琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

どーそーかい

5月6日(月)京王線 仙川。
ゴールデンウィーク最終日は、桐朋学園演劇科同窓会。
出席は卒業後三度目?二十代の頃しか出ていない気がします。今回も出る予定はなかったのですが、25日にプチローズで「耳なし芳一」をやったあと、お店の主人柳川慶子さんの語りに琵琶を付けることになっていて、その原稿の受け渡し場所に同窓会を指定された訳です。旧姓津布久慶子さんは一期下の後輩です。同窓会は飛び込みでした。
琵琶の稽古で長いこと通っていましたが、もうすっかりご無沙汰の仙川。学校の前の中華屋がまだあったのには驚きました。
電車が遅れ、地下の食堂に行くとすでに懇親会は始まっていました。受付で記名していると、後ろから「テツヤさん」と呼ぶ声が。こ、この美女は一体誰かと頭を巡らしていると、後輩で友人の姪っ子、松坂和歌子嬢。すっかり大人になって、まあ!中学生のときから、私の出ている「時々自動」の芝居を観に来たり、私の以前いた事務所に入ったり・・・今は「レクラム舎」の看板女優。いつも芝居の案内をもらっていながらすっかりご無沙汰でした。
同期生はマキひとりしか来ていませんでした。
詩人になった、秋田出身の若狭麻都佳に会えたので昔話、来年の話。
懐かしい先輩後輩と旧交を温め、津布久慶子さんとステージに立ち、25日の宣伝。

二次会は、アンカーヒア。
面識のない一期生が急に現われたり、三期生の女性軍、四期生、六期、七期・・・いろいろ話を聞いたり、聞かされたりしておりました。皆さん喋りたいことがいっぱいあるようでした。
新宿ゴールデン街に行くという人達を振り切り?家路につきました。
次は四年後とのこと、体力ないと付き合えないな!
[PR]
by miminashibiwa | 2013-05-14 14:01 | 耳ざわり通信