琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

本番「白鳥の歌を忘れない」〜打上げも忘れない!

9月29日(月)横浜、みなとみらい小ホール。
う〜ん、眠れなかった。
台詞が心配なわけではないのだが、とにかく眠れなかった。
昼公演は、こんなとき困る。二度寝が出来ない。
それどころか、9時半には家を出なければならない。眠い。

10時半楽屋に到着。
琵琶をケースから出して調整する。湿度や温度も慣らしておかないと、音が狂う。
皆さんけっこう早い。舞台稽古が衣装着用のせいかな?
11時半、信田さんが新しく作って来た音を聞く。

12時過ぎ、ゲネプロ。
軽く流すか、ちゃんとやるか考えたが、本番通りのテンションでやる。
琵琶は初め「壇の浦」を語る事になっていたのだが、ひと月前の稽古で初めて来た舞台監督マコちゃんのひと言でやらない事になっていた。
結局、数日前の制作の要請で「祇園精舎」を入れる事になった。
ちょっと出遅れたところと、「八郎」の台詞が怪しくなった意外は順調に終了。
ただ大きい声で稽古していないので、この稽古で声を全開で出したため少々不安になる。

急に来られなくなった人、急に来る事になった人からメールや電話が入る。
制作にメールするも返信なく、携帯に電話しても出ないのでロビー受付に行き直接伝える。
いつもお世話になる田口さん、工藤さん、岩本さんがいて、しばし歓談。
今日も受付をやってくれます。

安曇野の泉澤さんが、大量の林檎を持って手伝いに来てくれた。
昨日は、自分の本番が晴海であったとか。みんなでいただきました。美味しい。

本番まで2時間もないので、駅で買った崎陽軒の「チャーハン弁当」三分の一ほど良く噛んで食べる。難しいのは、食べ過ぎるとゲップなど出たり、頭に血が回らずぼーっとしたりするし、足りないと本番中にお腹が空いて鳴ったり、頭もぼーっとして台詞が出て来なかったり、踏ん張れなかったりする事。「八郎」をさらってるうちに本番直前と相成りました。

本番は前の方の席が空いていたので、楽に出来ました。
暗くなって琵琶の音、祇園精舎が始まり、後ろの方からウオーっと言う声が聞こえたとメールがありました。タクシー怪談もハマった人がいたようだし、手品もまごついたけど拍手と歓声が上がり、やってる方が驚いた。役を爺さんにしておいて良かった。
パンドラとエピメテウスのくだりも、マコちゃんがベケットの演出をしたばかりだったので、懐中電灯を使ってベケットごっこのように作ったら泉澤さんは気に入ったよう。
「八郎」の前、合唱曲「水のいのち」4 『海』の朗読をするあたりから、お腹が空き出した。
「八郎」大丈夫か心配になったが、少しヨロヨロしたものの、無事終了。
予想通り斎藤隆介のこの作品は、けっこう感じた人がいたようだ。すすり泣く声も・・・
それにしても、緊張感のある客席だった。静かにじっと集中して聞いてくれた。

田辺いづみさんの歌う「雨のブルース」「マタイ受難曲」「風が息をしている」は良かったし、芝居も堂々としてとても良かった。いい声してるね。
松本康子さんのピアノは良い音出して勿論良かったし、最初の稽古を思い出すと、合唱がここまでなるかと思うほどだった。凄いね。「水のいのち」をこうやった公演はなさそうだ。

いい拍手をもらった。予想外のいい拍手だった。こちらには分るんですね、これが。
ロビーでもいい感想を沢山もらい、これも望外の喜び。
友人知人はもとより、初めて会う方々からも、お褒めの言葉を随分いただいた。
役者仲間の井上文彦さんからは、「いいキャラクターになったな」「こうゆうのいいんじゃない」と言われるが、こうゆうのってどうゆうの?

脚本の石川が、馬渕さんが来ていると教えてくれた。
なんと中学の同級生が、ネットで探してるうちにこの公演を見つけて来てくれた。
彼女とは同じクラスになった事がないので、変わった名字の人として覚えていた。
顔を見て話すうちに、段々思い出して来た。

さて、いつも遅い片付けの私を待つのはマコちゃん。
「おたる遊幻夜会」の時も舞台監督兼後見を頼み、疲れ果てて着替えられない私を叱咤して打上げ会場に引っ張って行ったのもマコちゃんだった。

打上げ会場は近くで、呑み食い放題だったがあまり呑めず食えず。
あちこち席を移動して話していた。
照明の澁谷さんとも、時々自動の今井さんの通夜の帰りに呑んで以来の酒。
二年続けてプーク人形劇場で照明をしてくれた三上さんとも知りあいだった。
今度三人で呑もうと約束するのは、飲ん兵衛ふたり。

呑み足りないなと思っていたら、二次会を合唱団のメンバーが泊まる、インターコンチネンタルホテル25階の部屋飲みとなる。ほとんどの出演者が来た。信田さんと澁谷さんも。
二部屋を繋ぎ、大騒ぎ。ひとりずつ感想を述べあった。楽しい飲み会となる。
泊まっていけと言われたら、私は泊まりますよ。
10時と11時に帰る人たちがいて、最後翌1時に帰った後は三人。
女性は隣りの部屋に退散して、私は男性といろいろ話し、2時頃ダウン。
こんな打上げもあるか。
[PR]
by miminashibiwa | 2014-10-04 01:45 | 耳ざわり通信