琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

まんがほうじょうき

2016年2月6日(土)
2013年発行の、マンガ古典文学「方丈記」(水木しげる)を読む。時代状況がよく書かれていて、歴史もよく知らぬわたしは、うなずきながら読んでいた。いろいろな、「方丈記」や「鴨長明」の解説本を読んでいても分らなかったものを、画にしてくれるのはありがたい。太平洋戦争を兵隊として従軍し、爆撃で左腕をうしない、東日本大震災も経験している水木しげるさんの筆になると、「方丈記」の中の五大災厄の画が、生々しく迫力をもって迫って来る。面白いのは、漫画家の水木しげるさん本人が鴨長明に会いに行って、いろいろ聞きただす設定。マンガ、侮るなかれ。

そういえば、水木しげるさんのマンガ「耳なし芳一」に、兵隊が戦場で出陣の前夜に琵琶を弾いている画があった気がする。三味線を戦地に持って行った話しを読んだ記憶があるが、琵琶を持って行ったひとはあるのだろうか?重いし、持ちづらいし、南の国では湿気で楽器も絃も音を出さなくなるし、調整も難しそうだ。ずっと気になっている。
戦時中、東京では琵琶の演奏会がよく開かれていたと、アイチャンに聞いた事がある。

高校まではマンガ雑誌で楽しませてもらい、近年は多くのテレビの特集で楽しませていただいた、水木しげるさんに合掌。
[PR]
by miminashibiwa | 2016-02-07 02:13 | 耳ざわり通信