琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:おたる遊幻夜会( 27 )

「直面(ひためん)」その27。千秋楽~打ち上げ写真展。

2010年8月8日(日)千秋楽〜打上げ(惣吉)。

                  写真提供 高杉あい子、太田正克。

d0134361_18422944.jpg

d0134361_18413912.jpg
              [今年も、終わった]
d0134361_18395287.jpg
              [蜂谷涼さん]
d0134361_18284830.jpg
           [高温多湿、袴は汗で濡れています]
d0134361_18382969.jpg
              [お見送り]
d0134361_1833136.jpg
          [頭が加熱して、終わると冷凍タオルで冷頭]
d0134361_1837075.jpg
          [今年も浦河から、太田御夫妻。ありがとう]
d0134361_1836615.jpg
       [左から浦河のあい子さん、札幌のお嬢さん、小樽の妹さん]
d0134361_1835859.jpg
            [十島さん、マコちゃんお疲れですね]
d0134361_18341675.jpg
          [この方、牧師さん?神父さん?どちらでしたか?]



         今年も「惣吉」にて、打上げ。お世話になりました。

d0134361_18304863.jpg
            [実行委員長 井上さんの音頭で、乾杯!]
d0134361_18274214.jpg
          [今年も安曇野から、泉澤さん(左)]
d0134361_1826121.jpg
       [座っているのは横浜から来てくれた中田さん(左)、吉岡さん]
d0134361_18314930.jpg
              [十島さんお疲れさまでした]
d0134361_1825111.jpg
               [ファゴット・坂口さん]
d0134361_1817610.jpg
            [マコちゃん、ご心配をかけましたね]
d0134361_18235849.jpg
             [この眉、自前じゃないんですよ]
d0134361_18211265.jpg
             [そんなに喜んでもらえるのですか]
d0134361_18201184.jpg
           [付けたいんですか?変わってますね〜]
d0134361_18294245.jpg
            [似合いますよ。信じられないくらい]
d0134361_18181531.jpg
              [今年も、旭川からようこそ]
[PR]
by miminashibiwa | 2011-01-12 19:58 | おたる遊幻夜会

「直面(ひためん)」その26。公開稽古写真展。

2010年8月5日(木)小樽市能楽堂。公開稽古の写真です。

             おたる遊幻夜会提供 [撮影 市江公一]


米寿(八十八歳)を迎える男の役です。見えますかな?
プロピア提供のつけ眉毛、水白粉での白髪。
芝居が終わると、汗でメイクが流れてしまいます。

舞台に上がる女性は、原作者蜂谷涼さん。
今年は外へ出て、お客さんのお見送り。
紋付の女性は、舞台監督・演出助手・後見を兼ねた新見真琴さん。
帽子に扇子の人は、演出の十島英明さん。
この日はHBC TVが取材に来てくれました。6日夕方のニュースで流れました
鏡の間から舞台に入って来る写真が欲しかったのだが、残念。

d0134361_15522058.jpg
d0134361_15473922.jpg
d0134361_15423824.jpg
d0134361_15411969.jpg
d0134361_1539447.jpg
d0134361_1538221.jpg
d0134361_15325394.jpg
d0134361_1524133.jpg
d0134361_15214960.jpg
d0134361_15202048.jpg
d0134361_15164555.jpg
d0134361_15142916.jpg
d0134361_15131374.jpg
d0134361_15115211.jpg
d0134361_158464.jpg       
d0134361_1555496.jpg
d0134361_154889.jpg            
d0134361_152382.jpg        
d0134361_1505924.jpg    
d0134361_14591315.jpg     
d0134361_14574414.jpg
d0134361_14561863.jpg
[PR]
by miminashibiwa | 2011-01-12 15:52 | おたる遊幻夜会

「直面(ひためん)」その25。リハーサル写真展

2010年6月 リハーサルの模様 

               おたる遊幻夜会提供 [撮影 市江公一]
d0134361_14424636.jpg
小樽市能楽堂 
能舞台にて住吉神社宮司のお祓いd0134361_14442084.jpg











記者会見 左より
神田慶一(作曲指揮)
伊藤哲哉(俳優)
蜂谷涼(作家)
十島英明(演出)
坂口聡(演奏)
d0134361_14472545.jpgd0134361_1449413.jpgd0134361_1450444.jpgd0134361_23494067.jpgd0134361_23511730.jpgd0134361_23535577.jpgd0134361_2356162.jpgd0134361_0353932.jpgd0134361_1429238.jpgd0134361_14301063.jpg
[PR]
by miminashibiwa | 2011-01-09 14:52 | おたる遊幻夜会

「直面(ひためん)」その24。


あごの疲れ。
小樽に来てからは、本番を入れて一日最低2回はゼリフを喋る事になる。
何時間くらい喋っているんだろう?これが、あごの疲れになる。
こめかみが、いやその一帯が痛くなる。揉んではみるが間に合わない。

一人芝居は旅だと思う。
帰れるかどうかさえ分からぬ旅。始める事は出来るが終われるかどうかは分からぬ旅。
語り琵琶「耳なし芳一」を始めた頃はそう思っていた。静けさが恐怖でもあった。
上演を重ね、他の一人芝居もするようになり心は変わって行った。

d0134361_171172.jpg

              [ おたる遊幻夜会提供 ]


一人芝居は旅だと思う。
旅立ちがあり、さまざまな苦難に遭遇し、成長して帰還する。
台詞が決まっていて、稽古も重ねているので動きも固まって来るのだが、
毎日、出掛けるまでどうなるか分からない。毎回、初めての旅なのだ。
ああ、今日はこう旅立ったかと舞台の上で思う。
体調や気象条件、観客の反応、アクシデント、さまざまな試練に立ち向かう。
「本番のための稽古は出来るが、本番の稽古は出来ない」とは誰の言葉だったか?
本番の舞台に一歩踏み出し、異世界へと入って行く。
二度と同じ旅はない。同じ旅を作ろうとも思わないし、しない。
ただするべきは、旅を生きる事、絶対帰還する事。

8月8日(日)の千秋楽も旅をした。お客様に見守られながら、誰も知らない旅をした。
いや後になって、二人ほど手に取るように旅を語る人がいたのを聞いた。恐るべし!

打ち上げには、長野県安曇野から今年も泉澤さんが、横浜からは吉岡さん、中田さん。
浦河からは高杉さん、昨年に続き太田夫妻。
札幌からは永田夫妻、千歳からはかけすさん、旭川から叔父夫妻。
打ち上げにはは来なかったものの、今年も中学校の同級生や先生も来ていただいた。
お会いしていない方もいらっしゃると思いますが、ありがとうございました。
[PR]
by miminashibiwa | 2010-09-03 01:48 | おたる遊幻夜会

「直面(ひためん)」その23。


(どうも電波事情が悪く、パソコンが使えない。)

今年もオーセントホテルに泊まっていたのだが、エレベーターに乗り込むとき、
あるいは相手が乗り込んで来るとき、ほぼ一様にギョッとされる。身体が凍り付く。
これから乗って来る人は特に、のけぞったあと乗らないのも失礼と考え平静を装い乗って
来る。そしてエレベーターの鏡越しにちらちら窺っているいるのがうっとおしい。
当方の格好はと言えば、浴衣に下駄、伸ばし放題白髪まじりのヒゲと髪。
舞台監督のマコちゃんまで、夜の食事の後遅く店を出て行くと「伊藤さん、怖ーいっ!」
毎日見てるだろうに、なんて奴だ。どうも、昔の右翼の大物か何ぞに見えるらしい。

8月7日(金)
前日の公演中に、ふっと気が遠くなる瞬間があり、今日は昼から点滴。
1時半までに桜坂で食事をすませ楽屋入り。
実行委員の高橋医院院長、高橋達さんがご祝儀に点滴の差し入れ。
21年振りの点滴。医者を目指す高校生のノンちゃんも、興味津々で見ている。
身体があったかくなる。ものすごく元気になる人がいると聞いたがそんな事はなかった。
点滴中はよく眠れるとも聞いたが、そんなこともなかった。
よく主演級の俳優が、本番前に点滴してきたと聞く事はあったが、俺も主演俳優になったかと馬鹿な事を考えていた。ひとり芝居じゃ主役しかいないのに。

何か忘れ物をして一度ホテルに戻り、出がけにマコちゃんがタクシーに乗り込んできた。
雨が降ってきた。
本番は、雨のために暗くなり、ライトの目つぶしで客席は見えない。
こうなると芝居がしやすい、集中しやすい。
一幕の終わり近くに突然雨が強くなり、習性で声が大きくなる。戦いを挑むのだ。
舞台を分ける舞台と客席のある建物の間、白州に滝のような雨。

休憩中の楽屋で十島さんに、マイクの音をあげているから声を張らなくてもいいと言われるが、そうはいかないのが普段マイクなしで「耳なし芳一」を語る者の性(さが)。

二幕はいよいよ面白くなる。雨に加えて雷が光りだす。
動揺して台詞を忘れないよう気を引き締める。雷が近づいて来る予感があった。
雷の光で客席が紫にひかり、お客さんの顔がよくみえる。不安の顔、かお、顔。

だんだん、ギリシャ悲劇かシェークスピアの悲劇をやっているような気になってきた。
こんな効果は、どこの劇場、誰の演出でも叶いはしない。
雷の音は聞こえなかった。雨は風を呼ばなかったのが救いだった。
風が吹いていれば、札響の演奏者たちもどうしたのだろう?
楽譜が飛ばされ、楽器は雨に濡れ、ピンマイクは風の音を拾い、客席に雨が吹き込み、、

私はどうなってもやるつもりだったが、この雷雨は芝居に味方した。
芝居の主役?資次郎が泣いてるか、観に来たのかと思わせる気象だった。
点滴が効いたのか、調子は良かった。

この日も高温多湿で、終わるとへろへろ。
ま、へろへろにならない芝居などほとんど出た事はないが。
[PR]
by miminashibiwa | 2010-08-29 01:06 | おたる遊幻夜会

「直面(ひためん)」その22。


そうだ、5日のゲネプロと6日の初日には、横浜からマコちゃんのお母上も駆けつけてく
れたのだった。両日ともお着物で。せっかくの北海道も猛暑だったのは残念でした。
お母上は、英語劇や語り琵琶耳なし芳一、一人芝居ガリヴァーまで観に来てくれている。
それを考えると「直面」は、マトモな部類のものかも知れない。
マコちゃんのお母上を見ながら、我ながら変な物ばかりやっているな〜と思った次第。

d0134361_14492114.jpg


初日の8月6日(金)
睡眠誘導剤を飲み、昼近くまで眠る。ホテルの朝食は9時半までなので食べられない。
浴衣を着て下駄を履き、小樽市能楽堂まで歩く。
「フジリンです」と声をかけられたのは、この日だったか昨日だったか、、、?
小樽市能楽堂で演じた、一昨年の「耳なし芳一」昨年の「遠き橋懸り」と観てくれ、
ブログに書いてくれている。
小樽のおでん屋さんらしいが、今夏も伺えませんでした。いつか、、、。

1時過ぎ、桜坂でブランチ?
丼物とそばを食べ、おにぎりを3個持ち帰る。
2時、作務衣に着替え舞台でストレッチをし、「経正」の舞や台詞をさらう。
横では音響の布谷さんが、演奏者の椅子や譜面台をセッティングしている。
一幕と二幕の間を楽屋で休み、また舞台で続きをさらう。今日も暑い。

[衣装と下着]
トランクス、能用の股引(女性の役も演ずるので、素足を見せない為)、白足袋、
膝用サポーター、袴、肌襦袢、半襦袢、紋付(東レ シルック)、羽織(東レ シルック)。

化繊の衣装は暑い。股引まではいているし、仕方がないのは重々承知だが、、暑い。

台詞の稽古がが終わった頃、指揮者や演奏者が少しずつ現われる。
十島さんが来たので、昨日まで謡っていた「高砂」を最初の一節だけ謡う事に、
「鶴亀」を途中から音楽が重なるように変えてもらい、神田さんにも了解してもらう。
謡の声の調子が戻らず、この声で全部謡っても演出効果として成果がないと判断。
年寄りの声を2時間近く出す事と、最後の謡の稽古で声を疲労させたせいか?

4時までにおにぎり2個食べる。いつも1個あまらせてしまう。

[老けメイク]
後ろ髪に水白粉を塗り白髪に見せる。ヒゲは結構白く、その色に合わせる。
マコちゃんに、プロピアの付け眉毛左右を私の眉毛の上に付けて、すいてもらう。
ヒゲにハードディップを塗り、かためる。顔や手に、汚しのメイク。
汗ですぐ取れてしまうのが困る。粉で押さえるのだが、間に合わない。

5時半頃から衣装を着始める(もっと早いか?)。暑いのでなるべく着たくない。
演奏者や指揮者が衣装を、実行委員の方達が浴衣を着せてもらっている。

[持ち道具]
ステッキ、軍扇、手ぬぐい。

この日も晴れて明るく、一幕が終わる頃まで客席がよく見えた。皆さん団扇でぱたぱた。

[休憩時間の過ごし方]
能舞台は楽屋の下にあるので、一幕が終わると階段を上がり楽屋になっている座敷へ。
トイレに行きたい時は大急ぎで駆け上がり、お客さんが来る前にすませてしまう。
楽屋に上がると、ノンちゃんかカミちゃんが用意してくれた冷凍タオルを、
頭の上と首に乗せて冷やす。ぬるい水かお茶のペットボトルを2本くらい飲む。
お菓子や果物をつまむ事もある。十島さんやマコちゃんと言葉を交わす。
取れた手のメイクを塗り直し、粉をはたく。瞬く間に、二幕の開演。

二幕に入り、日も落ちて役に入りやすくなる。いい感じだ。
終演後お客様の送り出しをする事になったので、早く出口に行くよう促されるが、
水を飲み冷凍タオルを頭と首に乗せ、なかなか動こうとしない私。
放っといてくれないかなと思う間もなく、吉岡君に腰を押されて入り口へ。

外の門のあたりまで出演者と作家が並びお見送り。
下駄を履いているので、お辞儀をするとつんのめりそうになり、門にしがみつく。
年配の男性に「目の正月になりました」と言われたのが嬉しかった。
この日は親戚や友人知人の多い日で、HBCラジオの桜井さんや室谷さんも。

サイン用にとマジックを持たされたが、3日間ほとんど頼まれることはなかった。
全公演を通して、眉毛の長い年齢不詳の男に声がかけづらいのか、
あまりお客様が寄って来なかった気がする。芝居がつまらなかったとは言わせない。

楽屋に戻って、頭に水道の水をかけ(色は落ちません)、体を拭き、着替えて食事。
東京から観に来た、劇団前進座の制作や元座員の方たちなどがいて同席。
十島さんが座友となっている劇団で、旅行ついでに観に来たとか。

酒を飲む元気もなく、疲れたのでひと足先に帰る。
[PR]
by miminashibiwa | 2010-08-19 19:42 | おたる遊幻夜会

「直面(ひためん)」その21。


さて、千秋楽から9日が過ぎてしまい、何があったのやら正確に思い出す事は出来そうにない。昨秋から日記などを一切付けなくなってしまったので、記憶のみのブログです。
かなりあやしいモノだとお知りおきください。

d0134361_15583388.jpg


8月3日(火)小樽入り。
朝8時羽田集合のはずが、演出の十島さんが来ない。マコちゃんと神田さんと私はチェック
インする。刻々と入る十島さんからのメールに返答する。もう駄目、これ以上待てない!
十島さんの為に飛行機を止めておきたいが、重すぎて断念。お先〜っ!

夕方6時から、十島さんとマコちゃんの三人で小樽市能楽堂に向かい場当たりをする。
台詞をさらい、どこに立つかなど自分で確かめる自主稽古のはずが,実行委員の方々が次々現われ、十島さんも演出家としてのダメ出しをしはじめ予定が狂う。

8月4日(水)リハーサル。
1時から市民会館第一会議室で音楽稽古。札響が練習する横で台詞を合わせる。
6時から小樽市能楽堂にて稽古。通しをしたのかどうか覚えていない。したらしい。

8月5日(木)ゲネプロ。
2時から能舞台で台詞をさらう。
夕方7時から、本番と同じ舞台稽古。今年もHBC TVが入る。ありがとうございます。
翌日、夕方6時のニュースで流れたそうです。
東京の夏から逃れてきたはずが、高温多湿の天気まで連れてきたようです。暑い!
お前が猛暑を連れてきたと、数人に言われる。俺のせいだったか!

去年より1週間早い公演は日の暮れも遅く、一幕が終わる頃までお客さんの顔が見える。
これは役者にはなかなか辛い時間で、集中がしにくく芝居に入っていきづらい。
台詞を間違えないための努力が大半を占める。言い訳に聞こえそうですね〜。

この日の二幕に、地謡座(札響が演奏していた場所)の向こうの道路から、
男の怒鳴り声が聞こえた。私の芝居に対して喧嘩を売っているように聞こえた。
台詞を喋っているのでちゃんと聞く訳にはいかないが、どうなるのかと思っていたら台詞を忘れた。敵が大声を出している時はこらえられたが、そのあとがいけない。
しばらく思い出そうとしたが、あきらめて後見のマコちゃんのところまで聞きにいく。
着替えや、こんな事のために後ろに座っていてくれるのだが、聞きにいくのは初めてだ。
ピンマイクが切れている事を祈りつつ、「な〜に?」
帰ってきた答えが、さっき喋った台詞。質問する訳にも行かずすごすごと戻る。

終わってから聞くと、「そこからやらないと、4曲演奏できなくなるので」と。

台詞を聞きにいった事で、もう怖いものはなくなったと、この時は思った。

d0134361_15113195.jpg



d0134361_15184045.jpg

終了後は「なまらや」へ。
実行委員でもある、松月堂の奥村さんが
バースデイケーキをつくってきてくれた。
仕事が終わってから作ってくれたらしい。
わたし57回目の誕生日。
蜂谷さんからは、対のグラスをいただく。
他人の誕生日を稽古中や本番中に祝う事はあるが、自分のは多分初めて。
皆さんに祝福されて、ローソクの火を消しました。
こんな誕生日もあるんだな。
歳とっちゃったな〜。
[PR]
by miminashibiwa | 2010-08-17 16:38 | おたる遊幻夜会

「直面(ひためん)」その20。


今回の公演での[飛び道具]

d0134361_23365479.jpg
何人かから、ブログにある飛び道具って何?との質問。飛ばない飛び道具と書いていたのだが。
7月2日に西新宿のヘア コンタクトのプロピアで打ち合わせ。
「直面」の主役が今年米寿(88歳)を迎える男なので、長い付け眉毛を付けるける事を思いついた。
第一通信社の友人に問い合わせたところ、プロピアさんにテクニカル協賛をしていただける事になり会社に赴く。
試しに付けてみる。こんな長いものまで付くのです。真っ直ぐ引っ張っても取れないくらいの粘着力。
開発部次長の伊藤氏と営業一課課長代理米山さんの指導のもと、カールの仕方、白髪の割合などの要望を出し試作品を作ってもらう事になる。
ちなみにヒゲは本物です。
  プロピアさん、ありがとうございます。


7月16日、演出の十島さんとプロピアに試作品を見せてもらいに行く。
d0134361_054782.jpg
d0134361_044566.jpg

  すごいね〜。いかが?笑っちゃう?

スキバサミで調節してもらい、短くした方の形で左右12セット作ってもらう事に。
試作品もそのままいただく。稽古場で使おう。


8月2日
プロピアに眉毛12セットを取りに行く。昆虫標本のよう。
明日から小樽、いよいよ付ける時が来た。


公演中の写真は、しばらくお待ち下さい。


8月8日
       眉毛の入った箱。
d0134361_08130.jpg
右用と左用があります。使い切り。
d0134361_094684.jpg
d0134361_09195.jpg

東京より暑かったとか言われる今年の小樽。高温多湿の野外能舞台で、2時間の公演に何の問題もなくくっ付いていました。付け眉毛は仮面のようなもので、本物だと思った方が多かったのには、我が意を得たりとほくそ笑みました。お土産に差し上げた方も数人います。腕に付けたり眉の上に付けたりして帰りました。

しかし、飛び道具にはなっていなかったという事ですね。残念。
ここに勝負をかけたのだが(笑)!


d0134361_0543023.jpg

            楽屋にて、マコちゃん写す。
[PR]
by miminashibiwa | 2010-08-15 00:59 | おたる遊幻夜会

「直面(ひためん)」その19。


7月28日(水)田奈。
YUKIプロデュースの吉岡さんに手伝ってもらい、「直面」CDをかけてもらいながら稽古。
冷房で少々冷えてしまう。
自分でかけながら稽古するのは難しいので助かった。

7月29日(木)南大沢。
少しは雨で涼しいのだが、体が疲れていて稽古をやりたくない。
作曲の神田さんが来て、CDラジカセで音を入れながらの稽古。
小樽での稽古でもそうだったが、私の息を取りながら緩急を付け音を出してくれた。
どこまで聴くのか分からない箇所もあったが、おおむねうまくいく。
台詞がはっきり早かったところがあったそうだが、マコちゃんに言わせると
「小樽リハで時間を計ったのなら、現場に行けばそうなりますよ」
小さい変更箇所が出る。

声が疲れて危ない。明日あるんだよな〜。自分で望んだ稽古だからな、、。
体も冷えてきたが、上大岡の京急百貨店で個展をやっている友人のところへ。

7月30日(金)南大沢。
東京での最終稽古。神田さんは仕事で来れず。
YUKIプロデュースの吉岡さん、友人のTさん、私の友人のカメラマン中島さんが見学。
声が危ないのに、お客さんが来るとつい頑張ってしまう。
人が見ていないと出て来ない感情もあるのでありがたいのだが、、。
マコちゃんに声を出さないようにと釘を刺される。

見学してくれた人達とお茶。
吉岡さんは友人と小樽まで観に来る事に。Tさんは残念だが次回小樽に来てもらおう。
中島さんは去年観てくれたが、今年は仕事で行けないというので観てもらった。
三人に感想を聞き、痛いところをズバリ衝かれた。本番に向け修正しよう。
もちろん芝居全体は楽しんでもらった。嬉しいメールも届きました、ありがとう。
あとは本番をお楽しみに!


いよいよ本番が近づきました。今年も長かった。最初の台本をもらったのは去年。
ちゃんと覚え始めたのは2月の終わり。本当に覚えられるのかと不安の毎日。
二度もこんな長い話を書いていただき、ありがたい事この上なしです、蜂谷涼さん。
沢山台詞を覚える仕事がなくて助かりました。

この話をどう芝居にするか、どう立ち上げるか、演出、舞監と頭をひねること数ヶ月。
やっとメドがついたのは、6月下旬の小樽市能楽堂でのリハーサルかも知れない。
東京に戻り、見学してくれる人の反応なども見ながら稽古してきました。
この上は、一人でも多くの方に私たちの集大成を観ていただきたいものです。

北海道の人も、道外の人も、近郊の人以外は宿泊しなければ観られません。
でも私たちは、出来れば小樽に泊まって観ていただきたいと思っています。
お昼の観光もいいでしょうが、夜の小樽も堪能してもらいたいのです。
実行委員会の人に聞いていただければ、お店の御案内も出来るだけお手伝いしたいと思っています。
能舞台でお芝居を観ていただき、それを肴に夜のお食事を楽しんでいただきたいのです。

東京は暑い日々が続いています。小樽の夏はどうなるでしょう?
でも、どんなに暑くても東京の夜のような暑さにはならないでしょう。
それでも暑いときは、美味しいビールが待ってます。小樽ビールもありますよ。
みなさん、涼しい北海道、涼しい小樽でお待ちしています!
美味しい芝居に、美味しい食事!
さあ、暑い国を抜け出して、北の小樽へ行きましょう!
私たちがお待ちしています。
[PR]
by miminashibiwa | 2010-07-30 23:26 | おたる遊幻夜会

「直面(ひためん)」その18。


7月27日(火)、水天宮前。
d0134361_1508100.jpg
昨日、今日と能の稽古。
能の稽古場は暑いのです。
クーラーはあるのですが、戸を開け放すと隅田川の川風が吹いてくる事もあるのです。
今日はびゅうびゅう吹いてきました。直面の本番が近いとはいえ、能の稽古は一向にはかどらない。
うまくは全然なりません。ろくに稽古もしないで、何を寝ぼけた事をというていたらく。

あっ、くれぐれも言っておきますが、「直面」は能の公演ではありません。
時々間違う方がいらっしゃるようですが、現代語の一人芝居です。時は江戸から昭和。

私の独り語りと札響の演奏があるだけです。休憩入れて2時間。
何もない能舞台なので、装置も仕掛けもありません。
そんなの面白いのかとお疑いの貴兄に、面白いらしいとだけ答えておきます。
なんと言っても、わたし観た事がないものですから、あくまでも他人の意見です。
稽古を観て泣いている方もずいぶん見ました。

小説が連載されている、北海道情報誌「HO(ほ)」は、どこに売っているんだと聞かれるのですが、札幌の紀伊國屋では見た記憶が、、、。

昨日は、帰りに隅田川の川っぷちで台詞の稽古。途中で雨に降られ退散しました。
夜は神田さんの「直面」の音楽を聴きながら、台詞の確認半分くらい。
こうして聴くと、本当に台詞にだぶっているなと実感させられます。
[PR]
by miminashibiwa | 2010-07-28 01:07 | おたる遊幻夜会