琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

「直面(ひためん)」その13。


6月29日、小樽市能楽堂。
今年もオーセントホテルで、リハーサルの朝を迎えた。朝食は「入舟」で海鮮定食。
住吉神社でお祓い。作家の蜂谷涼、演出の十島英明、作曲の神田慶一、札響の坂口聡、
舞台監督の新見真琴、おたる遊幻夜会実行委員の吉岡大策、私。

d0134361_2325570.jpg

              楽屋では衣装の虫干し?

北海道も暑かった。話しが違う!去年のリハは寒くて震えていたじゃないか!
嘆いても涼しくならないので、舞台でお祓い、記者会見。

札響の演奏家が多忙で集まらないので、神田さんにシンセサイザーで音を入れてもらい、
頭から稽古。
後見でうしろに座っている新見真琴ことマコちゃんに「腰が高い」と指摘される。
そうなのだ、この緊張感ある能舞台に立つと、空間に負けまいとして体がしゃんとして、
真っ直ぐ立ってしまっている。爺さんなのだよ、私は。

夕方から懐かしい面々が集まり、音楽稽古。1幕の音合わせ。

夕食中、サッカーが始まるというので神田さんが帰り、アズマ君が来て蜂谷さんが帰り、
十島、マコちゃん、私はハーフタイムに帰る。試合が終わった時には疲れ果て、
シャワーを浴び、買ったビールも飲まずにダウン。

なんだかよく覚えていない一日。
[PR]
by miminashibiwa | 2010-07-05 23:38 | おたる遊幻夜会