琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

秦野(はだの)の河原を川風吹いて

6月9日(月)神奈川県秦野、天徳寺。
ちょうど雨が上がった時を見計らって家を出た。
新宿で小田急線小田原行きに乗る。秦野(はだの)駅は遠い。
秦野に降りるのは初めてのようだ。

降りてみると、予想以上に大きな町なのに驚く。
となりの東海大学前や渋沢駅は何度か降りているが、全然雰囲気が違う。
古い町の匂いがあり、駅のすぐそばを流れている川も嬉しい。
河原を歩いている人がいて、羨ましく見える。下に降りて歩きたいな〜。
d0134361_256189.jpg

秋に「耳なし芳一」をすることになった「天徳寺」まで、ぶらぶら歩く。
ご住職と本堂で打ち合わせ。7時になるとけっこう暗くなったが、本番は9月。
そうとう暑いだろうから、閉め切るわけにはいかない。風の道の組み合わせを考える。
いい感じの本堂だ。2時間近くいていろいろ話す。

近くのお店で、お酒をご馳走になる。刺身やツマミの美味しい店だった。地酒も呑む。
長岡輝子さんに似た、美人ママ(と呼ぶのがふさわしい)のお店だった。
若い頃はさぞや!

今日も最終電車が早く、涙を呑んで(酒も呑んで)帰りました。
次回は町を散歩してみたいと思った秦野でした。
[PR]
by miminashibiwa | 2014-06-10 02:02 | 耳ざわり通信