琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

プチローズ「Rose劇場 歌と語りの世界へようこそ!」

8月31日(土)東向島、プチローズ。
昨日のチェーホフ稽古の終了が遅かったので、今朝起きるのが辛かった。
起きた時間は書きませんが。
で、衣装を探しに行ったのですが、ない。また違うものを買ってしまいました。
今日用意しておくと言っていたが、忘れられていたな。小道具の懐中時計をゲット。

5時、東向島プチローズ。
d0134361_03131.jpg

今夜のリハーサル。もうみなさん集まっていた。
今日やるものを全部さらう。
楽器と歌のバランスを取るのに時間がかかる。当然か。

8時過ぎ本番。
d0134361_09276.jpg

vo.Roseさん、g.イチロウさん、p.美由紀さん。
1部は歌だけなので、私は横のソファに座っていた。
今更遅いが、歌と演奏を聴いてこりゃ大変なことになったぞと、どうするかと考える。
みんなさっきのリハーサルと違うじゃない。気合い入ってる。歌はいいな〜。
2部は語りと歌とドラマ。
これが不思議なもんで、1部の歌に影響されたか、詩をちょいと違う風に読んでる私。
芝居の本番でもあることだが、お客さんがいると稽古とは違うものになってしまう。
面白いな〜と思いながら読んでいる。本番の稽古は出来ない。
イチロウさんの案でやった、歌にダブらせて歌詞を語っていくのも終了後好評を得た。
3部はドラマ仕立て。
ピアフの人生を、ドラマと歌でつづる。愛を語る、間奏で愛を語る。お前の・・・
世の中で起こっていること、TVなどで感動したことなどを、歌やドラマにするRoseさんに感服。
後輩のクサカ君が来てくれたので、感想や近況を聞く。
打上げでは、5月に「耳なし芳一」を観てくれた方も何人かいたので感想を聞く。
みな一様に声のよさを褒めてくれる。男性ばかりなのが、少し哀しい。うそ、嘘。
景色や心の動きなどを読めればと思っていて、そうゆう感想を聞いたときは嬉しいもの。

「耳なし芳一」のとき終電を逃したので時間を調べて行ったのだが、今日も同じ轍を踏む。
秋葉原までしか行き着かず、前回は琵琶や衣装を抱えていたのでタクシーだったが、
今日はあまり飲んでいなかったので「白鳥の歌」の台詞をさらいながら歩いて帰る。
昼間は暑かったが、少し風があったので助かる。

深夜の秋葉原、若い女性が10人近く集まりぞろぞろ歩いている。どこへ行く?
神保町のラーメン屋、若い男二人が相談しながら入って行く。帰れないだろうな。

ライブの興奮を落としながら、起こった事をなぞりながら冷まして歩く。

靴が合わず、足を痛める。この靴で歩く予定はなかったからな。
[PR]
by miminashibiwa | 2013-09-02 00:45 | 耳ざわり通信