琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

りょうごくにて

2016年4月2日(土)両国
「シアターX この人に聞く シリーズ 第1回」お話 永曽信夫‘‘新めて演劇を問う’’
d0134361_23571670.jpg
私が桐朋学園演劇科で習った、永曽信夫(えいそのぶお)先生。
今日は2時間半に渡って、話しを聞く。

思えば40数年前、演劇雑誌『悲劇喜劇』の「大学の演劇教育特集」で、永曽信夫先生の桐朋学園演劇科の記事を読み、他の学校とまるで違うハードな授業内容に触発されこの学校を受験した。
一番最初の授業の時に、整列して待っていた私達に言った「なぜ好きなところに、好きなようにいないの?」の言葉が、いまだに頭からはなれない。「この中で役者になれるのは二人か三人。あとは練習相手です」。後の言葉は聞いたかどうか定かではないが、その通りになっている。「一生懸命」「頑張る」「真面目」という言葉が嫌いで、これも今日話していた。

卒業してからも、俳優座劇場での桐朋学園短大の創立20周年記念公演の舞台「肥前風土記」(田中千禾夫 作)や、芸術監督をしていた富山県のオーバードホールで「アイ・アム・アリス」(別役実 作)に呼んでもらい、演出を受けたことも忘れがたい。40歳や50歳前後の節目のような時に声をかけてもらった。
今日は、「アイ・アム・アリス」で夫婦を演じた執行佐智子さん(1期)や、大橋芳枝さん(気付かなかった。会いたかった。「アイ・アム・アリス」「いのちの華」で共演)、奈木隆君(10期)や大先輩の演劇関係の方々が来ていた。ちなみに私は9期。

長い時間かけ、しょぼしょぼ読んでいた「ストレーレルは語る」ーミラノ・ピッコロ・テアトロからヨーロッパ劇場へー。1997年に亡くなったイタリアの演出家ジョルジュ・ストレーレルと演劇評論家ウーゴ・ロンファーニとの対論を、やっと最近読み終えたところ。なじみのないイタリア演劇の話しを二段組みの本で読んでいる自分は何なのかと思いつつも、演劇にかけた人生は興味深いものだった。
1921年生れのストレーレル、1930年生れの永曽さん。演出家のストレーレルと俳優教育の永曽さん。演劇に対する熱い想いはどちらも一緒か。
生きている永曽さんから、もっといろんな話しを聞きたくなった。
[PR]
by miminashibiwa | 2016-04-03 02:05 | 耳ざわり通信