琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:ガリバーウエファース( 63 )

あれ、譜面台がないぞ?

6月7日(金)田奈。
ガリバー・ウエハースの稽古。早く行ってプロデューサーと打ち合わせするはずが、荷物が多くて重くてバタバタするうち、遅れてしまう。青葉台10数分の遅れなのだったが、いない。15分待っておかしいと気付く。予定を見ると隣り駅の稽古場。久し振りで確認しなかった。あわてて行く。衣装小道具を出していると、譜面台がない。ケースは空っぽ。守谷から帰って小道具を確認していなかった。どうやら置いて来てしまったようだ。どうするか。北海道の会場は、みな持っていそうなので問い合わせることにしよう。稽古は時間がないので早口で喋る。一ヵ所飛ばして戻したが、何とか時間内で終え、大急ぎで片付けた。台詞は入っている。浦河用の舞台の寸法測る。作ってくれるのです。付属するステージを使った方がいいかと思い、高さを問い合わせる。高い。以前、琵琶を弾いた時に高いと思っていたが、なかなか高い。やはり作ってもらおうか。あす連絡することにしよう。もう北海道へ行く前の稽古も、あと一回。荷物もぼちぼち作らねば。
[PR]
by miminashibiwa | 2013-06-08 01:54 | ガリバーウエファース

質問・・・

6月5日(水)
昼過ぎ、北海道浦河町のせっちゃんこと太田節子さんから電話。ちょうど琵琶の稽古をしていた。
北海道新聞の記者が「ガリバー・ウエハース」公演の話を聞きたいとのこと。OK,OK !
しかしこういうのに弱いのですね。なんだかちゃんとしたことが喋れないで、バカなことばかり言い出す私。この公演をすることになったきっかけは?どんな物語ですか?地元でやる意気込みは?何を観てもらいたいですか?貴方の初恋は?その人は今どうしていますか?どこの景色が好きですか?好きなお店はどこですか?浦河で食べたいものは?会いたい人は誰ですか?浦河に求めるものは?浦河に貴方が出来ることは?浦河に住みたいと思いますか?選挙で誰に入れますか?お酒は何が好きですか?道新は読んでますか?好きな女優は誰ですか?100万円あったら何をしますか?馬に乗れますか?人生にやり残したことは何ですか?貴方はいくつまで生きますか?子供は何人いますか?孫は?奥さんは何人いますか?愛人のお手当はいくらですか?選挙に出ますか?好きなアニメは何ですか?なぜ貴方は答えないのですか?なぜ質問されてないことを書くのですか?あなたはなぜ嘘を書くのですか?私を陥れようとしているのですか?貴方は誰ですか?貴方を必要としている人は誰ですか?貴方が必要と思う人は誰ですか?浦河には何をしに来るのですか?貴方は厭がられているのではないですか?貴方はいくつまで数えられますか?貴方の考えはおかしいのではないですか?貴方の知っている人の名前を言って下さい?貴方はどこから来ましたか?貴方はどこへ行きますか?いつ来て、いつ帰りますか?観に来てもらいたいですか?面白いのですか?何がしたいのですか?電話番号を教えて下さい?写真をもらえますか?フェイスブックをしてますか?お腹は空いていませんか?眠いのですか?「はい」そんなとこで寝ないで下さい。「お休み」
(架空質問)

夜、太田正克さんと電話で話す。そろそろ近付いて来ました。
前日の入り時間、交通手段、打ち合わせ、食事、ステージの大きさ、準備するもの etc.
もっと沢山の方に来ていただくために、奮闘してくれています。感謝!

どうぞ、このブログを見た方、私を覚えている方、気になっている方、ガリバーが好きな方、歴史が好きな方、20日午後6時半は、浦河町文化会館ふれあいホールまでお越し下さい。
お会いしましょう!楽しいひと時が待ってます!
[PR]
by miminashibiwa | 2013-06-07 02:50 | ガリバーウエファース

守谷、ギャラリー・ガラティア「ガリバー・ウエハース」

6月2日(日)茨城県守谷、ギャラリー・ガラティア。「ガリバー・ウエハース」
12時、守谷駅。昨日荷物を送ったので身軽に到着。会場にはすでに主催者のA-je 有田道子とジュヌ・ファムのメンバーが。
ピアノのある方をステージにすることにして、大テーブルが下手奥にあったのでそれを使わせてもらう。そのため道具を置く位置が上下(かみしも)逆になった。本番中迷わないかと思ったが、焦らず対応する。
大きな窓が後ろにあり外が見える。まぶしいし、目がそっちに行ってしまうので隠そうという意見もあったが、そのままにすることにした。90分近い一人芝居で、劇場でもないのでどこかで飽きて来る、そのとき窓の外を見て気分転換してもらおう。そう思ったが、本番は疲れるとお客さんは目を閉じていた。(寝てた?)こちらからも丸見えなので、視線を外すのも辛いのかもしれぬ。
開演1時間前に開場。早くから来てくれるのは嬉しいが、1時間も待ってたら疲れないですかと心配になる。お店の若者と思しき人がいたので、ギャラリーのライトを、ステージ側に当ててもらう。助かりました。持ち主の染谷さんは、本業の理容院の予約が立て込み、観ることが出来なかったことを悔やんでくれた。「耳なし芳一」を気に入ってくれた方だ。
本番は去年のプークとも、前日のフィリアとも違う反応に、こういうことが面白いのだなとつくづく思う。その場で起こることに対応出来るかどうか、出来ない時はどうするかが試される。

打上げは、蕎麦カフェ「かやの木」。かつて「耳なし芳一」を二度語らせてもらった。
美味しいんです。私だけお酒をもらい、お蕎麦も三枚。沢山来てくれました。

感想や、注文を聞き、夜中寝ながらどうしようか考えた。寝不足。翌日公演がないと思うと、呑んでしまう。身体も二日続きで本番をやり興奮していた。
[PR]
by miminashibiwa | 2013-06-05 02:21 | ガリバーウエファース

2013年「ガリバー・ウエハース」はじまり、はじまり

6月1日(土)青葉台フィリアホール・リハーサル室。「ガリバー・ウエハース」本番。
12時、楽器や道具を置き、預けておいた荷物を取りに行く。いい天気、いい気候。

12時45分、リハーサル室へ入る。イラストレーター河原奈苗さんが、9月の朗読教室発表会デモチラシを持って来てくれる。猫の絵のかわいいチラシ。忙しいのに、椅子並べを手伝ってもらう。
14時、楽屋がないので、入口でお客さんを迎え入れる。黒澤明監督の現場で衣装部にいた長野さんが観に来てくれた。小泉堯史監督の「雨あがる」でお世話になったのが最後だった。最近、黒澤監督のファースト助監督だった小泉監督やスタッフと電話で話したことを教えてくれる。懐かしく嬉しい出会い。
いつも来てくれる方も何人も現われる。先日の岩本直子さんとの二人会も行きましたと声をかけてくれた方や、去年のプーク人形劇場で観てくれた方もちらほら。ありがとうございます。
そのまま本番に入っていったので、ちょっと緊張しました。
私にとって愉しい時間。幸せな時間。かけがえのない時間。一回こっきりの1時間半。
唖然とした人もいたかもしれません、取り残された方も・・・それもまた一期一会?

もう四度目のガリバーという田口さんにも手伝ってもらい、あと片付け。少し時間がかかり、明日公演をする茨城県守谷のギャラリー・ガラティアに荷物を送る。下の無印食堂に行くと、朗読教室に通う画家の桜田洋子さんのグループがそろそろ帰るところ。幸せそうな顔してますねと中のひとりから言われる。時々言われるんですよね。そうなのかな、かもしれないな。こんなことやってられるんだから。ひとは表層だとか、見た目だとも言われるからそう見えるという事は幸せなんだ!

近くのイタリアンで、プロデューサー吉岡さんとワインを飲みながら打上げ。反省会?

帰って、日本酒呑みながら台本チェック。ひとり反省会。
2時半の公演だったので、まだ今日が続いている。長い今日だ。
[PR]
by miminashibiwa | 2013-06-04 01:48 | ガリバーウエファース

いよいよ6月1日は、フィリアホール・リハーサル室

5月30日(木)青葉台フィリアホール練習室。
「ガリバー・ウエハース」6月公演の初日に向けて、最後の稽古。
本番と同じ衣装、小道具等を全部持って行くのはなかなか辛い。エレベーターのないところの移動が重すぎて辛いのだ。しかし今日は持って行きました。こんな日に限って雨。ウチから駅までは、たまたま上がってくれて、濡れなくて済みました。

会場に合わせて考えなければいけないこともありますが、まずは初日分。
あれの位置がまずいとか、なんで今日はもたもたしているのだろうかとか、これの場所変えようとか、最初こうしたらとか、これないほうがいいとか、とか、とか、とか。具体的に書けないことが歯痒いのですが悪しからず。

一回通して、下の無印食堂でカレーを食べ、また一回通す。いい時間になった。9時過ぎた。
一回1時間半かかっている。だいぶカットしたのに、去年より長くなっている。なぜ?

今日明日、青葉台で荷物を預かってくれるところがあり、10時前に持って行く。感謝。感謝。この時も、行きは雨が上がっていた。帰りは降り出す。
本当にこれは、天の好意、ひとの好意だけで成り立っている公演です。

ウチに帰ると11時。雨は小降り。お腹は空いていないのですが、お酒のツマミを用意して、今日は一杯だけ。いやホント。我慢出来ると言うより、今日はそんな日。
明日は起きれないかな?ゆっくり休もう。

まだ行くかどうか決めかねている方、どうやら面白いらしいですぜ。東京近郊の公演は、これ一回だけ。見逃すと次はいつになるやら?来たら?そう、来る!
6月2日の守谷も、茨城県とはいえ秋葉原からは近いのです。いかが?
[PR]
by miminashibiwa | 2013-05-31 01:39 | ガリバーウエファース

茨城県守谷と電話、北海道浦河からは手紙が届き・・・

5月24日(金)青葉台。
30分間違えて早く着く。ああ・・・ゆっくりご飯が食べられたのに・・・
今日は、イラストレーターの川原奈苗さんが稽古場に。初対面です。素敵な方でした。
プロデューサーが連れて来てくれました。朗読教室に来てくれるのかな?
お手伝いもお願いして、稽古を観てもらおうかとも思いましたが、6月1日に「ガリバー・ウエハース」を観に来てくれると聞き、見せるのはやめました。驚きが無くなってしまいますからね。

稽古は、一度通して新しいイスを試しました。きれいな踏み台といったところでしょうか。
昨日、プロデューサーが見つけて購入。プークで使ったイス?が重くて大きくて運ぶのが大変。
先日プークに行った時も、借りるかどうかペンディングにしていたのです。
青葉台以外では、使うかどうか分りませんが、私が座っても大丈夫そうです。

6月2日に守谷で「ガリバー・ウエハース」を企画してくれている、茨城の有田さんと電話で打ち合わせ。みなさん一生懸命チケットを売ってくれています。ギャラリー・ガラティア、どうぞお越し下さい。お待ちしてます。まだまだ入れますよ。

北海道浦河町で企画してくれている太田さんからも手紙が来ました。
太田さんは大変な時期と重なりながらも大奮闘。地元紙日高報知に載った記事も届きました。
多くの方々のお世話になっています。ありがとうございます。面白いものをお届けします。
[PR]
by miminashibiwa | 2013-05-25 00:51 | ガリバーウエファース

けんけんもきた。

5月17日(金)青葉台。
ガリバー・ウエハースの稽古日なのですが、この日は安曇野から泉澤さんが朗読教室に来てくれ、しばし個人レッスン(なんか似合わない言葉だ)。 9月26日に予定している、朗読教室の発表会に出演することに。 泉澤さんはそのまま私の稽古を見学。彼女は安曇野の森のおうちでの「ガリバー・ウエハース」の初演、松本の憩の森での公演も観てくれている。横須賀にも来てくれたか。 他の人が来ると頑張ってしまう自分がが恥ずかしい。二回通す。 泉澤さんが、「煙草の害について」は、タイトルは知っているが観たことがないというので、読む。 10月15〜16日予定のプーク人形劇場公演で衣装を担当してくれるけんけんさん(ケンケンさんかな?)がこちらに向かっているとメールが入るが時間がない。「白鳥の歌」を読み始めると、途中で入って来た。時間切れで7時半終了。 泉澤さんは日帰りのため急いで帰る。 けんけんさんとプロデューサーの吉岡さんの三人で居酒屋で乾杯! 一つよろしくお付き合い下さい。 今秋のプーク人形劇場での公演は、凄いぞ。大江さん・信田さん・けんけんさんの力を借りて、面白いものを作りますぞ!

札幌の焼肉屋「ソルト・ピーナッツ」からは「ガリバー・ウエハース」の案内葉書が届きました。行きますと言うメールも佐藤さんから来ています。お待ちしてます。
[PR]
by miminashibiwa | 2013-05-18 13:43 | ガリバーウエファース

いよいよ稽古開始

4月19日(金)青葉台。
衣装・小道具ほぼ全部持って稽古へ。楽器と島はとても持ってこれない。
練習室では、5月12日(日)19時から大倉山記念館で二人会を開く、岩本直子さんが発声練習をしていた。YUKIプロデュースの吉岡さんと三人、途中でオペラ歌手バスの河野鉄平さんをピックアップして近くの教会へ。さて、なんという名前の教会だったか?
みんなで声を出す。神父さんの奥さんが弾くパイプオルガンで賛美歌を歌う二人。
美男美女ですな。バスがよく響く。一緒にいるとつい低い声で響かせて話している私。
私も聖書の一節を読む。信者じゃありませんよ。「天は〜」気持ちいい。
なにかここで、バカなことをやりたくなった。あの芝居かな?
ソプラノ岩本も負けじとハバネラ!お騒がせしました。

練習室に戻り、打ち合わせ。私は5月12日の件。岩本直子さんとの二人会やります。
岩本、河野ご両人は帰り、吉岡さんと12日何を朗読するか打ち合わせ。
長田弘の詩を持って来たが却下。老子の言葉という案が出る。
長田弘の詩集に老子を扱ったものがあり、そのあと老子の言葉を読むのはどうかとなる。
Book1stで老子を調べ、加藤祥造の「優しさと柔らかさと」を吉岡さんが求める。
練習室で読む。ちょっと恥ずかしいが、どのへんで読むか落とし所を探る。
時間的にもちょうど良く、長田弘〜加藤祥造と読むことに決まる。

ところが持参したチェーホフの短編を、せっかくだからと読んだのが運の尽き?
吉岡さんが面白いと言い出し、これに決定。私は滑稽なものを読む方がいいのだそうだ。
初めて読むにしては、スラスラペラペラ読めてしまった。
10月16日に仮押さえしているプーク人形劇場の演目もこれに決まり!と、三人くらいで朗読しようかという話が吹っ飛んだ!さあ大変!ホントですか?

5月は朗読として読みます。10月は本を離してやることに、なるのでしょうか?
目で読んでるときは、興味なかったんですが・・・いや〜声を出すと面白かった

だいぶ声を出したので疲れてしまったが、今日はガリバー・ウエハースの稽古に来たのではないか。やるぞ〜いっかい通すぞ〜。ということでやりました。面白いねこれは、ガリバーは!

この日は9時間ほど練習室を出たり入ったりして終了。長い一日でした。
[PR]
by miminashibiwa | 2013-04-23 01:21 | ガリバーウエファース

平塚でガリバー旅行記

3月14日(木)平塚。升水記念市民図書館。
d0134361_048430.jpg

「ガリバー旅行記」本と蔵書票展初日。
YUKIプロデュースの吉岡さんと伺う。
寒かった。暖かい日が続いていたので薄着で出てしまった。吉岡さんも震えている。
図書館2階で開催中。
松菱多津男氏が迎えてくれた。80を越しているが、実にお元気である。
この方、国内外の「ガリバー旅行記」を500点ほど集めているのだ。
イギリスでの初版本や明治に出た日本語の本など170点が並ぶ。
絵がかわいいし、時代を感じさせるもの、感じさせないものとりどりである。

そして「ガリバー旅行記」をモチーフにした蔵書票。
初版本にも貼られていた。いいんですか〜貼っちゃって?
何人もの作家に依頼した蔵書票の本物が展示されている。これが面白い。
小説のどの国のどのシーンをどう描くか、作家それぞれである。

平塚駅からすぐなので、どうかその目でお確かめ下さい。
今月23日(土)迄やってます。12時〜17時、5百円です。

平塚から成瀬に移動。
この駅は初めて降りる。平塚も初めてのようだった。
成瀬では「ガリバー・ウエハース」公演候補の場所を見学。

北海道浦河町の太田夫妻からも公演の連絡メールが来て、夜に電話で話す。
チラシをどうするか考えてくれています。よろしくお願いします。

明日は、青葉台で稽古です。
[PR]
by miminashibiwa | 2013-03-15 01:27 | ガリバーウエファース

「ガリバー旅行記」本と蔵書票展のお報せ

「ガリバー旅行記」本と蔵書票展のお報せ
松菱多津男さんの貴重なコレクションです。どうぞお越し下さい。

[期日] 2013年3月14日(木)~3月23日(土)12時~17時 
[参加料] 500円(中学生以上)
[会場] (財)弁水(ますみず)記念市民図書館
    神奈川県平塚市八重咲町7−35 ☎ 0463-21-6591
「ガリバー旅行記」に夢中になって50年という松戸市在住の松菱多津男の蔵書を大公開。
1726年ロンドンのモット書店からスウィフトが匿名で出版したオリジナル本をはじめ、
500点にのぼる蔵書の中からこれはという170点余を展示します。
また松菱さんが「ガリバー旅行記」をテーマにいろいろな作家に制作依頼した蔵書票のコレクションもご覧いただきます。

* 講演会「ガリバー旅行記」を知っていますか?
お話し:阿刀田 高さん
[期日] 3月17日(日)13時〜14時30分 
[参加料] 1500円(中高生1000円) 定員100名

講演会終了後サイン会を予定

講演に参加希望の方は、電話 0463−21−6591(火曜、土曜12時〜17時のみ)、
またはファックス 0463ー21−6594、メール m-toshokan@masumizu-lib.jp にて、
お名前、連絡先を明記の上お申し込み下さい。
定員に達し次第閉め切ります。
[PR]
by miminashibiwa | 2013-03-03 01:49 | ガリバーウエファース