琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

ソルトに花

2016年5月15日(日)
昨夜はポエティカ泊まり。
控訴玄米と野菜いっぱいの昼食の後、宮澤賢治の絵本を借り、ポエティカで読む。
沢山あった賢治の絵本。読んだことのない作品も多く、夕方まで読む。
ここでは、時間がゆったり流れる。誰もいない広くがらんとした空間。
夕食後に、心療内科の仕事を終えた高塚先生に駅まで送ってもらい札幌やぎやへ。
今年も楽しいポエティカの日が終わる。不思議な時間。

2016年5月16日(月)「方丈記」公演。
お昼、ながたまに連れられ日本蕎麦の店へ。豚肉蕎麦ご馳走になる。
3時過ぎ、塁にソルトピーナッツまで送ってもらう。
もちろんお腹は空いていないのだが、お決まりのマルキンラーメンを注文。
今日は店主の金野さんのマイブームになっているという、ゴボウ支那そばをいただく。
まもなく中学の担任だった橋本先生からお花が届く。
d0134361_0403035.jpg

同級生のさかい君が現われたので、先生にお礼の電話をかけ、彼に変わる。
同級生カメの奥さんや出産まぢかのお嬢さんには、ずいぶん振りで会う。
友人知人の無事を確認し、ランチの時予約してくれた若い人たちも来てくれ、やがて若き役者二人による「方丈記」前芝居?(店主作)が始まる。
   
私は語り琵琶「方丈記」。原文全文。今日は自分が面白し。寝てる友達もいるいる。

金野さんからは「伊藤さんのことを言っているようで、笑っちゃった」と言われる。う〜無!
終演後はお客さんのテーブルへ行き、個別に話す。
東京が揺れたようで、メールが届いていた。
ソルトの店主夫妻と子どもたち、手伝ってくれた若い役者たちやえびふらい、紙切り千亜紀などなどと打上げをしているうち、すっかり遅くなる。ナガタマ夫妻も飲んだので、クルマを置いて帰る。
毎度、早くは帰れない。明日早いぞ〜!
[PR]
by miminashibiwa | 2016-06-14 01:05 | 耳ざわり通信