琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

チェーホフ二題

5月15日(水)みなとみらい。
今日、みなとみらいホール練習室に大江さん、信田さんを招き、10月15日のプーク人形劇場公演の打ち合わせが行われました。
お二人はBSでの番組で知り合ったディレクター、呑み仲間。
昨年の「ガリバー・ウエハース」が終わったときから、YUKIプロデュースの吉岡さんと、今年の秋もプーク人形劇場でなにか公演することを目論んでいました。
ガリバーの続きを作れれば良かったのですが、今回はあきらめ違う演目を考えていました。
その結果浮上したのが、チェーホフの一人芝居。
先日朗読した「煙草の害について」と、「白鳥の歌」二本をやろうということに。
「煙草の害について」は、桐朋学園演劇科の学生の時、先輩の本間さんが演じたのを初めて観ました。次は中村伸郎さんのを紀伊國屋ホールで、だいぶあいて柄本明さんのを下北沢で、友人坂元貞美君のを私との二人会で観たのが最後です。故草薙幸二郎さんもやりたがっていて、私がコピーした台本をずっと持ち歩いていました。坂元君に衣装を提供したのも草薙幸二郎さんでした。
私は何となく気になっていた演目でしたが、坂元君も長らくやっていたこともあり、目で読んでもさほど面白く感じられなかったので放っておきました。
吉岡さんから度々勧められていたので、先日台本のコピーを渡した時声を出して読んでみたところ、これが案外面白かったのでした。
それで、二人芝居ですが「白鳥の歌」も吉岡さんに読んで聞かせたところ、これもいいねということになり、プークでやるにはぴったりだと合点が行った次第。
「白鳥の歌」は、先日亡くなった西沢利明さんがどこかのお寺でやったのと、すまけいさんがやったのを観ています。すまさんは全篇やったのだったかな?

で、吉岡さんとどうしようと話している最中、大江さんのことが頭に浮かび即電話「一緒に遊ぼ〜」。なんと、あっさり快諾してくれました。15日には信田さんと野毛で呑む予定というので、近場のみなとみらいの稽古場を確保。ことはついでだと、「銀河英雄伝説」の舞台で二度お世話になった、衣装のケンケンさんにも電話。こちらも読書中でしたが快諾。謝謝。多謝。

今日は、ケンケンさん仕事で来られず、大江さん、信田さんに台本を渡し本読み。
吉岡さんと三人がテーブルに座っている図は、まるでオーディションのよう。
元になった小説と戯曲二篇を読み、話し合いながら3時間が過ぎてしまいました。
現代の問題がいろいろ含まれていると関心を示してくれました。百年以上前のロシアの話です。
8時半過ぎだ!嗚呼、呑む時間がない!吉岡さんと別れ、私ら三人は野毛を目指しました。
「終電まで90分しかない!」と、大江さん。

それにしてもです、野毛の混雑ぶりは何でしょう!皆さん、店の外にまで椅子を出して呑んでいるのです。一軒や二軒ではありません。こんな賑やかな飲屋街がどこにあるでしょう。
私たちは「末広」に急ぎました。ちょうど奥の座敷が空いていて、そこに雪崩れ込みました。もう売り切れた焼鳥もあり、あるものをみんなもらいます。大江さんの焼酎をいただき、閉店まで呑んで美しく帰路につきました。芝居のアイディアをいろいろ話し合い、硬直した私の頭を打ち据えていただきました。愉しいような苦しいような10月の未来に向け、今日歩み始めました。
呑み始めましたの間違いかって?誰だ、そんなホントの事言うのは!

で、さっき吉岡さんから来たメールで、10月15日夜、16日昼公演決定 !!
皆さんお待ちしています。近付きましたらまたご案内さしあげます!
[PR]
by miminashibiwa | 2013-05-16 02:36 | 耳ざわり通信