琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

守谷、ギャラリー・ガラティア「ガリバー・ウエハース」

6月2日(日)茨城県守谷、ギャラリー・ガラティア。「ガリバー・ウエハース」
12時、守谷駅。昨日荷物を送ったので身軽に到着。会場にはすでに主催者のA-je 有田道子とジュヌ・ファムのメンバーが。
ピアノのある方をステージにすることにして、大テーブルが下手奥にあったのでそれを使わせてもらう。そのため道具を置く位置が上下(かみしも)逆になった。本番中迷わないかと思ったが、焦らず対応する。
大きな窓が後ろにあり外が見える。まぶしいし、目がそっちに行ってしまうので隠そうという意見もあったが、そのままにすることにした。90分近い一人芝居で、劇場でもないのでどこかで飽きて来る、そのとき窓の外を見て気分転換してもらおう。そう思ったが、本番は疲れるとお客さんは目を閉じていた。(寝てた?)こちらからも丸見えなので、視線を外すのも辛いのかもしれぬ。
開演1時間前に開場。早くから来てくれるのは嬉しいが、1時間も待ってたら疲れないですかと心配になる。お店の若者と思しき人がいたので、ギャラリーのライトを、ステージ側に当ててもらう。助かりました。持ち主の染谷さんは、本業の理容院の予約が立て込み、観ることが出来なかったことを悔やんでくれた。「耳なし芳一」を気に入ってくれた方だ。
本番は去年のプークとも、前日のフィリアとも違う反応に、こういうことが面白いのだなとつくづく思う。その場で起こることに対応出来るかどうか、出来ない時はどうするかが試される。

打上げは、蕎麦カフェ「かやの木」。かつて「耳なし芳一」を二度語らせてもらった。
美味しいんです。私だけお酒をもらい、お蕎麦も三枚。沢山来てくれました。

感想や、注文を聞き、夜中寝ながらどうしようか考えた。寝不足。翌日公演がないと思うと、呑んでしまう。身体も二日続きで本番をやり興奮していた。
[PR]
by miminashibiwa | 2013-06-05 02:21 | ガリバーウエファース