琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

呑んで〜呑んで〜呑み疲れて呑んで〜

先週前半は、呑み会が続きました。
一日目は野毛。桜木町待ち合わせでしたが、4時、雨の日ノ出町に降りました。
すでにO江さんが着いていて、ジャズ喫茶ダウンビートで待っているとメール。
先日「ガリバー・ウエハース」を観に来てもらいましたが、会っていません。
あまりの女性客の多さに、恐れをなして退散したそうです。
ジャズも聴かず、すっかり話し込んでいるうちに、S田さんからメールが入っていました。
待ち合わせを忘れて話し込んでいたのです。大変です。電話が通じずうろうろ。
やっと会う事が出来ました。2年振りでしょうか?もっと?
「末廣」で、ヤキトリが旨い。焼酎お湯割り。以前、満員で入れなかった店。
仕事でご一緒した我々ですが、じっくり呑むのは初めて。3人も初めて。
ここで美人のM本さんが遅れて登場。私とS田さんは初対面。
突然男3人は、オトコになってしまった。我ながら笑ってしまう。

次は天ぷらの店。庶民的な天ぷら。イモとか・・・もう忘れている。焼酎お湯割り。
食べた食べた。天ぷらを大量に食べる機会はあまりない。ほとんどない。
そしてバーで一杯。名前覚えていない。
とにかくいろいろ喋る。私が一番年上。M本さんが一番若い。
電車の時間が来て本日終了。野毛はいい、安くて旨くて。

翌日は、二日酔いか?気持ちが悪い訳ではないが酔っている。酒疲れしている。
どうしようかと思ったが、今日の相手、西出君も弱っていると言うので、軽く軽くやりましょうと池袋。私たちはいつも軽くやりたいと願っているのです。
5時半「千登利」へ。
久し振りの池袋西口は様変わり。いつも待ち合わせていた交番もない。
相変わらず混んでいて、カウンターの一番奥。ここしか座った事がないような気がする。
女将と言うよりママは、いつまでも年を取らないようだ。時々、劇場でお会いする。
秋田の酒、太平山、高清水、新政をお燗でやる。
ここもヤキトリが旨い。蕪を味噌で食べるのも、酒飲みには堪らない。
ここで大人しく帰るはずが、酒の勢いは怖いものでもう一軒。
一度も入った事がない「ふくろ」。ここもほぼ満席。カウンターの端に2席空いていた。
普通のものが普通の味で出て来る。大事な事です。酎ハイ呑んだかな?

翌日。楽しく軽く呑んだはずですが、ボディーブローのように効いていました。
絶不調。琵琶の稽古をしても声が出ません。マズイ。やめようか。しかし・・・。
6時赤羽。
「ガリバー・ウエハース」のチラシとパンフレットを作ってくれた齊藤瑞江嬢と打上げ。
本番当日は彼女が撮影をしてくれたのですが、体調不良で打ち上げに参加せず帰宅。
写真の受け渡しも兼ねて飲み会。芸祭で受賞すると、舞台写真を提出しなければならないんだそうです。いつでも出せるように、準備は大切。
「まるます家」。ここも満席で、何とかカウンターの角を空けてもらいました。狭っ。
ヒラメ、マグロ、鯉の刺身、鯰の唐揚げなどを、グレハイ、モスキートハイでやりました。
瑞江嬢、細いのによく食べます。少しずつならずっと食べていられるそうです。
あんなに不調だったはずの私ですが、呑み始めると調子が出て来ます。

二軒目は「丸健水産」で、おでんの立ち食い、立ち飲み。
ここから観る路地は、映画のセットのよう。変なロケーションです。
明日6時起きと言ってたのに、瑞江嬢大丈夫かいな?
立ち飲みというのがまた美味しいのです。
最後はワンカップの酒を50ml残し、そこにおでんの汁を入れ唐辛子をかけてもらいます。
初めてでした。美味しい。くせになりそう。
d0134361_052360.jpg

こうして三連ちゃんの飲み会は終了。身体壊しそうです、もう若くない。
しかし楽しい毎日でした。野毛から赤羽まで、酒も人も美味しく呑んでいました。
[PR]
by miminashibiwa | 2012-11-12 01:21 | 耳ざわり通信