琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

「直面(ひためん)」その23。


(どうも電波事情が悪く、パソコンが使えない。)

今年もオーセントホテルに泊まっていたのだが、エレベーターに乗り込むとき、
あるいは相手が乗り込んで来るとき、ほぼ一様にギョッとされる。身体が凍り付く。
これから乗って来る人は特に、のけぞったあと乗らないのも失礼と考え平静を装い乗って
来る。そしてエレベーターの鏡越しにちらちら窺っているいるのがうっとおしい。
当方の格好はと言えば、浴衣に下駄、伸ばし放題白髪まじりのヒゲと髪。
舞台監督のマコちゃんまで、夜の食事の後遅く店を出て行くと「伊藤さん、怖ーいっ!」
毎日見てるだろうに、なんて奴だ。どうも、昔の右翼の大物か何ぞに見えるらしい。

8月7日(金)
前日の公演中に、ふっと気が遠くなる瞬間があり、今日は昼から点滴。
1時半までに桜坂で食事をすませ楽屋入り。
実行委員の高橋医院院長、高橋達さんがご祝儀に点滴の差し入れ。
21年振りの点滴。医者を目指す高校生のノンちゃんも、興味津々で見ている。
身体があったかくなる。ものすごく元気になる人がいると聞いたがそんな事はなかった。
点滴中はよく眠れるとも聞いたが、そんなこともなかった。
よく主演級の俳優が、本番前に点滴してきたと聞く事はあったが、俺も主演俳優になったかと馬鹿な事を考えていた。ひとり芝居じゃ主役しかいないのに。

何か忘れ物をして一度ホテルに戻り、出がけにマコちゃんがタクシーに乗り込んできた。
雨が降ってきた。
本番は、雨のために暗くなり、ライトの目つぶしで客席は見えない。
こうなると芝居がしやすい、集中しやすい。
一幕の終わり近くに突然雨が強くなり、習性で声が大きくなる。戦いを挑むのだ。
舞台を分ける舞台と客席のある建物の間、白州に滝のような雨。

休憩中の楽屋で十島さんに、マイクの音をあげているから声を張らなくてもいいと言われるが、そうはいかないのが普段マイクなしで「耳なし芳一」を語る者の性(さが)。

二幕はいよいよ面白くなる。雨に加えて雷が光りだす。
動揺して台詞を忘れないよう気を引き締める。雷が近づいて来る予感があった。
雷の光で客席が紫にひかり、お客さんの顔がよくみえる。不安の顔、かお、顔。

だんだん、ギリシャ悲劇かシェークスピアの悲劇をやっているような気になってきた。
こんな効果は、どこの劇場、誰の演出でも叶いはしない。
雷の音は聞こえなかった。雨は風を呼ばなかったのが救いだった。
風が吹いていれば、札響の演奏者たちもどうしたのだろう?
楽譜が飛ばされ、楽器は雨に濡れ、ピンマイクは風の音を拾い、客席に雨が吹き込み、、

私はどうなってもやるつもりだったが、この雷雨は芝居に味方した。
芝居の主役?資次郎が泣いてるか、観に来たのかと思わせる気象だった。
点滴が効いたのか、調子は良かった。

この日も高温多湿で、終わるとへろへろ。
ま、へろへろにならない芝居などほとんど出た事はないが。
[PR]
by miminashibiwa | 2010-08-29 01:06 | おたる遊幻夜会