琵琶法師の毛づくろい


by miminashibiwa

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

カテゴリ

表紙
はや耳NEWS
プロフィール
耳ざわり通信
ガリバーウエファース
琵琶との出会い
耳なし芳一
おたる遊幻夜会
遠き橋懸り
ハチャプリ商会
メール

フォロー中のブログ

最新のコメント

Kouさん、ありがとうご..
by miminashibiwa at 02:25
 北の大地に歴史を感じる..
by 太田 節子 at 11:00
耳なし芳一さんこんにちわ..
by 宮原早百合 at 11:36
6月20日は、私たちおむ..
by おむすび at 08:13
こちらこそ、ありがとうご..
by miminashibiwa at 21:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧

二月の話。

12月8日(火)、沼袋。

西武新宿線沼袋駅。YUKIプロデュースの吉岡さんと待ち合わせ。
初めての駅かと思ったが、景色に見覚えがあった。

本日は、Bar & Gallery 「地面下の家(ちめんかのや)」の下見。
長い商店街を抜け、右折左折した所に現われたのがその建物。
建築家 斎藤裕氏の建てた素敵な家が現われました。

オープン前と知らず中に入ると、スピーカーから小さく流れる音楽。
暗くて見えない階段を下りると、
右手にテーブルや変わった調度類が置かれたBar 空間。
ギャラリー悠玄にあるアフリカのベッドと思しき物もある。
さらに階段を下りると突き当たり。部屋はない。
戻ってカウンターに回ってみるが、Galleryがどこか分からない。
テーブルの部屋に戻ると、飲み差しの珈琲カップと灰皿に煙草の吸い差し。
誰もいない。

一度外に出てGalleryを探すと、二階に窓があり作品が見える。
入り口は一ヵ所なので再び入る。
ギターをかき鳴らし歌う声が聞こえたので、声をたよりに階段を見つけ上ると
そこは外光がさんさんと差し込む白い空間。

今展示中の作家、遠藤誠司さんがあわててギターを置き迎えてくれた。
気仙沼から出てきたそうで、12日まで滞在中です。是非ご覧ください。
遠藤誠司展こちらで見ることが出来ます。

今日は、2月の21(日)に朗読会を開く場所探しに来ました。
以前「耳なし芳一」を見た方からこの場所を推薦していただいていたのですが、
そのままになっていました。
今度,一緒にやるベーシストの水野さんが以前やったことがあるのと、
吉岡さんが斎藤裕さんの建築が見たいというので見学に来ました。

展示中の遠藤さんの許可を得て、場所を変えながら台詞を出してみました。
床が板張りなのも今度の演目に合っているようです。
さて、夜にでもオーナーの村田さんに問い合わせることにしましょう。
[PR]
by miminashibiwa | 2009-12-09 14:12 | 耳ざわり通信