琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

冬の北陸旅④

12月24日(水)高岡〜氷見〜高岡〜富山空港〜東京
朝、荷造り。明日、1月の舞台「良寛」の稽古があるので帰京しなければならない。
1時、向さんの運転で氷見へ向かう。立山がきれいに見える。
氷見番屋街へ行き、お土産など探す。
おととし来た時は、12月23日の日曜日。とても混んでいた。
今日は天皇誕生日の翌日で、ほとんどひとがいない。

朝ご飯は食べたばかりだったが、ふたりで回転寿しへ入る。美味しかったのです。
向さんはあまり食べなかったのか、安く食べられた。旨かったので、また来たい。

高岡に戻り、市役所前の喫茶店「ブリック」へ入る。
昨日ママに、「耳なし芳一」に来ていただいたお礼をして珈琲。
聞くと、以前「日だまり」で語り琵琶『桜の森の満開の下』を聞いてくれたのだそうだ。

5時前、焼肉「鉄木真」へ。お腹は一杯で食べられない。
ローストビーフとワインをご馳走になり、空港行きのバスを待つ。
ママとは数年会っていなかったので、仕込み中ではあったがいろいろ話す。

バス停を探し、待つ。寒いのだ。トイレに行けば良かったのだが、期を逸する。
遅れてバスが到着。この後の空港行きのバスはない。
走り出してすぐ、トイレに行きたいという男性がバスを止め降りて行った。
その駆け出す姿に気になり出す。寒いし、しそこなっているし不安が募る。
iPodで落語など聞き、外を見て気を紛らすがうまくいかない。降りる訳にも行かない。
気が気ではなかったがなんとか持って、到着。あわててトイレに駆け込んだ。

今度は飛行機がトラブって遅れていて、機体を変えてようやく出発。
あまりアナウンスに慣れていないと思われるスチュワーデスと、何となく心通じるものがあったようで、降りる時に思わずお互いにアイコンタクトになってしまった。
ちょっと、いやとっても嬉しい瞬間でした。こんなこともあるか?
ここから先きがないのが寂しいところではありますが・・・ないものはない。
冬の北陸旅、ほっこり終了。

家に帰ると宅急便の不在票が数枚入っていた。
おお、今日はクリスマスイブ。もう今日も数十分でお仕舞い。
向さんからいただいたお酒「立山」で、鉄木真でいただいたローストビーフ、氷見で買った「鱒の寿司」など食べろ間に、今年のイブはとっくに走り過ぎて行った。
[PR]
by miminashibiwa | 2015-01-03 00:56 | 耳ざわり通信