琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

 グルジア * ミラクル


      2007年1月〜2月グルジアへの旅 その1

グルジア共和国は何処に在りますか?

ピロスマニ展が西武美術館でやっていたのも知っているし、映画も見た。
札幌「やぎや」の永田家には、昔から時々ポスターが掛かっていた。
パラジャーノフ監督の映画も文芸座地下で何本か見た。
相撲の黒海関の名前も知っている。
でも、グルジアは知らなかった。

d0134361_18502788.jpg

           グルジア共和国 首都トビリシ市

2007/1/26 (金)
ハチャプリ商会の相棒、石田百合とグルジアの旅へ出発。
昔グルジアへ旅をし、すっかり虜になった石田の荷物持ち兼ボディーガード。

イスタンブールへの12時間は辛かった。食事いまいち。ワインに酔う。
乗り換えに何時間待ったのだろうか。ぐったりしてしまう。
陰気なグルジア行きの待合室に行くと、もの言わぬ黒服の人々。
あろう事か突然聴こえた関西弁。まさか日本人がいようとは...
がっかりして、此の二人には知らんぷりを決め込む。

朝の3時半頃、グルジア共和国の首都トビリシ着。
飛行機から降りて、ライトアップした建物の写真を撮り怒られる。
税関を出ると客引きのたむろする外に放り出される。外国にきたな〜。
頼んでおいたホテルの若い男が名前を書いた紙をかざして待っていた。
ホテル迄の道は街灯に照らされ、埃っぽく淋しい景色が続いている。
何処も、空港から街迄の景色は、うら淋しいように思うのは私だけ?
予約したホテルは、ズべリウバニ。すぐ上にシェラトンが見える。
英語を話すデカプリオ似の男とマダムにガマルジョバットと挨拶し、
シャワー浴びベッドに潜り込んだのは、もう5時を過ぎていた。眠い!

1/27 (土)
 8時半起き、10時ロビーへ。
朝が早かったので、ホテルの女性二人がベッドで寝ているのがドアの隙間から見える。
地下鉄アブラバリ駅へ行く途中、大喧嘩をしている若い男女に会う。ただ事ではない。
貧しそうな二人が、辺りを気にもせぬ程切羽詰まった形相で怒鳴り合っている。

駅の周りは、中年の男達が集まっている。集会でもあるのかと思ったが、
毎日の光景だった。石畳の市街でウインドウに飾ってあるピロスマニの画集を買う。
週末美術市へ。
吉祥寺の井の頭公園さながら、沢山の絵や美術品が公園や道端に並べてある。
屋根付きの場所もあり、奥に食べるところがあった。
ハチャプリ(グルジアのチーズパン)初体験。しょっぱいがうまい。
甘いレモンティーが、疲れた身体によく効く。

メトロで繁華街のルスタベリ駅へ出、歩いてアブラバリ駅迄戻る途中に、
いい感じのレストランがぽつんとあった。表にピロスマニ風の絵が描いてある。

d0134361_18563568.jpg

          ここが噂の食堂。 満腹、満腹

此処が大正解。貧しい旅行者に有難い店で、お腹いっぱい飲み食いしても
安くておいしい食事が出てくる。吃驚するような美人も働いている。

地ワインやヒンカリー(グルジア風水餃子)、レバー炒めが美味しかった。
食べた事のないスパイスの味が、とても気に入った。

1/28 (日)
グルジア語を習っている石田の言葉も通じたりして、この日から朝食がつく事に。
地下食堂。客は二人だけ。目玉焼き2個、チーズ、パン、紅茶のティーバッグ、
ネスカフェ。満腹。紅茶はレモンティー。美味しかった。

d0134361_18515558.jpg

          ホテルの飼い猫と朝ご飯

トビリシ駅へ。日曜なので周りに市が立っていて、野菜や果物が売られている。
ポリスや胡散臭そうな奴もウロウロしていて、駅の周りは危なそう。
少し行くと、突然巨大市場が現れた。嬉しくて叫びそうになる。
肉、魚、野菜果物、日用品に楽器、洋服なんでもある。
バルセロナの市場も大きくて興奮したけど、此処も本当に大きい。市場大好き。

d0134361_19241630.jpg

    トビリシ市場の蜂蜜売り 試食の量が半端じゃない

紅茶や蜂蜜買う。グルジアは以前、ソ連の紅茶を一手に引受けていたらしい。
見たこともないスパイスなど欲しい物だらけ。また来る事にして今日は我慢。

石田がグルジア語の先生に頼まれたものを、タムナさんに渡す。
タムナさんは日本語を話せるので大助かり。学生に教えている。
(タムナさんはこの後留学が決まり、今、早稲田の学生として日本に来ている)

パペットシアター探すが、閉鎖。中に居る人を呼出し尋ねるが、
再開のめどは立たないようだ。街は瓦礫のような建物や、廃墟も目につく。
近くの、パペットシアターのような可愛いレストランに入り食事。
美味しかったが、昨日のレストランはよほど安かったらしい。

外に出ると、若い女性二人が英語で声をかけてきた。今日も歩き疲れた。 

地下鉄のホームでパンドーリを弾きながら歌っていた盲目の女性はうまかった。
パンドーリは三絃なので、グルジアのゴゼさんと言ったところだろうか。



1/29(月)
夜中じゅう女の鳴き声のような音が鳴り続けた。ウ〜ン、眠れない。外は嵐。
朝食は今日も二人だけ。ゆで卵2個、ソーセイジ2本ずつ、チーズ(食べきれない)。
ルスタベリ通りへ。楽器屋探し、中に入るとエレキギターばかりなのはどの国も一緒。
珍しい事に5弦バンジョー1台、大きさの違うパンドーリ(民族楽器)2台吊ってある。
値段と弾き方を聞くと、従業員は弾けず、奥から出てきたニアズが弾いてくれた。
やがて彼が、家にまだ色々あるから見に行こうと、タクシーに乗ることに。
何とそこは、外に警備員が居るマンション。まだ工事が終っていなかった。
5階の部屋に入ると、広くて外が一望出来る贅沢な部屋。
ここはニアズの父親の設計だと言う。 グルジアにこんな処があるなんて?!

d0134361_18542898.jpg

           ニアズ(ミュージシャン)の家で


彼は33a(オツダ ツァメティ アー)というバンドのリーダーのようだ。30代か?
CDも何枚か出している。ただし、何処の店でも最新作しか置いてなかった。

部屋にはパンドーリが4台、琴、弓で弾くバンジョーのような楽器などがある。
色々さわらせてもらい、どれが気に入ったかと聞くので指さすと、
「それは作りが悪い」と、サインの一杯入った、自分のパンドーリを渡し、
プレゼントするという。そんな〜、嬉しいけど...なんで?
そりゃ勿論、有難くいただきますが、見ず知らずの私にこんなね〜。

翌日また会う事にして、ひとまず退散。ルスタベリに戻りお茶とハチャプリ。
地下鉄でアブラバル。人の視線がきつい。露骨に見られる。中国人に思われる。
トビリシ駅でとうとうポリスが来て、英語話せるか?アラビア語は?国は何処か?
日本だと言うと離れていった。以前はポリスに随分怖い目、嫌な目にあったそうだ。

夕食は一昨日行ったレストラン。食べていると男2人、女4人のグループが入ってくる。
そのうちキーボードで歌う男が現れ、何人か踊り出す。写真取るとテーブルに呼ばれる

d0134361_18552181.jpg

一緒に呑み喰いし、踊り、歌い、抱き合い、段々めちゃくちゃになること3時間。

いや〜盛り上がった!面白かった!酔った勢いで歩いて帰る。
ホテルの人に、トビリシ(首都)以外に行かないのかと聞かれる。もう何人目だろう?

1/30(火)
夕べのどんちゃん騒ぎで不調。東京の家の留守電は声化けして聞き取れない。
昨日の楽器屋に行くと、二アズから石田に本のプレゼントが届いていた。
Bassパンドーリを買う。ニアズ現れ、いい買い物だと行ってくれた。

フォークロアの店見付け入る。中で芝居をやっていた。
オペラ&バレエステイツ劇場で明日のバレエ「ドン・キホーテ」の券が取れた。
真ん中のいい席があまり安くて吃驚。この公演は2007年夏、東京に来ていた。

夕方、とあるところを尋ね、会った人がゲラ・カンデラキ。
帰ってから知ったのだが、オタール・イオセリアーニ監督の映画
「歌うつぐみがおりました」の主演俳優だった。

今夜はパンやマッツオ二(ヨーグルト)、チーズ、ワインも買って部屋飯。
洗濯。
[PR]
by miminashibiwa | 2008-01-15 19:20 | ハチャプリ商会