琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

WHEN I WAS MOST BEAUTIFUL

2016年2月15日(月)
「茨木のり子の家」という写真集を見ていたら、レコードジャケット「Pete Seeger Young vs. Old」が写っていて、歌詞カードも載っている。「WHEN I WAS MOST BEAUTIFUL」の歌詞の周りが赤い線で囲われている。それは彼女の詩「わたしが一番きれいだったとき」を、ピート・シーガーが英語に翻訳し歌っているものだった。茨木のり子とピート・シーガーがくっついてしまった。まさかこんな事があろうとは!
「Seeds:The Songs Of Pete Seeger,Volume 3」の中で、女性が歌っている。聞いているはずなのだが覚えていなかった。持っているCDを探したが、ピート・シーガーが歌っているものはなかった。
確定申告を書く合間に、茨木のり子の詩集「食卓に珈琲の匂い流れ」「落ちこぼれ」など読む。
[PR]
by miminashibiwa | 2016-02-15 21:53 | 耳ざわり通信