琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

きみのゆくみちは

2016年1月30日(土)
キッド・アイラック・アート・ホールで「ヒグマ春夫の映像パラダイムシフト Vol.74」を観る。来月2月30日は、わたしが出演する事になっている。阿佐ヶ谷での「方丈記」差し込みチラシを持参。終わってから、その場で軽い打上げとなりワインや日本酒が出る。琵琶奏者の塩高和之さんが奥さんと来ていて、この日が塩高さんの誕生日という事が分り乾杯などあり。そのあと近くで打上げ。終電乗り遅れ、久々にぷらぷら歩く。雪でなくて良かった。かえりみちはとおかった。

昨日の打ち上げに、小泉堯史監督・黒澤明脚本「雨あがる」で、音楽の佐藤勝さんの手伝いをしたという人がいて驚いた。わたしも出演しているのでつい嬉しくなり、何度か握手を交わす。

わたしが中学生の時に流行ったブロードサイド・フォーの「 若者たち」は佐藤勝さんの作曲で、黒澤明監督の長男で「雨あがる」のプロデューサー黒澤久雄さんが歌っていた。1999年に亡くなった佐藤勝さんのお別れ会の時、ブロードサイド・フォー が「若者たち」を演奏し、私たちも一緒に歌った。この時「君のゆく道は果てしなく遠い」の歌詞が、亡くなった佐藤勝さんや年を取った列席者が、若いとき見た夢と自分がして来た仕事を振り返っているように聞こえたり、「君のあの人は今はもういない」と言う歌詞は、恋人ではなく、亡くなったり会わなくなった先生や師やお世話になった人を指しているように聞こえた。青年が見る未来ではなく、人生を振り返る逆から見た世界に思えて、興味深く覚えている。
[PR]
by miminashibiwa | 2016-02-01 01:20 | 耳ざわり通信