琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

「直面(ひためん)」その16。

7月6日(火)青葉台。
「直面」自主稽古。フィリアホール リハーサル室。
いつもの稽古場が圧迫感があるので、少し大きな空間で稽古がしたくて青葉台へ。
40~80歳台の方々数人が見学に来てくれた。
お客さんの前での稽古は、鍛えられる。

謡を習っている方が何人かいて、たじたじとなる。
今回の主人公は元長岡藩士なので、新潟出身の方は長岡や会津の戊辰戦争の件に
いたく心揺さぶられたと言う。
けっこうみなさん涙を流され、好意的な感想をのべて帰られた。

疲れ果てた。

7月11日(日)南大沢。
疲労がたまっていて、ちょっと危ないなと思い、この三日ほど静かにしていた。
よく寝るようにして、琵琶の稽古、謡の稽古、台詞の稽古。
声は少々荒れていたが、晴れた日は散歩、雨の日は喫茶店に。

今日は寝過ぎて、あやうく地下鉄に乗り遅れそうになった。
ご飯も半分しか食べられず急ぐが、えてしてこんな日は忘れ物。
南大沢イトーヨーカドーで、手ぬぐい二本購入。
少々遅れて稽古場到着。すでにセッティングされていた。申し訳なし。

通し稽古が始まりしばらくすると、松本の清水さんが見学に訪れる。
昨年は、長野県辰野町の能舞台での稽古を手助けしてもらい、二度も運んでもらった。
今年は、原作も読まず初めて稽古を見たのだが、よく分かったとの言葉をいただいた。

少し体を休めていたので、何かが体から抜けている感じがした。
もう、本番までひと月を切ってしまったが、なにを積み重ねられるか、、、。
十島さんは、いろいろ見えてきたようで、細かいダメ出しが増えそうだ。

マコちゃんの、帰り際のダメ出しが今日もあり、駅の改札に向かう途中にチクと。
そう見えるかも知れないと思っていたことを、ざくりと!
また課題が増えてしまったな〜。嬉しい悲鳴を上げながら帰途に、、、。
[PR]
by miminashibiwa | 2010-07-12 02:05 | 未分類