琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

琵琶の秘曲でつづる平成絵巻「方丈記」むさしの教会

2016年3月26日(土)14時。阿佐ヶ谷 日本福音ルーテル むさしの教会
琵琶の秘曲でつづる平成絵巻「方丈記」本番。
d0134361_056100.jpg
沢山の人に来ていただいた。
去年の12月18日の六本木ストライプスペース以来の、四人でやる方丈記。
楽屋に使わせていただいた、むさしの教会の2階の部屋の窓からは目の前に桜が見える。
ヒグマ春夫さんが今日のための映像を作って来たので、なるべく暗くして欲しいと要望があり、maikoさんが急遽明りを担当することになる。六本木でもやっていたのと、度胸が良いのとであわてることなく進行する。今日は昼公演で、カーテンがないので外光が入り真っ暗にはならない。
大柴譲治牧師のメッセージで、本番が始まった。入口で控えている間、大柴牧師の言葉に落ち着きを取り戻した。教会で語るのは、不思議な空間に入っていくようだった。
ここのところ一人で「方丈記」を語っていたので、久し振りの四人は楽しい。よく皆さん聞いてくれて、面白く語ることが出来た。一人芝居のようになって来たかもしれない。
終わり方も決めていなかったので、私達が引き上げた後を大柴牧師が再壇してお話しをしてくれたのは、大変助かった。
終演後に沢山の人に声をかけていただき、出演者冥利に。琵琶とベースの組み合わせも好評。

楽琵琶を弾いた塩高和之さんのお客さんが京都から聞きに来てくれ、ヒグマ春夫さんと四人で打上げ。クルマで来た、5弦ウッドベースの水野さんとmaikoさんは今回も欠席となった。

2月29日にキッド・アイラック・アート・ホールでの感想を書いてくれた、宮田徹也さんの感想はこちらをクリック


帰りはヒグマ春夫さんに新宿ゴールデン街に連れて行かれ、面白い出会いも会ったのだが今日はここまで。
[PR]
by miminashibiwa | 2016-03-30 01:44 | 耳ざわり通信 | Comments(0)