琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

思い出してみよう 1

さてなにがあったか、25日。プーク人形劇場「ガリバー・ウエハース」本番。

JR新宿の小さな改札を出た所に小さなおにぎり屋さんがあり、10時半には三つ買っていた。
歩いていると、前にはプロデューサーの吉岡さんが歩いていた。
11時前、すでに照明は準備されていて、舞台の上に衣装や小道具を出す。
ガリバーが踊る50センチ四方の台を何色にするか、プークの真知子さんと相談。
そのうち宣伝美術の齊藤瑞江さん現る。今日は写真とビデオ担当。
突然手伝いを頼んだ東京乾電池の女優、沖中千英乃さんが弁当三つもって現る。
劇場に来るときに買って来てくれるよう頼んだのだ。
彼女は舞台「銀河英雄伝説 外伝 オーベルシュタイン篇」で演出助手をしていた。
この小屋をイッペンで気に入ってしまった。そうだろう、いい小屋だろ。

真知子さんが色々やってくれる。あっという間に何でも作ってしまう。
私は何にも出来ない、何にもしないので有名。こちらには裏のスタッフがいない。
沖中さんは何でも出来るが、今日初めて来たのでどんな芝居か知らない。
招待券出すから観に来ない、と誘って手伝いにしてしまった。
夜公演にはツナモトまでやり、緞帳の上げ下ろしをしていた。
打上げで真知子さんが、こんなに飲み込みのはやいコはいないとべた褒め。

照明の場当たり。写真撮影、バンジョーの稽古、歌の稽古、衣装のセット・・・
演芸作家の稲田さん、受付をしてくれる工藤さん、田口さん現る。

下の楽屋でメイクと思ったら、スポンジにカビが。ゲッ!
齊藤瑞江さんに買いに行ってもらうが、コンビニにはなし。地塗りなし、ペンシルだけ使う。
3時半になると、客席の声が聞こえる。久し振り〜といった声がわんわん。

夏バテダイエットをし、5キロくらい体重が落ちたのでYシャツの襟がゆるゆる。
4時15分前に舞台に上がる。バンジョーのチューニングをもう一度。
客席で稲田さんが携帯を切ってくれとか注意事項を話している。笑える。上手い。

いよいよ本番、真知子さんが客席を覗いて頷く。私も頷き、やがて舞台の上が真っ暗に。
客席の明りも消え、緞帳が上がる。真っ暗。Cm。
明りがひとすじ入る。セリフ。意外と落ち着いていた。
お客さんには大受けでした。お客さんの前でやらないと分らないのです。
本番の稽古は出来ません。
お客さんが撮影しているように見え、止めてもらおうか、芝居を止めようかと思ったらセリフが分らなくなり沈黙が。そのうちどうやら帽子が光っているように見え、そういう事だったようです。
10分は縮まった公演時間。私、本番モードになるのです。
緞帳を閉めたあと拍手が起こり、カーテンコールも!

(つづく)
[PR]
by miminashibiwa | 2012-10-28 01:25 | ガリバーウエファース