琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

詩人とランチは、豊腹舌蕩

6月4日(火)荻窪。
詩人、若狭麻都佳(わかさまどか)さんとランチ。
先日、桐朋学園演劇科同窓会で会った演劇科の後輩で、秋田県大館市は彼女の出身地。私にもゆかりの地だ。彼女とは、伯父さんの関係で、桐朋学園に入学したあと一度会ったのだと思う。
その後、彼女の期の卒業式のあとの謝恩会?かなにかで会ったきり30数年が経っていた。

昼に荻窪で会う。この日は暑かった。
外は暑くていやだと言う彼女が連れて行ったのは、駅ビルのレストラン。イタリアンは予約待ちの人であふれている。そこで中華へ。少し待たされるあいだ、入口のメニューを眺める。入ってみるとゆったりしていて、長話にはぴったりと思われた。
仕事の話のはずだったが、先方が進展していず、いずれまた。生い立ちや、大館の学生生活、桐朋の演劇科の生活、卒業後の話し、女優から詩人への鮮やかな転身、その後のあれやこれやを美味しい中華と紹興酒で腹に流し込む。美味しく飲み食いして、気付くと店はディナーの準備。昼酒はやはり効く。ちゃんと話しをしたのは、今日が初めて。帰りに詩集や詩の雑誌、新聞記事、カレンダーなどいただき別れる。

満腹で酔っぱらった千鳥足でブックオフ。一冊購入。教会通りをぶらぶら散歩。美味しそうな店が気になるが、もう呑めない食べられない。ささま書店は休みで、近くの飲み屋を横目で眺め帰る。
喫茶店で、寝ながらチェーホフ、詩集など眺める。気付くと本を持ったまま寝ている。
若狭麻都佳は詩人になったのだな〜。
[PR]
by miminashibiwa | 2013-06-06 01:09 | 耳ざわり通信