琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

画家の牧野さんて、もしかして

4月28日(日)練馬区立美術館。「牧野邦夫ー写実の精髄ー展」
土曜日のTV番組で、牧野邦夫を取り上げていた。
もしかしてと思って見ていたら、あの画家だった。
なんでこの画家を知ったのだったか?
薄いパンフレットのような画集もどこかに持っている。
変な絵をかく人だなと思っていた。
表参道の珈琲屋「大坊」にも、大坊に座っている女性の画が飾ってあった。
店主の大坊さんから画家の話を聞いたこともあった。
作家の牧野信一はおじさんとか親戚とか聞いた気がする。
「耳なし芳一」と題した画もある。油絵で洋風な画だったと記憶している。

その人の個展が練馬美術館で開かれているのである。
行って来ました、自転車で。
ああ、この道は昔自転車で吉祥寺に行く時通った道、、、。
西武池袋線、中村橋駅そば。
今回は、平家物語の壇の浦の戦いとおぼしき「海と戦さ」が出ている。
リアルな画とグロテスクな画が、一枚のキャンバスに同居している。
自画像が多いとTVで行っていた通り、本当に多い。
私の目はもっぱらリアルな裸婦に釘付けなのだが、魑魅魍魎が蠢いている。
結構好きです、この画家が。
しかし、どこで最初にこの人の画と出会ったのかは、分らずじまいでした。

6月2日までやっているので、お近くの方は是非どうぞ。五百円でしたぞ !?
[PR]
by miminashibiwa | 2013-04-29 02:18 | 耳ざわり通信