琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

「直面(ひためん)」その1。

12月16日(水)電話。

夜、小樽の作家 蜂谷涼さんから久々に電話が入った。

私は今夏、蜂谷さんの作品で北海道小樽市能楽堂に於いて、おたる遊幻夜会vol.1
「遠き橋懸り」の公演に出演をした。
(詳しくはカテゴリの「遠き橋懸り」をご覧ください)
幸い好評を得、この公演はvol.8まであと7年間続くことになった。
役者にとっては、8年間も新作を書き下ろしてもらえるのは嬉しいこと。

電話は、来夏のvol.2の作品の第一稿が出来たという話だった。
すっかり忙しくなった蜂谷さんは、原稿を来年まで待ってくれと言っていたので驚く。

昨年も六本木の俳優座劇場でお会いしたとき、これから1週間で書きますと言って
本当に原稿が届いたのにも驚いたが、本当に作家の頭はどうなっているのだろうか?

少し直しを入れて、近々送ってくれることになった。
主人公も変わり、「遠き橋懸り」に出て来た人たちの役割も変わりそう。

さて、新しいカテゴリ「おたる遊幻夜会」、作品のタイトルはまだ分かりませんが、
来年の夏に向けて進行状況をお知らせして行きます。

       乞うご期待!!
[PR]
by miminashibiwa | 2009-12-17 01:45 | おたる遊幻夜会