琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

「直面(ひためん)」その21。


さて、千秋楽から9日が過ぎてしまい、何があったのやら正確に思い出す事は出来そうにない。昨秋から日記などを一切付けなくなってしまったので、記憶のみのブログです。
かなりあやしいモノだとお知りおきください。

d0134361_15583388.jpg


8月3日(火)小樽入り。
朝8時羽田集合のはずが、演出の十島さんが来ない。マコちゃんと神田さんと私はチェック
インする。刻々と入る十島さんからのメールに返答する。もう駄目、これ以上待てない!
十島さんの為に飛行機を止めておきたいが、重すぎて断念。お先〜っ!

夕方6時から、十島さんとマコちゃんの三人で小樽市能楽堂に向かい場当たりをする。
台詞をさらい、どこに立つかなど自分で確かめる自主稽古のはずが,実行委員の方々が次々現われ、十島さんも演出家としてのダメ出しをしはじめ予定が狂う。

8月4日(水)リハーサル。
1時から市民会館第一会議室で音楽稽古。札響が練習する横で台詞を合わせる。
6時から小樽市能楽堂にて稽古。通しをしたのかどうか覚えていない。したらしい。

8月5日(木)ゲネプロ。
2時から能舞台で台詞をさらう。
夕方7時から、本番と同じ舞台稽古。今年もHBC TVが入る。ありがとうございます。
翌日、夕方6時のニュースで流れたそうです。
東京の夏から逃れてきたはずが、高温多湿の天気まで連れてきたようです。暑い!
お前が猛暑を連れてきたと、数人に言われる。俺のせいだったか!

去年より1週間早い公演は日の暮れも遅く、一幕が終わる頃までお客さんの顔が見える。
これは役者にはなかなか辛い時間で、集中がしにくく芝居に入っていきづらい。
台詞を間違えないための努力が大半を占める。言い訳に聞こえそうですね〜。

この日の二幕に、地謡座(札響が演奏していた場所)の向こうの道路から、
男の怒鳴り声が聞こえた。私の芝居に対して喧嘩を売っているように聞こえた。
台詞を喋っているのでちゃんと聞く訳にはいかないが、どうなるのかと思っていたら台詞を忘れた。敵が大声を出している時はこらえられたが、そのあとがいけない。
しばらく思い出そうとしたが、あきらめて後見のマコちゃんのところまで聞きにいく。
着替えや、こんな事のために後ろに座っていてくれるのだが、聞きにいくのは初めてだ。
ピンマイクが切れている事を祈りつつ、「な〜に?」
帰ってきた答えが、さっき喋った台詞。質問する訳にも行かずすごすごと戻る。

終わってから聞くと、「そこからやらないと、4曲演奏できなくなるので」と。

台詞を聞きにいった事で、もう怖いものはなくなったと、この時は思った。

d0134361_15113195.jpg



d0134361_15184045.jpg

終了後は「なまらや」へ。
実行委員でもある、松月堂の奥村さんが
バースデイケーキをつくってきてくれた。
仕事が終わってから作ってくれたらしい。
わたし57回目の誕生日。
蜂谷さんからは、対のグラスをいただく。
他人の誕生日を稽古中や本番中に祝う事はあるが、自分のは多分初めて。
皆さんに祝福されて、ローソクの火を消しました。
こんな誕生日もあるんだな。
歳とっちゃったな〜。
[PR]
by miminashibiwa | 2010-08-17 16:38 | おたる遊幻夜会