琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

東京トロイカ合唱団「晩禱」を聞きに行けば、そっくりさん

10月25日(金)目白?、東京カテドラル聖マリア大聖堂。
19時、小雨の江戸川橋から坂をだらだら登って椿山荘。その向い側の東京カテドラル。
d0134361_23534023.jpg

目白や江戸川橋の辺りに住んだ事があるので、ここの前は何度も通っているが入るのは初めて。
d0134361_2353298.jpg

          高い天井だ。
ここでパンフレットの写真によれば43人の東京トロイカ合唱団が歌った。
ラフマニノフの「晩禱」第20回全曲演奏会。
合唱というものを久しく見て(聞いて)いない。
人の声が無伴奏で歌われるのは、なんと心地よい事か。カテドラルの響きのなんといい事か。
目を閉じると、どこか違うところへ連れて行かれるような感じがした。目を開けてもまた。

私の一人芝居で歌ってくれた田辺いづみさんが、同じくソロを歌っている。
神尾昇さん、樫木伴実さん、岩村眞理さん、石原絹代さん、森崎美代子さん、山口克枝さん、
小林裕美さん、宮腰裕明さん、伊藤馨さん、富塚研二さん、鈴木雪夫さんも歌っている。

休憩後は身体も暖まり、よりよく声が出だした。
客席は少々寒くなって来たが、歌っている人達は汗をかいているだろう。
あんなに長く直立して歌うというのはどんな感覚なのだろう。
芝居でずっと立っていろといわれたら、今はお断りだ。壊れてしまう。

素晴らしいひと時が終わり、帰りがけ大江利哉さんに会う。
居合わせた富塚研二さん、神尾昇さんと挨拶。
神尾さんに、どうしても会わせたい人がいると楽屋に連れて行かれる。
私の一人芝居の楽屋で、「煙草の害について」の扮装にそっくりの人が東京トロイカ合唱団にいると聞かされていたが、その人に会わせるといういうのだ。
ところがこの人、煙草の害などものともせず、煙草を吸いに行っているという。
なかなかどころか全然帰って来ない。

…で待つ間二人に、2時間も立って歌うというのは?との質問に
疲れる、足が辛くなる(重い人は特に)、身体は熱いが足が冷えて来る(床の冷たさが靴を通して来る)、女性はヒールにスカートだからもっと大変だろう、終わったあと動き出すのが辛い(長い正座のあと立つようなものか)、初期の頃はとても長く感じた(耳なし芳一を初めて語ったときは、いつ終わるとも知れない旅のようなものだったが)、二部は激しい曲も多く一曲が長くなるのが大変etc.

とうとうそっくりさん(植田真史さん)がやって来た。
植田さん(左)は何を言われているのか分らないまま写真を撮られ・・・
d0134361_23521541.jpg

似てますか?仕草とかキャラクターが役と似ていたようです。
なぜカツラと眼鏡を持って来なかったのか、と言われてもな〜。
みなさんプーク人形劇場の楽屋で大笑いするくらい似てたらしいのですよ。
[PR]
by miminashibiwa | 2013-10-26 01:35 | 耳ざわり通信