琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

ピート・シーガーに、三橋一夫にプーク人形劇場

10月20日(日)新宿、プーク人形劇場。
14時、 La Pupa Teatro 13 … おとなが観たい人形劇 …
太宰治作 お伽草子より「カチカチ山」田辺聖子作 私本・「イソップ物語」 より 現代版・イソップ「約束…」を観る。吉岡さん、信田さんも来ていた。
自分が演じたばかりの小屋で、すぐ他の公演を観るのは不思議な感じだ。

二本とも、とても面白かった。今度はもっと色っぽいヤツもお願いします。
最近人形劇に接する事がないので、それはそれは面白かったのです。
演技も、音も、明りも楽しみました。照明の三上さんは、私の芝居の照明でもあります。
「カチカチ山」のウサギと「約束…」の狐は、両方とも美人さんでありました。
みなさん役者としても出るし、声も出る。人形もつかえるし人形と芝居も出来る。

ロビーでの打ち上げに参加。
舞台のばらしをしている間信田さんと話しをしていると、高畠ルミさんが私たちの話しを聞きつけ、プーク稽古場でピート・シーガーが歌った事、コンサートに行った事、私も行った朝日生命ホールでピート・シーガーの楽屋に押し掛けた事、弟のマイク・シーガーの事、三橋一夫(みはしかずお)さんにどれほど影響を受けたかなど話してくれる。
三橋一夫という名は、中高生の頃読んでいたフォークソングなどの記事でお目にかかっていたが、プークに関わりのある人とは知らなかった。
「三橋雄一(=三橋一夫)さんをしのぶ会」パンフレットをいただく。
やはりフォークソングの本を書いていた人だ。ピート・シーガーとの関わりも書かれていた。
そういえば、数ヶ月前にシーガーの奥さんトシさんが亡くなっていたな。

テーブルには手作りの食べ物が並ぶ。
d0134361_17191424.jpg

「約束…」の狼をやった岡本和彦さんが隣りに来たので、色々話す事が出来た。
老いた羊の安尾芳明さんとも。お二人とも私の少し上の世代だ。面白い人達。
佐藤達雄さんも来て、三橋さんの話しになる。

照明の三上つとむさんからバーボンのオンザロックが届く。
吉岡さんと遠くで話し込んでいる。
人の間を縫っていたずらっぽい目で見ているので、遠くから乾杯。
そのうち来いという合図があり、階段の下に座り話す。
先日の一人芝居「白鳥の歌」を気に入ってくれたようだ。
ワイルド・ターキーも空になり、飲みに行こうと誘われる。
駅のそばで飲んでいたら、「カチカチ山」の狸の栗原弘昌さん、兎の井上彩香さん、他女性二人が現われる。四人が帰っても呑み続け、すっかり仲良くなって終電と相成りました。

まさかこんな楽しい一日になろうとは!しかし、今夜も飲み過ぎ。
[PR]
by miminashibiwa | 2013-10-21 17:55 | 耳ざわり通信