琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

ワークショップ90

2006年3月8日(火)
暖かい日だった。阿佐ヶ谷は、もう春になっていた。
琵琶の塩高和之さん、5弦ウッドベースの水野俊介さんと「方丈記」リハーサル。いつものように、鯛焼きを買って行く。今日は、見学者あり。3月26日(土)14時開演の、日本福音ルーテルむさしの教会のための稽古。
終了後、散歩したくなり高円寺まで歩く。
1980年代前半にワークショップ90というグループを、当時文学座の演出部にいた中条康臣と役者の高林幸平の三人で作り、高円寺の明石ビル2階の閉店したレストランで公演した。このビルは明石スタジオを建てた元女優の明石澄子さんの持ち物で、90歳になる明石さんのご好意で作ったグループなので、ワークショップ90と名付けた。エドワード・オールビー作「動物園物語」とハロルド・ピンター作「かすかな痛み」の二本を上演。三本目は、中条さんの新作になるはずだったが、台本が出来ずグループも解散。なんてことを思い出し、その当時もすぐそばにあった古本屋を覗く。商店街などぶらぶらして、そのまま中野駅まで歩く。
常に歩き、常に働くは、養生なるべし。(方丈記)
[PR]
by miminashibiwa | 2016-03-10 01:29 | 耳ざわり通信