琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

終了「煙草の害について」「白鳥の歌」、写真付き。

10月15日(火)新宿、プーク人形劇場。
さあ、一人芝居「煙草の害について」「白鳥の歌」初日。
朝、家で台詞をさらう。台風が来ている。
12時過ぎ、吉岡さん、菊地さんはすでに到着していて、プークカフェでお茶。
本番2時間前に場当たりが終了。ゲネプロはしないので、本番で初めて全部通す事に。
弦楽四重奏、東京トロイカ合唱団、指揮者の神尾さん、アルトソロの田辺さんも揃う。
アナウンス役で急きょ呼ばれた工藤さんが、焦っている。申し訳ありませんね。
台風で来られない安曇野の方からメールが入る。
舞台「銀河英雄伝説」でオーベルシュタインを演ずる貴水博之さんからお花が届いていた。
ありがとうございます。今度の「第四章 前篇 激突前夜」でもご一緒します。
阿久根に行っていた、松本の清水さんからは焼酎につけあげが届いた。いただきます。
宮本さんから美味しいお稲荷さんが届く。ご馳走さま。みんなでいただきました。

7時半本番。
「煙草の害について」
東京トロイカ合唱団の方達にも客席で観てもらう。
d0134361_1959022.jpg
       東京藝大弦楽四重奏 池村理果、阪永珠水、西野絢賀、信田夏実

東京藝大の弦楽四重奏の演奏、アナウンスを聞いて出番。
本番のせいかちょっとしくじって、したたか足を打ってしまう。
始まってすぐ台詞が分らなくなる。本番はいろいろ起こるのです。
台詞をさらい過ぎて弱い頭が疲れてしまうのかな?まあ、なんとか先に進めて終了。
d0134361_2012579.jpg
               
再び弦楽四重奏の演奏があり、休憩。

「白鳥の歌」
休憩中に衣装を着替えメイクを変える。稽古していないので心配したが早く出来上がる。
セリに上がり、動くのを待つ。本番、衣装の扱いで少しもたついたが、上手くいった。
普段の稽古で出ないことが、お客さんがいて出た。こういうことが嬉しい。
d0134361_1958532.jpg
               
エンディングに闇の中で歌われるラフマニノフの「晩禱」の一節。生の声は凄いね。
d0134361_20231427.jpg
       指揮 神尾昇、アルトソロ 田辺いづみ、東京トロイカ合唱団

二階席から歌われる「晩禱」が、一階席ではどう聞こえたのだろう?あの低音は?

晩禱は25日19時から。東京カテドラル聖マリア大聖堂で聞くことが出来ます。

終演後、ロビーでお客さんを見送りながら簡単な感想を聞く。
懐かしいと言ったのは、桐朋の後輩。そうなのか。
これから八戸に帰るといった石川さん、帰れたのか?熱海の水野夫妻は?
あとで分ったのだが、東松山の麻生さんは電車が止まり、1時間以内で帰れるところを5時間もかかってしまったらしい。とんだ芝居になってしまいました。

大江さん、信田さん、菊地さんと、近くの中華で一杯。ビールが欲しい。
一杯といったのに11時半。外は雨が強くなって来た。店の傘を借りて帰る。

10月16日(水)新宿、プーク人形劇場。
芝居二日目。初日の翌日は千秋楽。
台風の影響で、電車も間引き運行。伊豆大島の惨状がTVで流れていた。酷い光景だった。
今年は何度こうした映像を見たことだろう。すっかり災害の大きさが変わってしまった。
プーク人形劇場に11時半頃着く。大江さんが外の椅子に座っていた。
カフェの娘が遅刻で珈琲が飲めない。12時、楽屋に入れてもらう。
2時開演なので、地塗りして衣装を着け、「白鳥の歌」の退場シーンの変更を稽古する。
続いて昨日時間がかかった、カーテンコールの練習。
衣装のケンケンさんが現れる。プロデューサーの吉岡さん以外と初めて顔をあわせる。
全員集合。受付も田口さん、工藤さん、岩本さんに小田倉さんも来てくれ最強メンバー。
昨日一度本番をやったので、少し気が楽だ。夕べの飲み過ぎで、声が心配。
「煙草の害について」
くすくす笑っているのは聞こえていたが、あとでスタッフに聞くと本当に困っていると思ったお客さんが、伊藤さんそんなに焦らなくてもいいのよなどと声が出ていたらしい。
d0134361_19585893.jpg
            

「白鳥の歌」
休憩時間に、昨日と違うズボンとシャツを着ける。
安全ピンを取ってしまったため、ゴムがズボンの中に入ってしまう。なんという間抜け!
楽屋に一人残っていた合唱団の方に、衣装のケンケンさんを呼んでもらう。済みません。
安全ピン二本で、ゴムを入れ直してくれた。ああ助かった。どうなることかと思った。
パンツ一丁で待つ私は、「白鳥の歌」の間抜け野郎そのまま?
d0134361_1957753.jpg
            

舞台で花束をふたつもいただいたが、面識のない女性二人。
誰かと思ったら、大江さんの奥さんとお嬢さんでした。ありがとうございます。
d0134361_2123424.jpg
        奥 宣伝美術 河原奈苗、前左 田辺いづみ、右 大江利哉

終演後ロビーで挨拶。今日は沢山来ていただいた。写真を一緒に撮ったりしましたが、私の顔は真っ白で誰やら分らないんですがね。そのくらいの方がいいのかもな〜?
d0134361_2124053.jpg
        左から岩本さん、小田倉さん、吉岡、伊藤

以前から「煙草の害について」を演じていた坂元貞美君が、またやりたくなったと言って帰って行った。よかった、よかった。演芸作家の稲田さんもお手伝いしてくれた。
ここからの片付けが一仕事。

近くの居酒屋「三是」で打上げ。合唱団の方達はお帰りになった。
ちゃんとお礼を言っていないような気がして、心が痛むな。ありがとうございました。
d0134361_20354487.jpg
         打上げ 演出の大江さんがいるバージョン 
d0134361_20345016.jpg
         打上げ サウンドデザインの信田さんがいるバージョン
弦楽四重奏のお嬢さん達、受付スタッフ、舞台スタッフ、プークの真知子さんで乾杯。
大江さんは台風の被害が大きいとの情報が入り、途中退場。
お嬢さん達の食欲に感動。信田さんの奥さんから、お嬢さん達は稽古で私の芝居のこだわりを見て、それに添う演奏を考えてくれていたことを聞く。なんという娘達だろう、泣いちゃうぞ。やっとお嬢さん達とも話しが出来た。
後ほど、今日見てくれた西出君が打ち上げに参加。
みなさん帰る中、衣装のケンケンさん、舞監の菊地さん、西出君、私の四人で11時半。
6時間半も飲んでるぞ。みんなよく呑む。
しかし帰っても、終われない。
無茶飲みするか無茶食いするか、何か身体に悪いことをしないと終われない。

幸せな二日間は終わった。沢山の人の好意だけで成り立っている公演。
半年近く巻き込まれた方々から当日呼ばれた方々、観ていただいた方々に感謝。
なんと酷いことをしているのだろうとも思う。ありがとうございました。
また、懲りずにお付き合い下さい。

* 撮影 信田眞宏

10月17日(木)新宿、プーク人形劇場。目黒シネマ。
前日の芝居の荷物を取りに、プーク人形劇場へ行く。
打上げの飲み過ぎと、寝ながら台詞が出て来るための不眠で不調。

目黒シネマで「LA ギャングストーリー」「華麗なるギャツビー」を観る。
「LA・・・」が、意外に面白かった。実話のせいか、役者がいいせいか?
「ギャツビー」は、大味で深みも心打たれるものもなかった。
むかしのレッドフォードのは記憶も薄れたが、最近小説を読んでいたのでキャスティングも違うように思える。

NHKの「サラメシ」で立食いそばを食べていて、無性に食べたくなり、終演後の目黒をうろつくがみつからず、代々木で降りて「吉そば」でかき揚げそばを食べる。23時。

10月18日(金)飯田橋、ギンレイホール。
映画「かぞくのくに」「舟を編む」を観る。
状況で泣かせる「かぞくのくに」、すっかりやられた「舟を編む」。
15・16日とやっていた一人芝居の諸々を落とすため、昨日今日と映画を観ている。
[PR]
by miminashibiwa | 2013-10-19 02:35 | 耳ざわり通信