琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

ジスイズが閉店していたこと

う〜ん、知らなかった。
今年に入って、北海道釧路市のジャズ喫茶「ジスイズ」に電話をしていたのだが出ない。
今日かけると、この電話は現在使われておりませんとのアナウンス。
ネットで調べると、マスターの小林東さんが昨秋倒れ、店は昨年いっぱいで閉店していた。
先日大きな地震があったので心配していた。レコードも沢山あったはずと。

現在リハビリ中のようだが、マスターの早い回復を祈りたい。

今まで「耳なし芳一」を二度呼んでもらった。
一度目は2004年8月15日(日)ジスイズ店内での公演。
ジスイズで珈琲を飲み、ジャズを聞く。
向かいの栄町平和公園では、少し前まで「釧路市民戦災死没者慰霊式並びに平和祈念式」が行われていたという。
そのせいもあるのか独特の雰囲気、反応だった。見えないお客さんが来ていたのか?
たまたま訪れたパーカッションの奈良裕之さんが手伝ってくれ、琵琶と絡んでくれた。
打上げと、深夜に出る屋台のラーメン屋に食べに行ったのが愉しかった。
マスターは東京乾電池の「真夏の夜の夢」野外公演を手伝っていて、私もそれを観る為に何日か後に再び釧路を訪れた。寒い北海道の夏の夜の芝居だった。

二度目は2008年8月20日。「アートスペース百歳座」はジスイズの隣りにあった。
この日も強い反応を示す方が何人かいて、驚かされた。
マスターは本番中に驚いて飛び上がり、背中で会場の明りのスイッチを押してしまった。
終わった後、先日亡くなった友達が来ていたと話してくれた。
打上げでは秋刀魚を骨ごと全部食べ、何も残さなかったのにビックリ!

6月に北海道に行くが、釧路まで足を伸ばして小林東マスターに会いに行こうか。

少し元気になっていてくれればいいが。

* で、なぜかジャズ喫茶に行きたくなり、久し振りに四谷「イーグル」へ入る。
[PR]
by miminashibiwa | 2013-02-14 22:36 | 耳ざわり通信