琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

「直面(ひためん)」その7。

4月7日(水)南大沢。
調府から橋本行きの電車に乗る。こちらはまだ桜がきれいだ。
初めて降りる南大沢駅。ここは新しい街のようだ。

演出の十島英明さんが、前進座公演「木槿(むくげ)の咲く庭」の演出にかかっていたので、
久しぶりの「直面」の稽古。
舞台監督兼演出助手の新見真琴さんも、自分の演出の公演が終わり「直面」初顔合わせ。
YUKIプロデュースの吉岡さんも来て、長岡藩の資料など読みながら一回通して読む。

まだ台詞を覚えている最中なので、喉に負担がかかる読み方になる。
「目で読む楽しさが必ずしも耳の快楽にならなかったり、その逆があったり」
とは吉岡さんの感想。
十島さんが突然「分かった、こうしよう!」と言い出したり、新見真琴ことマコちゃんが
難しいが納得するアドバイスをくれたり、さあ、始まりましたぞ。
「直面」の稽古は、南大沢がメインになるようです。そのうち飲み屋も開拓せねば。

ま、とにかく、早く覚えねば! ひー!
[PR]
by miminashibiwa | 2010-04-08 02:24 | おたる遊幻夜会