琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

北海道でガリバー・ウエハース、ふらふら旅。④

6月18日(火)札幌。
今日、YUKIプロデュースの吉岡さんが予約していた札幌アスペンホテルに泊まることになった。
3時、ホテルのロビーで、吉岡さんと友人、横浜青葉台の朗読教室に来ている中田さんと待ち合わせ。吉岡さんと中田さんは東京から着いたところ。二人は明日、浦河へ向かう。みなさんは出掛け、私は鍵をもらい部屋へ。
安曇野の泉澤さんからも、北海道に入ったとメールが届く。明日、北海道を縦断して浦河入りするそうです。今日はどこで遊ぶのでしょう?

カメに電話して、昼間ソルト・ピーナッツで受け取ったバンジョー持って来てもらう。
楽器と歌の稽古して、6時に紀伊國屋書店で再びカメと会う。
岩波文庫「プーシキン詩集」「ムツイリ・悪魔」(レールモントフ作)を買う。急にプーシキンの作品が、岩波文庫のリクエスト復刊などで出だした。その後「ジプシー・青銅の騎手」「ボリス・ゴドゥノフ」も手に入れたので、この際残ったものも買っておこう。なんというタイミングで出てくれたことか。

つぼ八へ、ここではお寿司も食べました。12時過ぎススキノの武蔵。2時過ぎ帰る。2時半消灯。

6月19日(水)浦河。
11時.カメが車で迎えに来てくれて浦河へ。昨日の三人は朝食中。
カメはまだ酒が残っているのか、岩見沢行きの高速に乗ってしまう。車は煙草が辛かった。
ガスがかかっている。最近の人は霧と言うようです。霧が深いので先が見えない。
静内回転寿し「チョイス」でとろとろ丼?。寿司を食いに入ったのに、何で寿司屋で納豆オクラとろろ丼を食ってるんだ?握りは、カメのを少しいただいてしまった。

三石の秋田電気で、高校の同級生秋田と立ち話。いい顔になっていた。
カメも降りて来る。明日、やはり同級生の可知と観に来るそうだ。
3時半、浦河町総合文化会館へ到着。荷物降ろし、カメと別れる。
また札幌まで帰るのだ。ありがとう、お疲れさま、助かった。

今回の「ガリバー・ウエハース」浦河公演を仕切ってくれた、伊藤哲哉浦河応援団長の太田正克さんが待っていて、芝居の荷物を楽屋にいれ、ホテルへ。
ちょうど吉岡さん・中田さんも着いたところ。二人は札幌から高速バスで来たのだが、途中の霧の深さが幻想的だったようで、霧越しに見える海や馬がおとぎの国へ誘う道しるべに見えたかな?

馬道さんの店「アッシュ」表敬訪問の途中、マネージャーから涙声の電話。
私の所属する事務所の、横井豪社長が死んだと。先週の金曜日。48才。
ん〜何を考えればいいのだ?申し訳ないが、明日本番なので引きずらないようにした。
早すぎたな、横井ちゃん。

太田さんの車で、今回の記事を掲載してくれ、後援してくれた日高報知、役場で池田町長を表敬訪問。ちょうど役場に取材に来ていた道新の記者、五十地さんに挨拶。彼は道新に写真も大きく入れた紹介記事を書いてくれました。

一度ホテルに戻りバンジョーと歌の稽古。すぐ出て、吉岡さんと5時会場へ。
太田さん、劇場スタッフが待っていて、すでに特設ステージが出来ていた。
d0134361_2544211.jpg

ゆうことなし。それじゃ明かりもと、最後のシーン二度見せ、プーク人形劇場でやったラストにすることにした。照明さんと即興で遊ぶのです。
人形も動かし、目の前にミラーボールがあったので、呼び込みの時使うことに。
スタッフは、すぐ注文に答えてくれる。そうなると、いろいろやりたくなるのです。
あい子さんもいて、状況を見て手伝ってくれる。すぐ動ける凄い人だ。
そんなこんなで小道具、衣装のセッティングも済んでしまう。

太田さんとあい子さんは、初めて見る芝居のラストシーンに、不安な表情。大丈夫かしら?と。
なんだか分らない芝居の切符を売ってくれたのですから、その心配はよく分かります。
でも二人とも、小樽の能舞台での一人芝居や東京国際フォーラムでの「銀河英雄伝説」も観てくれているんですけどね。ま、保証にはならないか?

浦河散策をして来た中田さんも交え、夜は「酒仙」へ。太田さん夫妻、あい子さん、ママの潤ちゃんが刺身を用意してくれて、東京から来た私たちは大喜び。おいしい。時鮭も焼いてくれ、蒲鉾、節ちゃんのおにぎり、etc. 私はみんなから、お酒は控えるように言われ、静かにしていました。

同級生の岡田のエージがバラを一輪持ってきてくれる。わお、なんて奴だ!サンキュー。
吉岡さんと中田さんは、食べ物や町、人に感激!楽しんでくれている。

二人帰り、わたしも10時過ぎにホテルに帰る。

つづく。
[PR]
by miminashibiwa | 2013-07-02 02:57 | ガリバーウエファース