琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

舞台「良寛」顔合わせ・本読み。

4月17日(木)浜田山。
舞台「良寛」は、5月23日(金)18時半から「座・高円寺」で上演されるが、
今日は顔合わせと本読みがあった。

浜田山駅に降りてみると、知らない町のような気がした。
でも、彼の一家は住んでいなかったか?
井の頭線沿線の街は、どこか人をほっとさせるところがある。
早く着いたので駅の周辺を散策し、稽古用にお茶のペットボトルを一本。
ちょうど琵琶の塩高さんが駅から出て来たので、いっしょに稽古場に向かう。

作・演出の和久内明さん、琵琶の塩高和之さん、ダンサーの木原丹さん、私の四人で読み合わせ。
能の津村禮次郎さんは欠席で、和久内さんが良寛の台詞を読む。
色々な声、話し方、歌などが混じりどこに着地するのか楽しみ。これに笛と舞いが加わる。
チラシも私が載った、新しい物に変わっていた。
3時間かかって本読み終了。なぜか頭が痺れるほど疲れた。

バスで阿佐ヶ谷に移動。みなで食事して解散。
4月30日〜5月1日、良寛さんの出身地出雲崎で、ゆかりの地を訪ねることになる。
[PR]
by miminashibiwa | 2014-04-18 00:03 | 耳ざわり通信