琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

きりたんぽ

秋田から帰った夜は、「桜の森の・・・」で呼んでもらった松本の長久寺さんから、ご住職自ら作られた完全有機栽培、はぜ掛け自然乾燥米が届いていた。手を合わせ、いただきたいと思います。今年はお米をいただく事が増えました。ごはん大好きです。

日曜日には、鹿角で「桜の森の・・・」を聞いてくれた神田さんから「きりたんぽ」が届きました。秋田といえば「きりたんぽ」と刷り込まれていた私は、今回の充実した秋田ツアーになにか一つ欠けた物があるように感じていました。それは「きりたんぽ」を食べていない事だったのです。大館に親戚のいた私には、行けば必ず食べる物でした。鹿角、大館は「きりたんぽ」発祥の地として熾烈な戦いを続けている街です。その鹿角から「きりたんぽ」が届きました。先日の鹿角公演で、二次会、三次会のラーメン屋と付き合ってくれた神田さんは、必ず送ると約束してくれたのですが、本当に届きました。そして困った事には、何も困る事はないのですが、この「きりたんぽ」美味しいのです。かなり美味しい。湯瀬温泉「田中屋」さんのものでした。まいったな〜、うまいな〜。ごちそうさまでした。
あわててお酒を買いに走りました。
秋田のお酒が置いてなかったので、「開運」のあらばしりを購入。静岡のお酒です。
[PR]
by miminashibiwa | 2012-10-16 00:08 | 耳ざわり通信