明日の本番が開くとは思っていないかも。

4/20(日)50人を超す人が来てくれた。
満席でお断りした方、申し訳ありませんでした。
今年も仙台や奈良から来てくれた人が、、、
始まる寸前まで準備に手間取り、テーブルの上は、メッチャクチャ。

グルジア紅茶はなかなか手に入らず、本番三日前の深夜、
メデアさんが池袋のホテルでグルジアから運んでくれた人に手渡された。
懐かしい香りが漂う。吉祥寺には何とか間に合った。

コーヒー50人前というのは、歌舞伎町のテレホン喫茶「マジソン」
(テーブルごとに電話が付いていて外にかけられる)でアルバイトをしていた
35年前には何度も落としていたが、一度に紅茶50人前というのは初めて。
グルジアの紅茶で練習するわけにも行かず、これが一番の心配の種だった。

観に来ていた隣のバー『カオス』のカオリさんが、
見かねて手伝ってくれたのでことなきを得た。
でもこの時のカオリさんは、夜のパーティーの為に着物だったんだよな〜。
着物汚れませんでした?
他のスタッフも彼女の鮮やかな仕事ぶりに、目を見張っていました。

グルジア展をやった2Fの会場は、普段空きスペースで備品が何一つないのに、
実際椅子を30以上並べると、展示コーナーもいっぱいになり通るスペースもない。
椅子は3Fのギャラリーと、『カオス』から借り受け、何とか間に合った。

本番中の写真を撮る余裕がなく、今回は準備と打ち上げの写真しかない。残念。

グルジア民話のときは、自分の番じゃないときは睡魔に襲われ、疲れがピークに!
メデアさんは、一日中主役でお疲れさまでした。

21(土)
芝居に二日落ちという言葉があるが、初日をあけた後は要注意で、気が抜ける。
この日はお手伝いの人が四人。一人は昨日も来てくれた。
グルジア語を習っている森本君は来てくれたが、三人の女性陣が現れない。
焦りましたね〜。説明しなきゃならないことがあるからね。もう客入れですよ。

d0134361_19172086.jpg


この日は平日なのでお客さんもゆったり。こちらも昨日一日やったので、
少し気が楽にやれた。知ってる顔が多かったせいもありそう。

観に来てくれた方々、お手伝いしてくれた方々、協力してくれた方々
ありがとうございました。
[PR]
by miminashibiwa | 2008-04-27 19:17 | ハチャプリ商会

桶川 グルジア ミラクル ディ


4/12(土)桶川ギャラリーブラッドベリ。
夜12時まで翌日の仕込み。泊めてもらう。

4/13(日)グルジア ミラクル ディ初日。

d0134361_1915398.jpg

     石田の美術の前で、メデアさんとグルジア民話を語る。

朝から買い物。もう身体はへろへろ。

先日会ったばかり、それも立ち話だけですぐ失礼したカメラウーマンの中島博美さんが来てくれたのには驚いた。とても興味を持ってくれたようだ。

d0134361_19224239.jpg

     グルジアのチーズパン『ハチャプリ』。お茶はレモンティー。

お茶はブラッドベリの美人母娘にお願いする。紅茶教室もひらいているそうだ。

d0134361_19152815.jpg

        凄い衣装でしょ。重いし暑いし、フェルトです。

グルジア民話、初演。どうだったのか?

お客さんも残ってくれて、ワインで談笑。
[PR]
by miminashibiwa | 2008-04-16 21:51 | ハチャプリ商会

いよいよ桶川 グルジアミラクル



今度の日曜日、4/13日は、今年のグルジア展初日です。

埼玉県の桶川と言えば、大宮のちょっと先。
この町にギャラリーブラッドベリという、いい空間がある。
もちろんあのレイ・ブラッドベリから名前をいただいた。
むかし読んだ「タンポポのお酒」が懐かしい。「十月はたそがれの国」を読みながら
たっぷりの紅茶が飲めた、吉祥寺のティー・クリッパーも今は無い。(本当に残念)

ブラッドベリは、ハチャプリ商会の片割れ、石田が昨秋ここで個展を開き、私は昨夏
「耳なし芳一」を前庭で語らせてもらった。
オーナー御夫妻と、お嬢さん(私の一人芝居ガリヴァーウエファースのチラシ、
チケットを作ってもらう)の三人にすっかりお世話になり、お会いするのが楽しみ。
ここで出すお茶やケーキは本当においしい。いつも、ついつい長居してしまう。

先日のエイプリルフールには、メデアさんと三人で伺い稽古をさせてもらった。
この日のために、ご主人はプロジェクターまで購入してくれた。感謝。
舞台作りを手伝ってくれ、稽古を観て貰い感想も聞かせて貰う。

石田が作った美術の前で、メデアさんと私が語っていく。この美術が面白い。
稽古に没頭し、写真を撮るのを忘れてしまった、、、残念。
昨年のグルジアミラクル展では、「灰かき太郎」という絵本を読みあったが、
この日は新作の初読み合わせ。グルジア語と日本語の交互の読み合わせなので、
セットとの関係で何処で変わるかを決め、作業を決めていく。
衣装も着け、音も出してみる。

しかし初めての稽古は進まない。倒木で電車が遅れ、遠回りしたメデアさんは
さぞかし疲れたことだろう。稽古と、お喋りで、気がつくと9時。
8時間経ってしまった。しかし、見えて来たものも沢山あり有益な一日。
一番へばったのは年長の私だったようだ。新宿まで目が覚めなかった。

着々と、準備は進んでいます。埼玉方面の方、ブラッドベリファンの方も
どうぞお越し下さい。グルジアから間もなくお茶も届きます。
メデアさんが作るグルジアのお菓子、ハチャプリ商会が作るハチャプリ
(グルジアのチーズパン)もお楽しみに。
映像も流そうと思っています。

お菓子の準備がありますので、どうぞご予約お願いします。待ってます。

ギャラリーブラッドベリ
 TEL 048-773-9903 お問い合わせ、予約はこちらへ。
[PR]
by miminashibiwa | 2008-04-07 22:26 | ハチャプリ商会

チケット 齧ったの 誰?


d0134361_1993621.jpg

恐るべし齋藤瑞江嬢。とうとう、ウエファースをチケットにしてしまった!
いや、チケットをウエファースにしてしまった!
こ、こ、これ齧ったの誰???

いい紙ですねー、えっ、イタリアの紙?二種類あるの?
そりゃ、二枚買わなくちゃねぇ。このチケットは、買わなきゃ損だよ。
これは、ここにもある、あそこにもあるというチケットとは訳が違う。
まずは手に取ってジックリご覧、それから鼻で匂いをかいで、
財布を取り出しお代をおくれ。お代は見る前、齧る前。

♪ 思わず食べちゃうウエファース、ガリヴァーチケットいかがです?
♫ ふたりで出かける桜木町、ガリヴァーチケットいかがです?
♬ みんなで見に行くにぎわい座( チカチカ地下〜 )

ガリヴァーチケット新発売 !
[PR]
by miminashibiwa | 2008-04-07 19:13 | ガリバーウエファース

グルジア語を聴いてみよう


4/5(土)新宿朝日カルチャーセンター
12時半から、グルジア語講師メデアさんの「グルジア語を聴いてみよう」という
入門講座があった。

まず映像を使ったグルジアの紹介があり、続いて、昨年ギャラリー染井吉野(巣鴨)
で開いた『グルジア ミラクル展』最終日の演目、「灰かき太郎」を再演した。
「灰かき太郎」は、グルジアで良く知られたお話で、絵本になっている。
この絵本をスクリーンに映し、映像を挟んでメデアさんのグルジア語と、私の日本語で交互に語っていく。

煖炉の前で、働きもせず灰ばかり掻いている男が、義理の姉に追い出され旅に出る。
そんな男が鬼と会い、智慧を働かせる事で、さまざまな危難を乗り越え、
最後には鬼の食料も財宝も持ち帰るというお話。

グルジアのお話は「あったことか、なかったことか」という文句で始まり、
「悲しみは向こうに、喜びはこっちに。ふすまは向こうに、小麦粉はこっちに」
という言葉で結ばれることが多いそうだ。グルジアの子供達は、「あったことか、、、」と始まると、大喜びでお話に聞き入るそうだ。

グルジアではクシャミはどうゆうふうにするのかと思い、当日思いつきでメデアさんに提案したが、メデアさんがしっかりしてくれたのに、頼んだ当人は忘れてしまい、
慌てて途中に差し込んだ。変なところでクシャミを入れてしまった。

今度のグルジア展でこの話はしないが、また機会があれば是非読んでみたい。
グルジアの長い叙事詩もいつか、、、。

今度のグルジア展で、グルジア語の響きを楽しんでもらえるだろう。
[PR]
by miminashibiwa | 2008-04-06 21:29 | 耳ざわり通信