琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

「直面(ひためん)」その12。


6月26日(土)
頭を白くするにはどうするか?
「台詞を忘れる」
これはタチの悪い冗談。

髪の毛を白くするにはどうするか?
24日に、BS朝日の「いつも、ロハス日和」のナレーション録音が代々木で終わったので、
新宿紀伊國屋の地下の舞台化粧品を扱う「三善」へ行く。
お店の人に相談したところ、水白粉(みずおしろい)がいいようですと言われる。

昔、芝居でロンドンに行った時にシルバーのスプレーを買っていたので試したが、
当然白くはならない。

白のスプレーも売ってるようだ。

水白粉を買い求め家で試すが、触ると手に白がつくし、粉も落ちるような気がする。
早々に洗い流す。時間が経てばいいとは思えなかったが?

何度か脱色して紫の薬品?で白にすることが出来るようだが、黒い毛は白くなるものの
白髪は紫になるとか。
それに何より、脱色で髪も地肌も痛み、私の髪では溶けてしまうようだ。
これ以上なくすこともあるまい!

ネットを見ているうち、能舞台にあがるには化粧は禁止という記事を読んでしまう。
師匠の古室知也さんに尋ねると、「能楽師は化粧をしません」
そりゃそうだ、それこそ「直面」です。
ただ、能だけしか演じない能舞台以外は、様々な催しに使われるだろう。
小樽市能楽堂は、踊りや演奏などにも使われるので、当然女性は化粧をして上るだろう。
確認はしなかったが、大丈夫と解釈した。

25日の稽古で演出の十島さんに相談。
座友になっている前進座では、「高価な衣装を着けたときも白くしているがな〜?
まあ、伊藤さんの芝居で年寄りに見せてもらおう」
えっ!何か言いましたか?恐ろしい台詞は言わないものですよ!

メイク道具を持たないで小樽に行くつもりでしたが、こっそり鞄に忍ばせます。
出すかどうかは分かりませんが、一度くらい塗ってみるかな?
出発が近づき、だんだん気が弱くなる私です。
[PR]
by miminashibiwa | 2010-06-27 02:01 | おたる遊幻夜会