琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

北海道でガリバー・ウエハース、ふらふら旅。②

6月16日(日)
4:30頃、目が覚める。2時間も寝ていない。昨日観てくれた映利佳さんからメールが届いていた。
眠れぬまま10時に起き、荷造り。11:30までかかる。バンジョー弾き、シャワー浴びる。
d0134361_23554281.jpg

12時、高塚家に食事に行く。高塚さんは仕事中。心療内科「ポロナイクリニック」のお医者さん。
私が行くと、啓美さんはそれから玄米炊き出し、2時頃から食事。野菜が一杯。
猫が三匹いて、なぜかなついて来る。かげとらは、すっかり年取ってしまったが、かつてここで「耳なし芳一」を語った時は突然走り回り、お客様を恐怖のどん底に引きずり込んだ立役者?

高塚さんはひっきりなしに患者さんがくるが、たまたま一段落し、一緒に食べられることに。
飼っている烏骨鶏の卵を、啓美さんが朝早くカラスから守って食べさせてくれた。卵かけご飯が美味しいのです。買って来た卵も、味も色も匂いも違って美味しかった。

先日亡くなった長沼の本屋さん「ぽこぺん」の主人、飛島詩子さんの『海へ』という本が置いてあったので読む。みずみずしい感性に、じんとなる。作品があるとは、書いていたとは知らなかった。療養中だったのは知っていて、なんとか今回会うことが出来ればと思っていたが、叶わなかった。児童文学者、加藤多一さんの奥さんで、ポエティカでの「耳なし芳一」「桜の森の満開の下」を観ていただき、ぽこぺんに泊まって話したこともある。何度かお邪魔したり、小樽で会ったこともある。ちょっと変わった感受性の方で、ユニークで真っ直ぐな人だった。大きな目を見開き、ジッと観察するように見つめ、ゆっくり話し出す。  さようなら、詩子さん。

宅急便集荷が来るまでポエティカでバンジョー弾き、横になる。
明日の公演地、札幌「ソルト・ピーナッツ」へ荷物出し、また横に。
6時、高塚家へ。啓美さんからヘビが二匹からみあっているのを教えてもらう。
台所の窓越しに見える。目の高さに。かげとらが下から見つめていて、戸を開けろとせがんでいるが、啓美さんは「やめなさい」と諭している。愛撫なのだろうか、黒く長いヘビが長い時間絡みついていた。こんなのを見るのは初めてだ。
谷川俊太郎の詩に、男女の愛と絡めたこんな光景がなかったか?

高塚さんが仕事を終え、お父さん譲りのお好み焼きを作ってくれる。ワイン、日本酒を呑む。
高塚さんの出演した、恵庭のFMラジオ番組を聞く。毎回いろいろなテーマを、心療内科の立場から解説するトーク番組で、面白い解答やなるほどと思う解説もあって、気がつくと9時を過ぎていた。

北広島駅に送ってもらい、車中の人となる。のんびり一日過ごさせてもらいました。

つづく。
[PR]
by miminashibiwa | 2013-06-30 01:08 | ガリバーウエファース